“属性別”早朝アルバイトが集まる採用活動とは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/5/01

“属性別”早朝アルバイトが集まる採用活動とは?

株式会社船井総合研究所  山面 遼馬

“属性別”早朝アルバイトが集まる採用活動とは?

いつもコラムをご愛読頂き、誠にありがとうございます。
本日は早朝アルバイトの応募者を増やすための採用活動についてお伝えします。

“何となく雰囲気が良いから採用”
“コミュニケーション能力があるから採用”…
その結果、正社員の離職率が高い飲食店は沢山あります。
今回は、面接の練習をしたことがない方でも、応募者とのミスマッチを無くし、
さらに入社意欲を高める面接方法をお伝え致します。

求職者ごとの特性・採用活動

1.学生



学生が早朝アルバイトを選ぶ理由の約50%が、時給などの条件面です。
また、希望の勤務日数が2日/週というのは下記の主婦・シニアと比較しても少ない日数です。
つまり、学業やサークルで忙しい、またはプライベートの時間を多くとるために、
短時間で高収入を得ようと考えている学生がメインターゲットとなります。
そのため、求人の打ち出し方として重要になるのが

① 時給が同時間帯求人の平均もしくは平均以上か
② シフトの融通性
③ プライベートの充実性・学業との両立を打ち出せているか

以上の観点になります。

2. 主婦



主婦が早朝アルバイトを選ぶ理由の約50%が、日中の時間を有意義に使えるからという点です。
また、希望の勤務時間が“5時~7時“であり、
希望職種として”厨房、キッチン“を挙げられているのも主婦の方の特徴です。
つまり、家計のために働きたいが子供のことを考えると長い時間は働けず、
また自分にもできそうな料理の腕を活かした仕事につきたいという主婦がメインターゲットです。
そのため、求人の打ち出し方として重要になるのが

① 家事との両立、お子様の体調不良・学校行事のシフトの融通性
② 仕事をしたことがなくても戦力になれるか
③ 勤務時間の延長などがないか

以上の観点になります。


3.シニア



シニアが早朝アルバイトを選ぶ理由の約65%が、
主婦の方同様に日中の時間を有意義に使えるからという点です。
また、仕事内容で重視する点として
“自分にも無理なくできそうなこと”かどうかというのもシニアの方の特徴です。
つまり、午後以降は趣味等の時間として使うために、
午前中に自分にでもできる仕事を行いたいというシニアがメインターゲットです。
そのため、求人の打ち出し方として重要になるのが

① 午前だけで勤務が終わるか
② シニアの方でもできるか(同年代の人がいるか)

以上の観点になります。

まとめ

上記のように、属性ごとに求職者が職場に求めているものは異なっています。そのため、

・現在働いている方
・勤務地近辺の年齢別人口分布
・仕事内容

以上の項目を考えたうえで、自社がどの属性の方をターゲットにするべきかを決める必要があります。
その上で、求人内で何を打ち出すのかを考える必要があります。

学生・主婦・シニアなどの各属性の方々が求める条件を理解して、自社にとって最適な採用活動を行いましょう。
最後までお読み頂きありがとうございました。
担当者
山面 遼馬

大阪府立大学卒業後、船井総研へ入社。医療業界、外食業界における採用のコンサルティングを経験し、現在は外食業界に留まらず、菓子業界や宅配、ケータリング業界、給食業界など“食”を扱う幅広い業界の採用コンサルティングを行っている。

 “採用コスト削減×即時採用”を実現させるために、最先端の時流の追及を努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート