プラス1品の取り組みで繁忙期の売上UP? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2018/7/31

プラス1品の取り組みで繁忙期の売上UP?

株式会社船井総合研究所 マーケティングコンサルタント 田中 渉

プラス1品の取り組みで繁忙期の売上UP?

8月の盆時期に来店されるお客様は、その多くがギフト商品を購入されるお客様です。
帰省の手土産や、観光みやげ、お供えなどの菓子需要がとても多くなり、菓子店の売上も非常に大きくなります。
 
こうしたギフト商品需要で来店されたお客様への単価アップや盆時期以降の集客アップにつながるものが「プラス1品」の取り組みです。
 
どういった取り組みかといいますと、ギフト商品を買いに来店されたお客様に自家消費(おやつ)商品の提案もするということです。
 
ギフト商品を買いに来店されたお客様に、ギフト商品を購入いただくことはもちろんです。
 
さらに、単価アップの取り組みとして、「さらにギフト商品を」
と提案しても、さらなるギフト商品ニーズは生まれないのですが、
「ついでに自分用に」
「道中のおやつに」
という自家消費(おやつ)としての提案を行うことで、「せっかくだから(買っていこう)」という自家消費(おやつ)商品ニーズは掘り起こすことは可能なのです。
 
こうした提案が購入に結びつくと、単価アップにつながりますし、
ギフト時期にしか来店されないお客様も、「あの時食べたらおいしかったから」と8月後半以降の来店につながります。
 
この「プラス1品」の取り組みで重要なことは、
1)お客様に提案する商品を絞ることと、
2)その商品をできるだけ目立たせること、
です。
 
お客様の購入のきっかけは、「せっかくだから」ですから、そう思っていただくためには、自信をもって買っていただく必要があります。
「売れていそうだ」
「おすすめの商品だ」
など、購入の大義名分が必要で、そのためには、「いろいろな商品から自由に選んでもうらう」ではなく、商品を絞って「これを買ってください」と提案する必要があります。
そして、レジ横や目立つスペースで大きく告知することが必要なのです。
 
この「プラス1品」の取り組みは、ちょっとしたことですが、大きな効果が期待できます。
 
ぜひ、この夏の繁忙期に取り組んでみてください。

担当者
マーケティングコンサルタント
田中 渉

菓子店専門コンサルタント。和菓子店、洋菓子店、併売店、その他各種菓子店に関わるコンサルティングに10年以上携わる。現場にしか答えはないという信念から、少しでも気になることがあると現場に出かけていきルール化を行う。現場から得られた数々の具体的、実践的なノウハウに対する顧客の信頼は厚い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート