『高級宅配弁当事業』構築までのステップとは・・・!? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/8/27

『高級宅配弁当事業』構築までのステップとは・・・!?

株式会社船井総合研究所  迫田 和仁

『高級宅配弁当事業』構築までのステップとは・・・!?

皆様こんにちは。
船井総研の迫田です。
 
今回は、中食事業、高級弁当宅配事業の構築までの方法についてお話をさせて頂きます。
 
まず高級弁当宅配の日常業務フローについてですが
基本的には下記の流れ。
 
1.自社サービスの可視化
競合他社との差別化ポイントを明確にしたHP・チラシ等での訴求
2.新規集客
紙、WEB、営業等の販促による販促活動
3.問い合わせ対応
電話、カート、FAX等の問い合わせへの対応
4.商品製造
厨房の機械化、限られた人員での製造
5.配送
唯一の顧客接点。利用回数増のためのトーク
6.リピート対策
顧客管理、顧客データを用いた施策の発案
 
これらが、日々の業務フローになるのですが
では、このような宅配事業を構築するためには、下記のような流れとなります。
 
 
まずは、商品開発。
商品が決まらないことには、なにも始まりません。
ではどのように商品MDを作成するのか。
商品開発の際に必要な観点は、競合との比較。
競合がどの価格帯、何商品を品揃え、
それぞれの商品がどれくらいの量なのか。
 
これらを踏まえ商品MDを開発していきます。
 
そして商品MDが決めれば、サービスの設計と可視化です。
お客様が宅配弁当を注文する際
どのようなサービスを踏まえているのか。
自社の強みを活かせるサービスとは。
このような観点からサービスを設計します。
設計したサービスをお客様により伝えきれるよう
HP、パンフレットで可視化を行います。
 
そして
新規集客・数値管理、顧客管理・リピート対策という流れになります。
 
数値管理・顧客管理を怠ると
利用回数を増やすための施策の発案を行うことができなくなるため
この数値管理・顧客管理は非常に重要になります。
 
今後、参入を検討されているかたは、商品発案・サービスの設計の参考に、
既に検討されている方は、今一度顧客管理・数値管理を見直す機会にして頂ければと思います。
 
配送業務について見直してみてください。

 
 
 
 
 

赤字不振店で高級弁当宅配事業に参入し、1年目で営業利益額1,500万円付加に成功。
直後に宅配専門店へと業態転換し、たった1.5年・人員5名体制にも関わらず、
年商1億円・営業利益額2,500万円の高収益店舗へと成長を遂げた秘密とは?
株式会社惣楽 田村社長ご登壇!経営者セミナーのご案内
 
詳細は以下バナーをクリックください。

 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
 
【大阪会場】2019年5月9日(木)13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2019年7月2日(火) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

担当者
迫田 和仁

大学卒業後、株式会社 船井総合研究所へ入社。入社後は、中食を中心とした、飲食業界のコンサルティングに従事。時流適応・競合状況・それぞれの企業様に合わせたWEBマーケティングを得意とする。全国の飲食企業の中食事業参入事例を数多く見てきた経験からアウトプットさせる現場レベルでの実弾提案や、徹底した数字分析で裏付けられる戦略提案で、多くの業績アップ経験を持つ。

記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事
コンサルティングレポート