食品系コンサルタントの役立ちコラム一覧 | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

食品ビジネス

新商品・新規出店企画中の食品メーカーがやるべき広報仕組化!
2018/7/31
新商品・新規出店企画中の食品メーカーがやるべき広報仕組化!

新商品・新規出店企画中の食品メーカー様へ!
 
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
本日は、「新商品を一気に売り出す」「新規出店を認知してもらう」ための広報機能の仕組化についてお話します。
 
皆様の企業では新商品の売り方、新ブランドの周知方法が社内の仕組みになっていますか?
この仕組みがない中で、新商品開発、新規出店を行うと「何となく告知」だけで終わってしまい、イマイチ売れないということがよくあります。
 
社長が関係のあるメディアに声をかけてるだけ…
お取引先やFacebookでは、情報発信してるけど…
 
それだけで中長期的に商品は売れているでしょうか?
新たな取り組みを卸・問屋はもちろんですが、広く消費者にまで伝えなければ、どんな良いものを開発しても長く売れる商品にはなりません。
売れない商品、誰も知らない店舗を使ってブランディングなんてできませんよね。
 
では、どうするのか。
新商品・新ブランドを売り出すためには以下の広報活動を仕組化していくことで中長期的に売れる商品・ブランドになります。
①リアルの場でのコミュニケーション型リリース
⇒メディア関係者向けお披露目会
②ウェブでのプレスリリース
⇒メディアへの配信代行サービスによるプレスリリース
③地元メディアへのプレスリリース
④SNS情報発信管理
 
ここで見ていただきたいデータがあります。
日本人の商品・サービスを選択する際の情報収集源が何かというデータです。
1位 テレビ
2位 WEB(企業のオフィシャルサイト)
3位 WEB(価格比較サイト)
4位 WEB(評判比較サイト)
5位 WEB(情報検索サイト)
出典:「消費者購買動向調査」~リーマンショック以降の日本の消費者の実像~
 
デジタルシフトが進んでいることは言うまでもありませんが、日本人の傾向として「テレビ」の影響力が未だに1番強いことが分かります。
シンプルに言ってしまえば、視聴率の高い全国放送のテレビ番組に取り上げてもらえば一気に売れるというわけです。
 
当然、プレスリリースを行っていても、テレビに取り上げてもらえる確率は低いのが現状です。
そこで、ぜひお試しいただきたいのが①リアルの場でのコミュニケーション型リリースです。
これは、いわゆる「メディア関係者向けお披露目会」であり、メディアの方だけをご招待して新商品のお披露目をするのです。
弊社、食品ビジネス経営研究会の酒蔵様の事例では、
 
・地元新聞社が7社お越しになり、全新聞で掲載
・自治体にも声をかけたことで、新商品を自治体がPRしてくれることが決定
・お披露目会開催2週間で半数が一気に売れる
 
ということが起きました。新聞だけでもこれだけの効果が一度にでるのです。
 
今回は①をご紹介いたしましたが、②③④を中長期的に継続していくことが、新商品の売上、企業のブランディングに繋がります。
 
ご紹介した内容、プレスリリースの書き方を知りたい方はこちらから資料がダウンロードできます。
 
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=food_webknowhow2017
 
 
地方の食品メーカーが店舗集客と通販で直販5億円を達成!
直販参入・観光地集客・広報活動の成功ノウハウを全てお伝えするセミナーが9月3日(月)に開催されます。
ご興味のある方は、ご参加ください。
 
http://sem.funai-food-business.com/seminar/035077/

執筆者
久嶋裕介
プロフィール

地方の中小食品企業だからこそ伸びている観光市場の確保に動きだしましょう!
2018/7/24
地方の中小食品企業だからこそ伸びている観光市場の確保に動きだしましょう!

いつもメルマガをお読みいただきありがとうございます。
フードSPAグループにて
食品メーカーのコンサルティングを行っております中野です。
 
今回は、「観光土産市場」の獲得と「店舗・通販」の直売強化に成功され
年商5億円を達成された企業様の事例をお伝え致します。
 
今回ご紹介する企業様は、
秋田県の田沢湖にて、はちみつの直売店を運営されている
「山のはちみつ屋・ビー・スケップ」です。
 
平成6年に観光地の田沢湖に直売店を開店した後
はちみつを使ったスイーツを製造販売するお菓子工房の開店や
昼食や軽食需要にも対応するためにピザ工房をオープンし
着実に売上を伸ばしながら
一つの観光スポットとなる「はちみつのテーマパーク」を果たしてきました。
 
今回のメルマガでは、
観光地出店を行っていくべき理由と
こちらの企業が観光立地出店し、はちみつのビレッジ化を成功したポイントをご紹介します。

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

★食品企業様必見コラム第ニ弾★<br data-eio=ゼロから立ち上げる高収益な肉バル開発事例を公開Part2">
2018/7/19
★食品企業様必見コラム第ニ弾★
ゼロから立ち上げる高収益な肉バル開発事例を公開Part2

皆様
いつもコラムのご拝読ありがとうございます。
本日は前回に引き続き、船井総研の食品コラムをご拝読いただいている皆様に
ニクバル業態(飲食業)への参入についてお話をさせていただければと思います。
 
前回、ニクバルの魅力は「伸びている食材(ワイン×肉)」と「働きたい業態(採用)」にあると、お話しさせていただきました。
 
異業種から飲食業に参入を検討される経営者向けにニクバルをオススメしている点について今回は解説させていただきます。
 
1.調理オペレーションのシンプルさ
異業種から飲食業に参入する際にひとつの障壁となるのが、「調理オペレーション」です。
熟練した料理人に依存することなく運営できる仕組みがあったほうが事業の立ち上がりはスムーズです。
私たちがご提案させていただくニクバルは、メインのステーキは「誰にでも均一なクオリティの焼き加減」が実現できるようになっていることが1つの大きなポイントとなっております。
また、飲食店を運営されたことのない方が不安になる「仕入」に関しても食材供給元をご紹介させていただいており、必要な食材もまとまっているため立ち上がりがスムーズです。
 
2.接客・運営オペレーションの研修システムの完備
異業種から飲食業参入する際に必要な点として、「接客・運営オペレーション」の習得が挙げられます。私たちのご提案させていただくニクバルは、繁盛ニクバル店舗での接客研修サポートを完備しております。
過去に異業種から飲食事業に新規参入をされて、今日までずっと繁盛店としてニクバルを運営されている店舗で、接客・調理・仕込等ニクバル経営に必要なノウハウを現場で体験できるサポート体制が整っています。また、同じ異業種からの参入した観点から、実際にどのようにすれば飲食店の経営が上手くいくかの生の声が聞けることも、ご好評いただいております。
 
異業種から飲食業参入するにあたっての必要な要素を備えた「ニクバルビジネスモデル」について7/24(火)に開催される「異業種向けニクバルセミナー」でより詳しくお話しさせていただきます。
 
当日のスケジュール(船井総研の東京本社にて)
13:00~ 投資回収1年が可能な肉バルビジネスの魅力とは!?
14:00~ 2018年最新版 肉バル繁盛事例解説
14:45~ 異業種からの飲食業参入で肉バル出店成功事例解説
16:00~16:45 飲食参入で失敗しないためのポイント
 
ぜひ、これから飲食業参入を検討されている経営者様は本セミナーにご参加下さいませ。
より詳しい内容については下記より確認できますので、ご興味のある方はご覧いただけますと幸いです。
 
★異業種からの参入で肉バル開発成功セミナーのご案内★
http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/034097_lp.html

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール

メーカー直売店必見!スマートフォン対策は万全ですか!?
2018/7/19
メーカー直売店必見!スマートフォン対策は万全ですか!?

いつもお読みいただきありがとうございます。
船井総研 フード支援部 チーフ経営コンサルタントの中渕です。
 
昨年末から何度もメールマガジンや研究会で皆様にお伝えさせていただいたスマホ対策ですが、メーカー直売店においても最適化による集客増の事例が出てまいりました。
 
毎回のご支援先とのお打合せ時に、グーグルアナリティクスを見ていますが2018年に入ってからさらにスマホセッション数(訪問客数)が伸びてきています。
 
メーカー直売店舗のスマホセッション(訪問客数)の傾向としては
 
① 20~40歳代がメイン顧客の店舗で7割
 
② 50歳以上がメイン顧客の店舗でも5割
 
となっており、顧客の店舗情報へのアクセス手段が完全にスマホにシフトしました。
 
今後さらにスマホセッション比率は高まることが予想されており、スマートフォン対策がなされていないと直帰率が高くなり、結果として来店率が低くなってしまいます。
 
あるご支援先ではスマホセッション数が伸びることにより、スマホサイト掲載のクーポン利用数が増え、店舗集客に貢献しております。
 
実例としては、スマホサイト訪問者数が月間5,000人、クーポンページ閲覧数が1,000人、クーポン利用数が100枚という結果となっております。
 
年末繁忙期を迎える前の今夏中に店舗集客用ホームページのスマホ対策を終え、秋以降の店舗集客に活かしていただければと思います。
 
皆様の店舗集客用ホームページのスマホによる閲覧数はいかがでしょうか。全体の5割を超えてくると最適なテンプレートによる対策が重要となってきます。
グーグルアナリティクスのデバイス別データをご覧いただき、お調べいただければと思います。
 
スマートフォン対策の詳細に関しては以下のページをご覧いただければと思います。
 
https://funai-food-business.com/lp/sp-shindan/
 
今週もお読みいただきありがとうございました。

執筆者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
中渕 綾
プロフィール