お弁当・オードブルの売れる商品作りのポイント | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/9/22

お弁当・オードブルの売れる商品作りのポイント

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/シニア経営コンサルタント 石本 泰崇

お弁当・オードブルの売れる商品作りのポイント

成長期のフードデリバリーですが、「自信のある商品を作ったのに売れていない。。」という企業さんからの相談も多く頂くようになりました。

 

何故成長期にも関わらず、売れるお店と売れないお店で差が出てしまうのでしょうか?

「誰に?」を明確にしよう!

美味しいか美味しくないか?これは、あくまでもリピートの話です。初回注文に関しては、メインのポイントになってきません。


では、どこで強みを発揮すれば良いのでしょうか?
その一つに「商品MD」の考え方があります。


さて、皆様は急に「お弁当が食べたくて仕方がない!!」となる事はありますか?
正直無いと思います。笑


じゃあ、どんな時にお弁当を頼むのでしょうか?
それは、ほとんどがお集まりのシーンではないでしょうか。


つまり、お集まりのシーンという事は前提条件として、予算ありきですし、かつ誰でも食べやすい。というのがポイントになってきます。


そしてこの予算に関しては、心理的な予算感の把握が必要です。
例えばですが、


1,000円:800円~1,199円
1,500円:1,200円~1,799円
2,000円:1,800円~2,199円
2,500円:2,200円~2,699円

といった具合になります。
あるお付き合い先では、3ヶ月に1度競合のアイテム数をチェックします。


すると面白い事が見えてきます。それは、ある予算帯に品数が偏ってくるという事です。


何故そんな事が起きるのでしょう?


理由はいたってシンプルで、「売れるから」ですよね。
となれば、自分達が取り組む方向性が決まると思います。


  • 売れる予算にぶつけていく
  • あえて下を潜る事でお値打ち感を出す などなど。

商売は値付け!と昔からよく言われますが、成長期のビジネスでもやはり同じです。
しっかりとお客様が選びやすい商品MDにしていきたいですね。


 
コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。

 
赤字不振店で高級弁当宅配事業に参入し、1年目で営業利益額1,500万円付加に成功。
直後に宅配専門店へと業態転換し、たった1.5年・人員5名体制にも関わらず、
年商1億円・営業利益額2,500万円の高収益店舗へと成長を遂げた秘密とは?
株式会社惣楽 田村社長ご登壇!経営者セミナーのご案内
 
詳細は以下バナーをクリックください。

 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
 
【大阪会場】2019年5月9日(木)13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2019年7月2日(火) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F
担当者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇

十数年間飲食業の現場でキャリアを積んだ後、船井総合研究所に入社。
上場外食企業のスーパーバイザー、最年少での営業部長就任、130名以上のメンバーのマネジメント実績を活かし、人事評価制度、人材採用、人材開発・育成(教育)プランの提案を得意とする。
現場と経営者の双方の意見を融合させての改善提案や業績向上プラン、即時経費削減プランを具現する。
最近では特に人事評価制度導入により、人を育てて、業績アップを実現させるスキームの導入から運用までの依頼が多い。

0120-958-270 無料経営相談を申し込む
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事