繁華街型テイクアウト付デリバリー店舗の開発 | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/10/01

繁華街型テイクアウト付デリバリー店舗の開発

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/マーケティングコンサルタント 船越 良

繁華街型テイクアウト付デリバリー店舗の開発

デリバリーという業態は全体的に伸びていますが、特に今伸びているのが、

繁華街におけるデリバリーかと思います。

 

この「繁華街」の定義ですが、おそらく県庁所在地のまさに県庁や市役所付近にある、

いわゆる夜の繁華街を指します。

 

ナイトスポットが多いエリアですが、このエリアを中心に、いや、このエリア

「のみ」をターゲットにしたデリバリー業態が増えてきています。

 

中でも、「手羽先番長」という宮崎県発祥の店舗はFC含め全国に30店舗を構えますが、

新宿歌舞伎町、大阪ミナミ(心斎橋)、博多中州の繁華街にデリバリー専門店を

出店しています。

 

しかもその店舗は超小規模でかつ小投資。

大阪ミナミの店舗に至っては、駐車場の一画を使った5坪ほどの店舗です。

 

ミナミの繁華街を中心にして、個人宅ではなくナイトスポットに向けた

デリバリー店として浸透しており、新宿歌舞伎町店や博多中州店でも同様に

展開しています。

 

また、手羽先番長さんに限らず繁華街型においては、小規模でありながら

テイクアウト用のファサードは設置しておいても損はないはずです。

 

ファサードといっても、一人が立てるほどのカウンターがあれば十分です。

 

今後繁華街においても小規模店舗の居ぬき物件が空いてくることを考えると、

繁華街におけるデリバリー展開は、単品商材を見極めることが重要です。

 

しかし、エリアも商材も小さく初めて、大きく展開できる繁華街型小規模店舗の

開発は、今後注目していきたい業態です。

 

 

◆船越へのお問合せ・ご相談はこちらから

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-delivery-inquiry.html

 

 

担当者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
船越 良

入社以来飲食店・食品小売店の新事業開発、事業活性化コンサルティングを実施。
船井総研におけるデリバリーグループの草分け当初より在籍し、デリバリーのコンサルティングに従事している。飲食・食品小売店の立地環境や内部体制、強みを活かしたデリバリー戦略立案、事業開発を多数輩出している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
の他記事
のテキスト無料ダウンロード
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート