「配送スタッフ」「製造スタッフ」「調理師」採用を成功させる視点とは? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
給食
2018/10/18

「配送スタッフ」「製造スタッフ」「調理師」採用を成功させる視点とは?

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント 田井 哲弥

「配送スタッフ」「製造スタッフ」「調理師」採用を成功させる視点とは?

皆様こんにちは、船井総合研究所フードスタッフ職採用チームの森屋です。

 

お弁当の配送・製造スタッフ、調理師採用は順調に進んでいますでしょうか?

 

前回、紀州グループ様の採用の成功事例を紹介させていただきました。

 

自社ホームページを活用した採用活動は、必須になっています。

 

その理由には、下記が挙げられます。

 

① 高齢化を防げる(40代~50代の方をメインに採用しやすい)

② 競合他社と差別化を図りやすい(情報の量と質の調節ができる)

③ 時給、給料合戦になりにくい(自社らしさでの訴求が可能)。

④ 求人をかけたい時にすぐにスタートすることができる。

(タウンワークなど求人の発信日が他社と同じということがない)

⑤ 最低賃金の変更など、運用しやすい。

⑥ 自社にノウハウが蓄積しやすい

(応募者の年代、性別、採用経路、ホームページをよくみている時間帯など)

 

 

以上の理由からタウンワークなどの求人媒体より費用対効果が

良くなりやすいためです。

 

ただ、エリアや職種によっては競合数が増え、Indeedもクリック単価が

あがってきています。

 

採用リスティングやリマーケティングをミックスさせることが大切です。

 

もっと言えば、そもそもの求職者からの視点で働く魅力面での「差別化」の

必要性が増しています。

 

集客論での採用活動は一時的には良いかもしれませんが、外部環境による変動要素が

多くなり持続性は弱くなりがちなためです。

 

競合他社と差別化を図る視点で、自社ならではの働く魅力づくりが必要になります。

 

とある会社では、「●●エリアで働きたい会社NO1」を打ち出されました。

 

このコンセプトを軸に枝葉で魅力づくりの取り組みを進め、“会社の魅力”という

本質から採用力アップを図っています。

 

定着率をあげるためにも、給食・宅配・デリバリー業界は、採用の時点から

高齢化を防ぎ、ピンポイントでほしい採用を進めていく事が大切です。

 

配送・製造スタッフ、調理師採用で成果を出すための採用活動の詳細について

知りたいという方向けに下記の資料もご用意いたしました。

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=kyushoku_web2018

 

 

エリア毎、ターゲットとする職種ごとにindeed・採用リスティング・リマーケティングを

ミックスする。

 

そもそもの働く魅力づくりを強化する。

 

この考え方で進めていただけばと思います。

 

担当者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
田井 哲弥

「飲食・食品メーカー・食品スーパー」などといったフードビジネス業界の人材採用&組織活性化専門のコンサルタント。
「人材採用・活性化プロジェクトの熱い灯台となり組織を持続的に盛り上げる」というコンサルティングモットーを掲げ、中小企業様を対象に、全国で年間200日以上コンサルティングに従事している。
お付き合い先の規模は、年商6,000万円の個人店から年商65億円の企業まで幅広く、力相応でできる組織作りをご提案している。年商5億円の食企業でも計画的に人財を確保できる、合同説明会・学校訪問を活用した新卒採用の成功事例を多く持つ。パートアルバイト採用については、繁華街・郊外問わず応募0件からでも脱却できる即時採用手法を得意とする。
また、オープニング時には30名を超える大量採用でも実績を残している。それだけでなく、中長期的な採用戦略として、自社メディアを活用した媒体を利用しない採用手法にも取り組んでいる。
同時に、お付き合い先では経営者様の理念に基づいた評価賃金制度を構築して、行動評価ベースの項目に基づいてパートアルバイトから社員まで教育し、早期戦力化・定着率アップを実現している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
の他記事
のテキスト無料ダウンロード
その他おすすめの記事