これからのカフェ業態は見える化を徹底して進めるべき | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

外食
2018/10/23

これからのカフェ業態は見える化を徹底して進めるべき

株式会社船井総合研究所  朝岡 夏輝

これからのカフェ業態は見える化を徹底して進めるべき

カフェ業界のトレンドはよくその時々のデザートカテゴリで決まると考えられますが、マクロに見ればコーヒーブームがその背景にあります。

 

コーヒーブームはそれぞれ市場規模が大きく拡大したタイミング毎にファーストウェーブからサードウェーブのような「回数+波」の表現で一般的に言われています。

 

それぞれ、

ファーストウェーブ:低価格コーヒー

セカンドウェーブ:国・産地訴求

サードウェーブ:抽出方法

 

と言われてはいますが、シンプルに考えると専門化が進んで差別化できる属性が見える化されているということです。

 

また、カフェ業界はスターバックス、ドトールコーヒーといった大手が市場内で大きなシェアを獲得しているという比較的シェアが分散しやすい外食産業の中でも珍しい業界特性を持っています。

 

今既にカフェ業態を行われている方はもちろんですが、これからカフェ業態を開業・参入されようと考えられている方は必ずこの大手の動向を抑えて戦略を立てる必要があります。

 

今、見える化を進めるべき最大の理由は、今年11月末に目黒にオープン予定のスターバックス リザーブロースタリーの出店にあります。

 

業界最大手が製造、体験要素を見える化するというこの流れは、日本のカフェ業界全体のライフサイクルを進める結果をもたらす可能性が極めて高いです。

 

既にカフェ業態を運営されている方はメニューブック等で使用しているコーヒーの産地や食材のこだわり等を訴求されている場合もあるとは思いますが、これからは他業態で行われているような客席での実演やオープンキッチンでのライブ感の訴求などがカフェ業界でも必要になってくるでしょう。

 

そうなると、人件費や原価は間違いなく上がります。つまり、低価格での商品販売は不可能になり、今伸びている高単価のカフェ業態がますます伸びると考えられます。

 

この時流を踏まえてまずはこだわりや差別化要素の見える化、体験機能のある商品のテスト販売はカフェ業態が今進めておくべき施策です。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

   当コラムの読者様限定‼無料レポートダウンロード  

        2019年の最新版!【”超”省人数】でも運営可能!

 省人化フルサービスカフェ導入パーフェクト導入マニュアル

    『無料レポートダウンロードはコチラから』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

担当者
朝岡 夏輝

食品通販チームでインターネット通販、インターネットでの集客のノウハウを学び、飲食グループへ。
単品商品を切り口に店舗、通販を連動させた集客策に定評がある。
顧問先企業では商品開発からプロモーションまで幅広く実施しており、テレビや雑誌等のメディアに取り上げられたヒット商品の開発・プロモーションも数多く手がけている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
の他記事
のテキスト無料ダウンロード
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート