今取り組むべき弁当宅配のFaceBook広告戦略とは!? | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/8/05

今取り組むべき弁当宅配のFaceBook広告戦略とは!?

株式会社船井総合研究所  柳生 紘輝

今取り組むべき弁当宅配のFaceBook広告戦略とは!?

集客、情報発信の媒体として今や必要不可欠となったFBですが、
運用の仕方がわからず、立ち上げたまま放置状態になっている
という会社様も多いのではないでしょうか?
 
今回はFBのなかでも、FB広告についてお話しさせて頂きます。
 
FB広告とはその名の通りFB上に掲載できる広告ですが
大きな特徴として、正確なターゲティングがあります。
 
FB上に登録している年齢・性別・居住地・職業などの情報を
用いたターゲティングが可能という点があります。
 
弁当宅配であれば、
医療業界関係者様向けの配信配送エリア内のユーザーへの配信、
カスタムオーディエンスを用いて自社の既存顧客に向けての配信など
様々なターゲティングが可能となります。
 
また、リスティング広告と異なり、検索ボリュームに依存せずに
配信することが可能であるため比較的検索ボリュームが低い地域でも効果が期待できます。
 
ただし、目的注文がほとんどの弁当宅配事業では
いわゆる潜在顧客へのアプローチでは反響が低くなる傾向にあります。
 
そのため基本的には繁忙期に配信し
閑散期にはニーズが顕在化している製薬会社向け(医療業界向け)に
配信する形が基本となります。
 
このあたりを意識してFB広告をご活用いただければと思います。
 

担当者
柳生 紘輝

関西大学卒業後、新卒で船井総合研究所に入社。入社以来一貫してフードビジネスのコンサルティングに従事している。業態開発から活性化まで様々な支援やプロジェクトに参加した経験を活かした即時業績アップに定評がある。中でも飲食店・仕出し店のクライアントを多く抱え、厨房や企業の規模間に合わせた提案は社内でもトップクラス。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
宅配・デリバリー の他記事
宅配・デリバリー のテキスト無料ダウンロード

    関連アイテムはまだありません。

その他おすすめの記事