他社の現場をみることの大切さ | 給食業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • コンサルティング成功事例
  • 講演依頼
  • 業績UPショート動画
コンサルタントコラム

給食
2016/10/11

他社の現場をみることの大切さ

株式会社船井総合研究所  

他社の現場をみることの大切さ

他社の工場を見に行く「視察」のニーズが年々広がっています。

 

クックチル・フリーズを導入する給食会社が多くなっていることから、
先行している企業に見に行きたいという話にやはりなるわけです。

必要最小限の設備投資で進めるために

という視点で見ていくわけですが、

実際には、関係各社と話をつめていくうちに、
金額が膨らんでいるケースが多いように思います。

視察をすることで、
まずは、どの程度が最小限の投資レベルなのかを知り、
自社ならここまでやろうなどという

判断の軸をお持ちになるとよいでしょう。

次世代給食業経営研究会では、
この「視察」にも力を入れていきます。

宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。