競合が増えてくる中でやるべき事って? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/6/25

競合が増えてくる中でやるべき事って?

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント 堀部 太一

競合が増えてくる中でやるべき事って?

成長期のビジネスでは驚く程に競合が増えてきます。
「これ、うちの店の模倣じゃないか!?」と感じる経験も
皆様何度かあるのではないでしょうか?
 
フードの業界だと、フードデリバリーが今まさしくその状況です。
どんどん新規企業が参入してきた事によって、
加速度的に業界での標準化・均一化が進んでいます。
 
ではこの標準化・均一化が生じた時に、
一体どのような戦略を取れば良いのでしょうか?
シンプルに言えば、「本物化」です。
 
その事業を「片手間」ではなく「本業」と定義した上で、
①商品力の一番化
②接客力の一番化
③価格力の一番化
 
が重要になってきます。
 
この辺りは「片手間」の企業は絶対に強化できないので、
「本業」の企業に大きなチャンスがあります。
 
ここで一気に差別化を行う事によって、
地域でのシェアを盤石にしていきたいところです。

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート