省人化へ向けた第一歩。今すぐ取り組める、省人化対策とは | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/7/24

省人化へ向けた第一歩。今すぐ取り組める、省人化対策とは

株式会社船井総合研究所  橋田 佳奈

省人化へ向けた第一歩。今すぐ取り組める、省人化対策とは

旬のテーマである「省人化」。
省人化といえば「新しい機械の導入」を連想される方も多いのではないでしょうか。
ただ、なかなかすぐに機械導入を決定されることは難しいかもしれません。
本日は今すぐ取り組める「人件費を抑える、省人化」についてお伝えいたします。
 
ポイントは社員の方からパート、アルバイトさんへ業務を卸していくということです。
宅配、デリバリーに取り組まれている会社様はパートやアルバイトのスタッフの方も多くいらっしゃるかと思います。
現在社員の方が取り組まれている業務は、本当に社員の方しかできないものなのか、是非一度見直されてみてはいかがでしょうか。
 
業務の移行については3つのステップで行います。
①社員の方の業務棚卸
②その中でパート、アルバイトさんでもできる業務を把握
③パート、アルバイトさんでも同品質でできるよう業務を明文化
 
この3つのステップをふまえ、パート、アルバイトさんへ業務を移行しておくことで、どなたでもできる業務とすることができます。
これは「省人化」に繋がるばかりではなく、スタッフの突然の休みにも動じない安心材料となります。
 
省人化に向けた取り組みとしてご参考になりましたら幸いです。

担当者
橋田 佳奈

大学卒業後、船井総合研究所に新卒で入社。入社後は経営改革事業部にて中堅大手の新規事業企画プロジェクトにアサインし、主にリサーチ業務を担当。リサーチにおける経験や実績を積み、事業別でも幅広い視点持つことでフレーム作りから実弾レベルの販促ノウハウにまで落とし込むことを得意としている。給食業界では自らの足で現場を見ることで答えを導き出すことを信念に、クライアントの業績アップに貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート