経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
【先着順・無料ご招待】インバウンド対応のお土産スイーツ&スイーツ海外展開講演会
NEW
スイーツ
食品
2020/1/23
【先着順・無料ご招待】インバウンド対応のお土産スイーツ&スイーツ海外展開講演会

この度、船井総研では東京オリンピックを契機に更に注目の集まる、日本の食・スイーツの価値を海外で広める取組の一環として「食品・スイーツ海外事業研究会」を2月6日より開催させていただくことになりました。

 

 

このメールをご覧いただいたメルマガ会員様は、2月6日の食品・スイーツ海外事業研究会に1名様を無料でご招待させていただいております。

 

今回は、マレーシアでハラル対応のスイーツ工場を竣工し、日本にハラル対応の菓子を逆輸出の展開を進める株式会社ふぁん・じゃぱん様に講演をいただきます。

 

 

概要は下記となっておりますので、ご都合つきましたらこの機会に是非ご参加くださいませ。

 

お申し込みは、下記までご連絡ください。

 

お申込みメールアドレス:shokuhin-business@funaisoken.co.jp

 

 

「食品・スィーツ海外事業経営研究会」

 

日程:2020年02月06日(木) 11時~16時30分

 

プログラム 11時~1230

「衰退する日本酒市場で20年連続出荷量を伸ばす遠藤酒造の時流適応経営」

 

講師 株式会社遠藤酒造場 代表取締役 遠藤秀三郎 氏

(※本プログラムは海外輸出の話ではなく主に国内事業関する内容となります)

 

プログラム 13301450

「 自社でハラル対応したスイーツ工場をマレーシアに展開し、ハラル対応のスイーツ事業をアジアで展開! 」

東南アジアへの輸出・現地出店の成功のポイント

 

講師 ふぁん・じゃぱん株式会社 代表取締役 五木田 貴浩 氏

 

プログラム 1510分~1630

「 中小調味料メーカーの海外輸出成功事例 高付加価値ごまドレッシングの輸出で海外売上構成比30% 」

中小の食品メーカーが海外輸出で成功するポイント

 

講師 株式会社 冨貴食研 代表取締役社長  岡田恒周 氏

 

■会場・アクセス■

船井総合研究所 東京本社〒100-0005東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階

アクセス: https://www.funaisoken.co.jp/info/access JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

 

お申込み期限は恐縮ですが、1月31日までとさせていただいております。

会場の席数に限りがあるため、先着順でのお申込み受付とさせていただきますので予めご了承くださいませ。

お申し込みご希望の方は、

件名:2月6日食品・スイーツ海外事業研究会への参加

本文:貴社名    ご住所    ご参加者役職    ご参加者名    ご参加者の連絡先

を記載の上、下記お申込みメールアドレスまでご連絡ください。

メールアドレス:shokuhin-business@funaisoken.co.jp

 

皆様のご参加お待ちしております、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
居酒屋を中心に18店舗展開する外食企業が運営人数1/2で売上3億円アップを実現! その秘訣である『省人化業態開発』『採用戦略』とは!?
外食
宅配
食品
給食
人材
2020/1/08
居酒屋を中心に18店舗展開する外食企業が運営人数1/2で売上3億円アップを実現! その秘訣である『省人化業態開発』『採用戦略』とは!?

昨年10月の消費税10%・軽減税率制度の適用から、3ヶ月が経ちました。

 

フードメディアサイトによる調査結果によると

増税後の家計影響を調査した集計対象の内、

『外食を控える』と答えた割合が60%以上という結果に。

 

また東京オリンピックが閉幕する8月以降

ますます景気動向は悪化し、

より一層外食企業は苦しくなると見込まれています。

 

さらに、人口減少というメガトレンドに起因する

「胃袋の減少」「ライフスタイルの変容」「働き手不足」

といったことは引き続き問題となってきます。

 

 

そんな激動の2020年、外食企業はどのような戦略で進めればいいのか

皆様の未来へのヒントをお伝えするべく

「外食企業経営フォーラム」の開催が決定致しました。

https://sem.funai-food-business.com/seminar/056507/

 

 

今回のフォーラムでは、

上記のようなトレンドを見据え、業績を伸ばされている

株式会社益正グループ様を特別ゲストとしてお呼びしております。

 

 

かつて居酒屋を中心に11業態20店舗を展開していた同社。

消費動向の変化により外食店舗の売上が低迷

さらに、働き手不足により人手が集まらず

労働環境は悪化していく経営状態でした。

 

 

そのような状態から

『“脱”外食』を掲げ、

 

「省人化業態の開発」×「求人広告に頼らない採用戦略」

 

この2軸で経営改革を実施しました。

 

 

その結果

省人化業態は生産性2倍

採用コストは70万円⇒10万円へ

 

運営人数1/2で売上3億円アップを実現!!

 

 

この数値を実現されたポイントは下記の5つです。

 

・専門店業態への転換

・CKの開発、外販展開

・外販事業の多角化

・ダイレクトリクルーティングの実施

・店長や幹部候補者の育成、教育

 

本フォーラムでは

株式会社益正グループ 草野 代表取締役より

より具体的なお話をご講演頂きます。

 

▼セミナーのお申込み・詳細はこちらのURLから▼

https://sem.funai-food-business.com/seminar/056507/

 

 

激動の2020年、その後の経営戦略を考える

 

◆不振業態からの業態転換を図りたい

◆省人化×高収益事業を実現したい

◆中食・外販事業への参入を検討している

◆社員採用の成功ノウハウを知りたい

◆店長・幹部候補の採用・育成に困っている

 

 

上記のようなお悩みやお考えをお持ちの経営者様は、

是非本セミナーにご参加ください。

 

詳細を知りたい方やご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

セミナー当日、皆様とお会いできることを

心より楽しみにしております。

 

小林拓人

———————————————————————–

 

―ポスト2020を考える―

『外食企業経営フォーラム』

講座内容

【第1講座】2020年に向けて外食企業が取り組まなければならないこと

【 ゲスト講座】益正グループの取り組みについて

【第3講座】外食事業が取り組むべき中食・PB商品開発とは?

【第4講座】事業展開に合わせた人事戦略とは?!

【まとめ講座】フォーラムのまとめ

 

開催場所

【大阪】2020年4月14日(火)@ 船井総研淀屋橋セミナープレイス

【東京】2020年4月21日(火)@ 船井総研東京本社

 

★セミナーの詳細情報はこちら★

https://sem.funai-food-business.com/seminar/056507/

———————————————————————–

 

執筆者
小林 拓人
プロフィール
お歳暮ギフト減少には抗えない!で、どうする新春・早春?
食品
2019/12/25
お歳暮ギフト減少には抗えない!で、どうする新春・早春?

いつもメルマガをご愛読いただきありがとうございます。

株式会社船井総合研究所の中野一平です。

 

お酒、蒲鉾、そばは年末商戦真っ只中ですが、他の業種の皆様、今年のお歳暮商戦はいかがでしたでしょうか。

各社のデータは集計中ですが、感覚的には「お歳暮ギフトは今後も厳しいな・・・」といったところです。

お中元・歳暮ギフトの減少は今に始まったわけではないですが、今季は特に強くその“大きな流れ”を感じました。

原因・要因としては主に以下が考えられます。

 

①シルバー・シニアが定年等で引退し必要がなくなった

②会社関係でのやりとりをしない方向になった

③若い方は中元・歳暮の習慣がない

④消費が冷え込む中、より吟味した少数精鋭パターンになった

 

このような大きな流れに抗うのは困難であるため、「そういう状況の中でどうしていくか」を考え、手を打つ必要があります。

 

ギフト主体でやってきた企業は、お中元・歳暮頼みからパーソナルギフト、お祝いマーケットや手土産需要獲得へのチェンジをお勧めします。お中元・歳暮市場は小さくなっていますが、上に挙げた市場は伸びているためです。

 

プラスして、安定売上の確保のためには「自家消費需要をどう獲得するか」は外せません。特に、通信販売ではギフトと自家消費の売上構成比は半々になることが多く、成功企業ではギフト頼みよりも「通常時から自家消費商品を定期的に買ってもらっている」という傾向が見られます。

 

となりますと、歳暮を終えた3月迄のこれからの季節=新春・早春での企画が年間の売上を考えてもポイントとなります。何もしなければ特にモノが動かない時期ではあるのですが、やり方によっては一年で最も費用対効果の高い企画となるのが新春・早春です。

 

対象を前年購入者(2019年に通販で買った履歴のある名簿)に絞り込み、限定商品や季節商品&バラエティセットを中心に訴求します。どうしても限定商品が難しい!という場合は、“特別に”割引企画でも構いません。絞った名簿であるため「声をかければ必ず買ってくれるお客様」の割合が多く、結果、回収率も高くなるのです。

 

それでも名簿数が多い場合、さらに購入回数2回以上などの条件を加えてみましょう。ちなみに購入金額での条件はあまりお勧めしません。「年に一度、中元や歳暮にしか買わない」という、新春・早春に反応しない名簿も拾ってしまうからです。

 

以前、アクティブ名簿20,000件保有企業で「前年に2回以上購入者」で名簿抽出したところ、4,000件のDM発送で4,200件の受注、回収率105%という信じられない結果になりました。普段はやらないお得セット、旅行があたる抽選付などのオファーは強化しましたがそれにしても凄い数字です。

 

中元や歳暮などの「企業側が買ってほしい時にだけ声をかける」のではなく、「それ以外の季節も声をかけ提案する」今日であれば「SNSで積極的に情報発信をして“なじみ”になっておく」は、これからの通信販売強化で最低限必要な取り組みです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来年、2月6日の食品ビジネス経営研究会、ゲストは遠藤酒造場の遠藤秀三郎社長です。衰退業界の中でも伸び続ける秘訣とは!?時代の一歩先を行く販売戦略、通販戦略について“他では聞けない”ご講演をいただきます。お楽しみに!

初めての企業様は無料でお試しご参加が可能です。お声がけください。

 

 

さらに、1回目開催以降、お問合せ多数につき早くも2回目開催決定!3月4日「最速・最短・収益性の高いクラフトビール事業モデル」を学べるクラフトビールビジネス新規参入セミナー

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/055401

 

 

成功企業が実施している名簿獲得法を公開いたします。通販年商1億円未満企業には必見の内容です。3月4日午前中のみなので時間がない企業様もお気軽にご参加ください!

通信販売3大名簿獲得法

https://sem.funai-food-business.com/seminar/056118/

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール
働き方改革で、売上2倍、経常利益10%を達成できたオーナーシェフ型洋菓子店とは!?
スイーツ
2019/12/25
働き方改革で、売上2倍、経常利益10%を達成できたオーナーシェフ型洋菓子店とは!?

多くの洋菓子店は、今、人手不足に悩んでいますし、今後もこの傾向は続きます。

そして、人手不足の結果、製造限界のため、営業時間短縮、店休日増加、定休日増加、さらには店舗縮小などせざるをえない状況になっている洋菓子店も多くみられるようになってきました。

お客様がいても売上を落とさざるをえない・・・、そんな時代になってきてしまっています。

そんななか、2019年の4月「働き方改革法案」が施行され、中小企業も2010年からこの対象となります。

これまでは、 時間外労働の原則は、月45時間、年360時間と定められていたものの、例外として労使協定を結ぶことにより、残業は月45時間まで認められており、さらに特例があれば、事実上、無制限に残業をすることができました。

しかし、今後は「原則月45時間、年360時間」と定められます。労使協定で特例を設けた場合でも、年720時間(単月では100時間未満)を超えることはできません。

洋菓子業界もこの法案から逃れることはできず、否応なく働き方改革に対応することが必要になります。

 

こうした状況のなか、働き方改革の取り組みで今、注目している洋菓子店は、兵庫県で洋菓子店を経営されているエルベラン様です。

 

オーナーの土井シェフは、1964年創業のエルベランを事業承継した2代目オーナーです。

2011年に2代目オーナーとなり、店舗をリニューアルオープン。

その後、働き方改革を実行しながら、年商は2倍の約2億円、経常利益は10%以上へ、と大きな変革を短期間で成し遂げられました。

 

エルベランは、どういった変革を行ってきたのでしょうか。

 

洋菓子店は明らかにこれまでとは違った体制づくりが必要になっています。

大きな時代の変化がおこるタイミングでは、必ずしもそれまでの好調企業が好調を維持し続けられるわけではありません。逆に、それまでの「成功体験」が足かせになって足元をすくわれるようなことも頻繁に起こります。

逆にできるだけ早く時代の変化に気づき、早く変化できた洋菓子店にとっては、成長のチャンスです。

 

エルベランの取り組みは、多くの洋菓子店にとって注目の取り組みであることは間違いありません。

 

今回、エルベランの柿田オーナーをゲスト講師としてお招きし、これまでの取り組みをご披露いただくセミナーを企画させていただきました。

気になる、柿田オーナーのゲスト講座でお話しいただくポイントは、

 

ポイント①:経営&働き方改革でエルベランはどう変わったのか!?

ポイント②:年商約2億円・経常利益10%化への経営・働き方改革ストーリー

ポイント③:リニューアルでブランディング!before→after徹底解説

ポイント④:ヒット商品は創らない!?エルベランの商品戦略

ポイント⑤:ケーキを売らない!?働き方改革へのへのクッキーデーとは!?

ポイント⑥:「働き方改革」を実現させる効率化の方法とは!?

ポイント⑦:若手スタッフが辞めないエルベラン流若手スタッフ採用・教育法

ポイント⑧:エルベランがデザインにこだわる理由とは!?

ポイント⑨:上得意客づくりのための「ニュースレター」の使い方

ポイント⑩:「昼休み」閉店(12:30~13:00)を始めたワケとその効果

 

どの内容も、皆様にお聞きいただきたいことばかりです。

 

このセミナーでは、技術講習会では聞けない経営のポイントをお伝えいただくセミナーです。

このセミナーは講義を聞いて勉強していただくためのものではなく、翌日から実践し即時業績向上していただくことが一番の目的です。そのために公開するノウハウは、他では得られない最新かつ超実践レベルのものばかりですので、一見の価値があることは間違いありません。

 

開催は、2020年1月27日(月)、会場は東京1会場です。

 

詳細は下記をご覧ください。

https://sem.funai-food-business.com/seminar/055675/

ご興味ある洋菓子店経営者の皆様

是非ご参加をご検討いただければと思います。

執筆者
マーケティングコンサルタント
田中 渉
プロフィール
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート