店舗を持たないゴースト店舗の可能性 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/8/27

店舗を持たないゴースト店舗の可能性

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント 堀部 太一

店舗を持たないゴースト店舗の可能性

ゴースト店舗。
この言葉を聞いたことはありますか?
 
特に海外から始まった考え方で、
フードデリバリーの配送プラットフォームがあるなら、
デリバリー専門店だけで展開しよう!
 
というもので、飲食店としての実店舗は持たず、
それ単体で展開していくやり方です。
 
デリバリーの展開としては、
「既存レストランに付加」これが
今までの基本スタイルでした。
 
しかしこれはあくまでもイートインメインなので、
売上が伸びると店内のお客様に提供不満で
クレームが起きるというのはあるある。
 
その為、CKを活用して専門店を作り、
かつ様々なニッチ一番業態を専門店から、
1拠点多ブランド展開として出す。
 
というのも1つの手法です。
これがいわゆるゴースト店舗と言われるやり方ですが、
もちろんデメリットもあります。
 
例えば、配送もキッチンも委託してやる場合、
ここでは伏せますが大きな手数料がかかります。
 
つまり、個人としてちょっとした利益稼ぎならまだしも、
従業員さんを雇用してどんどんスケールする!というのには
なかなか適さない部分もあります。
 
また、多ブランド展開という事は、
それだけ在庫管理の手間と商品品質管理が手間になるという事。
ここを先に仕組み化せずに走り出して苦戦する。
 
というのもあるあるです。
 
どんな事業ももちろん一長一短あるなかで、
どの部分でエンドユーザーの問題を解決して
事業を成長させていくのか?
 
ブームのビジネスモデルに流される事なく、
そこを根幹に考えていきたい所ですね。

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート