人口約1,400人の地方から大福だけで単品3億円売っている成功事例を大公開! | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
食品
2018/9/12

人口約1,400人の地方から大福だけで単品3億円売っている成功事例を大公開!

株式会社船井総合研究所  川村 諒志

人口約1,400人の地方から大福だけで単品3億円売っている成功事例を大公開!

皆様こんにちは、船井総合研究所の川村です。

 

人口約1,400人、年間観光入込客数50万人未満の愛媛県の地方から、

大福たった1品で年間3億円、そして過去18年間でも売上を伸ばしています。

 

上記の成功事例は実在する成功ストーリーです。

 

現在、多くの菓子店が地域の人口減少やコンビニのスイーツ本格参入により

厳しい現状が続いています。

 

ただ、このような人口減少が始まっている地方の中でも「菓子工房 霧の森」は

素晴らしい業績を上げています。

 

───────────────────

大福たった1品で年間3億円を売り上げる!

───────────────────

 

「菓子工房 霧の森」は人口約1,400人しかいない愛媛県旧新宮町の

「道の駅 霧の森」に併設された菓子店でした。

 

以前までは「道の駅 霧の森」の施設自体でも約4万人しか訪れないような

地域だったため、非常に苦しかったと言います。

 

ただ、そんな中「菓子工房 霧の森」の名物単品「霧の森大福」がメディアを

中心に話題になり、瞬く間に施設は業績アップ。

 

今では年間20万人が訪れる施設になっています。

 

そして、地方で話題になったお店は愛媛県でも人口が集まる松山駅周辺に

出店したり、関西・関東の大手百貨店の催事に呼ばれたりと大福単品で販路を

拡大して行っています。

 

───────────────────

大福たった1品で年々売上が上昇している!

───────────────────

 

「菓子工房 霧の森」がある愛媛県新宮町では、人口約1,400人から更なる

人口減少と年々高齢化に悩まされています。

 

ただ、霧の森大福は販売当初から売上がほぼ右肩上がりで伸びて行っています。

 

上記のような素晴らしい業績を上げている「菓子工房 霧の森」の成功ストーリーを

大公開するセミナーが11月21日(水)大阪で開催決定!!

 

 

<セミナーではこのようなことを紹介します>

 

・地域の菓子店が取り組むべき観光マーケット攻略の手法とは?

・製造素人だけでもできる単品スイーツ専門店のポイントとは?

・今、求められる地方土産のブランディングとは?

・目的来店を作り込むメディア・SNS戦略とは?

・旅行誌だけに頼らない観光客を集めるWEB集客とは?

・観光地での一度の来店だけで終わらない通販へのリピート戦略とは?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

新たな収益の柱を持ちたい経営者様、既にスイーツ事業を参入したが

上手くいっていない経営者様、スイーツビジネスに興味のある

経営者様は必見です。

 

↓↓↓詳しい内容&お申込みはこちら↓↓↓

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/035163/

 

開催場所は株式会社船井総合研究所淀屋橋セミナープレイスです

 

日時は2018年11月21日(水)

13:00~17:00(受付12:30~)

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート