委託給食会社との提携を勝ち取るために必要な3つのこと | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/10/16

委託給食会社との提携を勝ち取るために必要な3つのこと

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / マーケティングコンサルタント 吉澤 恒明

委託給食会社との提携を勝ち取るために必要な3つのこと

9月4日近畿地方の大型台風
および9月5日北海道胆振東部地震にて
被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に
復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。
 
****
 
前回の私の記事では
『誰もが人手不足に悩む今だからこそ
給食業の「メーカー機能」に需要がある!』

 
ということで、地方の中小弁当給食会社様が
大手委託給食会社と提携関係を結び、
たった3ヶ月で年間5,000万円案件を受注した事例
お伝えさせていただきました。
 
今時、給食業で
3ヶ月という短期間で、地場に根ざした中小企業で
これだけの大量受注という話は
なかなか聞かれないのではないでしょうか?
 
さて今回は
いわゆるこの「メーカー化」案件を獲得するために
必要なことは何なのか?

そのポイントを3つにまとめて
お伝えさせていただきます。
 
 
◆ポイント①「クックチル」でチルド商品開発
 
まず、絶対的に必要となるのが「チルド商品」です。
なぜなら、介護・福祉施設の委託給食会社様では
基本的に朝・昼・夕の
1日3食を全て請け負われています。
 
当日早朝に作ったものを
その日の夕方(もしくはその翌日朝)に召し上がっていただく訳には行きません。
 
とはいえ、都度こちから配送するのも
人員確保、コストの面で、やはり好ましくありません。
 
だからこそ、保存性が高く
前日配送でも十分可能な「チルド商品」で
1日1回配送、衛生的・高品質な商品づくりを
実現していきましょう。
 
 
◆ポイント②HPを持つ
 
どんなに良い商品づくりのノウハウを持っていたとしても
それが外に「認知」されなければ持ち腐れです。
 
ちょっと、
皆さん自身の経験に照らし合わせてみてください。
 
今晩は外食に行く予定。でもどこに行くかはまだ決めてない。
どの店で、何を食べようかな?と探す時
スマホやパソコンで「居酒屋 ○○(地域名)」
等と検索しませんか?
 
その時検索結果で出てきた上位から
今日行く店を選ぶのではないでしょうか。
 
逆を言えば
上位に「出てこない」お店は選びませんよね。
 
もしくは
お店の目星がついていて、名前を知っていたとしても
「いざ下調べ」と、その店名を検索しても
何もページが出てこない・・・
 
そんなお店って、ちょっと不安になりませんか?
 
BtoBの商談でも同じことです。
今は情報が手元ですぐに、簡単に手に入る時代です。
 
検索・比較・検討が必ずといって良い程起こります。
だからこそ、こういった製造受託案件を獲得していくためには
WEB環境の整備は必須なのです。
 
 
◆ポイント③工場の衛生管理力を上げる
 
このような製造受託案件の話が動く時
もう一つ、必ずと言って良い程起こることがあります。
 
それは「工場見学の要望」です。
 
相手様からすれば
これから何万食、何十万食と
自社の商品づくりを委ねて行くか行かないか、
の判断です。
 
当然、どんな製造環境なのか?は気にされますし
チェックもされます。
 
先に事例としてお伝えさせていただいた企業様は
HACCP認証を未だ取得こそしていないものの
3年前に工場を新設されたこともあり
設備はまだ十分きれいであり、衛生管理もしっかりされています。
 
ただ、今後は法令も相まって
「HACCP認証を持っている」は
最低限のバーとなるでしょう。
 
2020年には義務化がされ、いずれにしても必須用件となります。
まだ取得していない、もしくは計画していない
という会社様は
早急に対策を取られることを
強くお勧めいたします。
 
 
以上、簡単ではございましたが
「メーカー化」の案件獲得に向けた
3つのポイントをお伝えさせていただきました。
 
逆風傾向の中
給食業に訪れた大きなビジネスチャンス。
 
「今」が正に仕掛け時ですので
この機会を逃さず、取り組んでみてください。
 

担当者
チームリーダー / マーケティングコンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
 
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数億円規模の業績アップに貢献。特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。
 
ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業、スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
 
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
食品メーカー・卸 の他記事
食品メーカー・卸 のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート