弁当宅配で業績を上げる、5つのポイント | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/8/10

弁当宅配で業績を上げる、5つのステップ

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/シニア経営コンサルタント 石本 泰崇

弁当宅配で業績を上げる、5つのステップ

成長期である、法人向けの高単価のお弁当宅配事業。
 
実際にお付き合い先でも業績は好調で、
・参入3年で年商2.3億円・営業利益率19.4%で着地
・赤字事業が年商1.5億円・営業利益率15%に好転
・地域一番シェアを獲得したのち、平均して昨対120%で成長
 
などなど、良いお声を多く頂く事があります。
 
業績アップには、【長所伸展×市場の成長性(時流適合)】が必要になりますが、
そこが合致した際の強みを改めて感じる事が出来ます。
 
さて、この事業は市場の成長性は顕著ですが、
どう長所を絡めていけば良いのか?大事な5つのステップがあります。
 
それは、
1.一番化(一番になれるカテゴリーを作る)
2.包み込み化(その一番のカテゴリーを深堀していく)
3.主導権化(取引先からの提案主導権・価格主導権を取る)
4.一体化(社内のオペレーションを一番カテゴリーを軸に組み上げていく)
5.効率化(絞り込むことで無駄なコストを削減し、収益を上げていく)

 
この順番で考えるという事です。
まず、ロケットスタートを実現するには1.と2.が必要になります。
ここを力相応の中で、どこまで高めていけるか?が肝になります。
 
そして、シェアを確保できたら3.で収益性を強化していき、
次に、4.5.の内部強化で更に攻める事の出来る体制構築が必要になっています。
 
このステップで業績はしっかり高めていく事が出来ます。
あくまでも上記の順番がとても大切になりますので、またご参考になりますと幸いです。
 

 
 
 
 
 

赤字不振店で高級弁当宅配事業に参入し、1年目で営業利益額1,500万円付加に成功。
直後に宅配専門店へと業態転換し、たった1.5年・人員5名体制にも関わらず、
年商1億円・営業利益額2,500万円の高収益店舗へと成長を遂げた秘密とは?
株式会社惣楽 田村社長ご登壇!経営者セミナーのご案内
 
詳細は以下バナーをクリックください。

 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
 
【大阪会場】2019年5月9日(木)13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2019年7月2日(火) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F

担当者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇

十数年間飲食業の現場でキャリアを積んだ後、船井総合研究所に入社。
上場外食企業のスーパーバイザー、最年少での営業部長就任、130名以上のメンバーのマネジメント実績を活かし、人事評価制度、人材採用、人材開発・育成(教育)プランの提案を得意とする。
現場と経営者の双方の意見を融合させての改善提案や業績向上プラン、即時経費削減プランを具現する。
最近では特に人事評価制度導入により、人を育てて、業績アップを実現させるスキームの導入から運用までの依頼が多い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事