年商1億円営業利益率30%を達成する「大衆焼肉ホルモン酒場」とは!? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2018/9/28

年商1億円営業利益率30%を達成する「大衆焼肉ホルモン酒場」とは!?

株式会社船井総合研究所  岡本 星矢

年商1億円営業利益率30%を達成する「大衆焼肉ホルモン酒場」とは!?

本日は、「年商1億円、営業利益率30%」を達成できる

「大衆焼肉ホルモン酒場」についてお話しさせていただきます。

 

皆様は焼肉店を経営されていて、以下の様なお悩みに直面したことは

ございませんか?

 

・原価高騰、人件費高騰で利益が減少している・・・

・圧倒的に集客できる焼肉の業態を開発したい・・・

・人手不足対策として「セルフ化・省人化モデル」に興味がある・・・

 

上記の課題を解決する業態が「大衆焼肉ホルモン酒場」なのです。

 

「大衆焼肉ホルモン酒場」とは、通常の「焼肉屋」に

「アルコール(居酒屋使い、飲み動機)」を付加し、

「低価格」で日常的に利用でき、

「アルコールをお客様自身で注いでもらう等のセルフ要素」をもった業態です。

 

既に全国で成功事例がどんどん続出しております。

 

 

業態開発を成功させるためには、

①商品構成 ②目立つ外観・価格訴求 ③紙・WEB販促 等

複数の要素をからめる必要があります。

 

今回は、多くの経営者様もお困りの【人手不足問題】を解決する手段として

「セルフ化」についてご紹介いたします。

 

岐阜県にオープンした店舗では、【セルフ焼肉エリア】を作りました。

【セルフ焼肉エリア】では、ドリンク、キムチなどがセルフコーナーに設置してあり、

また、お客様が自分でドリンクを注ぎ、キムチ等をテーブルに持っていってもらいます。

ドリンクは【セルフ焼肉エリア】は全席90分500円で飲み放題となっております。

 

 

この様に、ドリンクやキムチをセルフでの提供、バッシングもお客様にやってもらうことで

スタッフの人員を削減し、人件費率を下げています。

 

上記の様な「大衆焼肉ホルモン酒場」の収益構造、

圧倒的に集客する方法などを解説するセミナーを

2018年11月15日(木)に東京にて開催させていただきます。

 

セミナー当日は、岐阜県大垣市の「飛騨焼肉ホルモンぼたん」の

オーナー 高木 雄彦様にご登壇いただき、

「大衆焼肉ホルモン酒場」の誕生秘話や

原価率・人件費率を下げて高収益を実現するビジネス構造、

ローカル駅前立地でも高い集客力を実現するポイント等を

あますことなくお話ししていただきます。

 

ぜひ、これからの時代に適応した

高収益な省人化ビジネスモデルに関心のある飲食店経営者様は、

本セミナーにご参加下さいませ。

ご興味のある方はこちらの専用ページからお申し込みください。

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037450/

 

 

お席には限りがございますので、早めのお申し込みをおすすめいたします。

 

 

担当者
岡本 星矢

慶應義塾大学卒業後、大手製造業に就職。その後、船井総合研究所に転職し、フードビジネス支援部に所属。日々全国のクライアントへのコンサルティングを行っている。WEBを活用した集客や、焼肉・肉バル業態のクライアントを主に担当している。経営者のみならず、現場のスタッフとの対話を重視した誠実なコンサルスタイルには社内外から評価を受けている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート