まずは繁忙期売上の最大化を! | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/12/21

まずは繁忙期売上の最大化を!

株式会社船井総合研究所  柳生 紘輝

まずは繁忙期売上の最大化を!

年間の売上の最大化のためには
繁忙期の売上を最大化することが重要です。
 
 
高級弁当宅配の特徴の1つに
目的注文性が高いことがあります。
 
 
企業の会議・セミナーや個人の法事・慶事などの際に
注文されることが多くなります。
 
 
基本的に1,000円以上の弁当の宅配になるので
チラシが入っていたから、食べたくなったから
など衝動的な理由での注文にはなりづらい傾向にあります。
 
 
このような点からも、閑散期(目的の少ない時期)の集客を伸ばすよりも
繁忙期(目的の多い時期)の集客を伸ばすほうが現実的です。
 
 
この事業の売上は
既存顧客の売上と新規客の売上の2つからなりますが
まず取り組むべきは新規売上の最大化です。
 
 
この際に念頭に置いて頂きたいのが
新規集客のためには、ある程度の販促費が必要になるという点です。
 
 
この事業ではCPO(顧客獲得単価)は
3,000~5,000円ぐらいになるのでこの数値から逆算し
販促費をかけることがポイントになります。
 
 
繁忙期にはある程度の販促費用を投下し
新規集客、名簿の獲得を進めたうえで
獲得した新規顧客をリピートに繋げていく
この流れがこの事業での勝ちパターンの1つです。
 
 
まずは目的(注文)が多くなり
反響が高くなる繁忙期に販促費を投下し
新規集客を最大化することで
年間売上の最大化を目指しましょう。
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
担当者
柳生 紘輝

関西大学卒業後、新卒で船井総合研究所に入社。入社以来一貫してフードビジネスのコンサルティングに従事している。業態開発から活性化まで様々な支援やプロジェクトに参加した経験を活かした即時業績アップに定評がある。中でも飲食店・仕出し店のクライアントを多く抱え、厨房や企業の規模間に合わせた提案は社内でもトップクラス。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事