食品系コンサルタントの役立ちコラム一覧 | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

食品ビジネス

飲食店経営者がうっかり忘れている「残業割増率の引き上げ」
2018/9/03
飲食店経営者がうっかり忘れている「残業割増率の引き上げ」

 

1.遂に「働き方改革法案」が可決

 

本年2018年6月に労働基準法改案、いわゆる「働き方改革法案」が可決されたことは、

みなさまの記憶に新しいことと思います。

特に「残業時間の上限規制」については、中小企業への施行が2020年4月ということ

もあり、労働時間の削減は、中小企業の喫緊の課題となっています。

 

中小企業が労働時間の削減に取り組まなければならない理由が「残業時間の上限規制」以

外にもう1つあります。それは、2023年4月から「月60時間以上の残業に対する割

増率が50%に引き上げられる」ということです。

 

2.月60時間以上の残業ってどのくらい?

 

残業60時間と言われると「うちはそんなに働かせていない」と思われるかもしれません

が、飲食店の現状を鑑みると容易に到達しうる残業時間です。

法定労働時間は月の暦日数によって変化をしますが、変形労働時間制を適用していて、

週40時間労働の飲食店の残業60時間到達の目安は以下の通りです。

暦日数 28日 = 法定労働時間 160.0時間 ⇒ 220.0時間 で到達

暦日数 30日 = 法定労働時間 171.4時間 ⇒ 231.4時間 で到達

暦日数 31日 = 法定労働時間 177.1時間 ⇒ 233.1時間 で到達

さらにこの時間を日に置き換えると、以下のようになります。

※暦日数が30日の場合

週休 6日 ⇒ 所定日数 24日 ⇒ 09時間38分

週休 7日 ⇒ 所定日数 23日 ⇒ 10時間03分

週休 8日 ⇒ 所定日数 22日 ⇒ 10時間31分

※暦日数が31日の場合

週休 6日 ⇒ 所定日数 25日 ⇒ 09時間29分

週休 7日 ⇒ 所定日数 24日 ⇒ 09時間52分

週休 8日 ⇒ 所定日数 23日 ⇒ 10時間18分

休憩時間を除いた実労働時間が1日あたり上記の時間を超えると残業時間が60時間に到

達する計算になります。各社の就業規則などによって、この時間は変動してきますが、こ

れを参考に、一度自社の現状と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。

 

3.労働時間を削減していくために

 

2020年4月の「残業時間の上限規制」2023年4月の「残業割増率の引き上げ」に

向けて、すぐに対策を打っていく必要があり、その対策には常に「人」の問題がつきまと

ってきます。

採用・定着・育成・評価など、多岐にわたる改善の選択肢があるなかで、どの施策が自社

に必要か、大変悩ましいことと思います。

船井総研では、人材でお悩みの飲食店経営者さまからの無料経営相談を承っております。

ご相談をご希望の経営者さまは、こちらをクリックしてください。

 

また、飲食店の人材に関するレポートもたくさんご用意しております。

レポートのダウンロードは、こちらをクリックしてください。

 

本コラムが、経営者のみなさまが自社の労務環境を見直すきっかけとなれば幸いです。

2週間で8,000個のソフトを売るはちみつ屋の秘密
2018/8/27
2週間で8,000個のソフトを売るはちみつ屋の秘密

皆様、こんにちは。船井総合研究所の中野一平です。
 
ようやく猛暑の夏が終わりますが、夏商戦はいかがでしたでしょうか。正直なところ、客足はなかなか厳しかったのではないでしょうか。あまり猛暑を理由にしたくはないところかと思いますが、それぐらい厳しい暑さでしたね。
 
ただ、そのような状況でも集客し、着実に前年以上の売上をつくっているのが秋田田沢湖、山のはちみつ屋、ビー・スケップ様です。
田沢湖は観光地ではありますが、決して一等地とは言えない立地。そこで「はちみつワールド」を展開し、年間20万人が集まります。顧客は売りっぱなしではなく通販へも誘導し、地方の小さなはちみつ屋で年商5億円です。
今夏は8月3日(はちみつの日)から2週間で8,000個のはちみつソフトも売りました。
 
本日は集客の秘密を少しだけお伝えします。
 
① 思わず「行って体験したくなる、買ってみたくなる」コンテンツづくり
つい集客の「手法」へと走りがちですが、本質的なのはこのコンテンツが魅力的でなければ人は集まりません。
 
・単なるお土産店から脱却、“専門店としてのお土産”商品が充実
・はちみつ&はちみつ酢は全商品試飲&試食可!
・扉を開いたら目の前に拡がる“非日常空間”を演出
・最大8匹のはちみつチョコがのる名物はちみつソフト!
・インスタ映え!駐車場からむかう直売店の壁にみつばちの羽根!
・搾りたてのはちみつをその場で食べられるはちみつしぼり体験!
・大迫力!みつばちの巣を目の前で見られるプチ養蜂場!
・子供だけではなく大人もついやってしまう!はちみつガチャ!
 
など、はちみつ屋ならではのコンテンツをたくさん揃えています。
まずは自社の業種でどういったコンテンツを提供できるか考え、練りましょう。
 
② ネット上で田沢湖を検索すると高確率で露出!
田沢湖を訪れる観光客がネットで田沢湖情報を検索すると高確率で露出するように仕掛けています。
実際、インスタグラム、ツイッター、FBなどのSNSでの口コミによる来場も確実に増えています。
ポイントをひとつあげるとすると「担当者を決め毎日投稿すること」。お金はかかりません。実行することです。
 
③デジタル&アナログで情報発信
プレスリリースは当たり前、ラジオやアナログでの情報発信も積極的に行っています。毎年夏は地元で「山のはちみつ屋カップ」というバレーボール大会を開催し、認知度は大変高いものとなっています。
 
「魅力あるコンテンツをお客様に届くように情報発信を徹底する」
ひとつひとつを見ますと他の企業でもできることばかりです。成果が出るまで継続できるかどうか、そこが分岐点です。
 
来る9月3日に、山のはちみつ屋 ビー・スケップ様の西村社長をゲストに招き、観光地対策、通販も含めた直販拡大のコツを伺うセミナーを開催いたします。落語が大好きでお話も面白い西村社長から成功事例から苦労話、裏話までお話いただきます。
現状にお悩みで元気になりたい食品メーカー経営者様はぜひお越しください。
 
 
9月3日 東京にて開催!
「観光土産市場」×「店売+通販」で年商5億円を達成!!
食品メーカーのための観光地マーケット集客セミナー
http://sem.funai-food-business.com/seminar/035077/

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

食品メーカーの未来を決める!船井総研が自信を持って直販強化をおススメする理由
2018/8/20
食品メーカーの未来を決める!船井総研が自信を持って直販強化をおススメする理由

こんにちは!いつもありがとうございます。

船井総合研究所フードSPAグループの久嶋です。

 

この度9月3日に「食品メーカーのための観光地マーケット集客セミナー」

開催されることとなりました!

 

 

↓↓↓↓↓↓↓詳細・お申し込みはコチラ↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/035077/

 

 

「観光地マーケット…?ウチの会社は観光地とは関係なさそうだな…」

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはございません!

 

このセミナーでゲスト登壇される「有限会社ビー・スケップ様」も、元々は普通の

養蜂所からスタートしておられますが、「観光土産市場」に目を向けた直営店の

出店を機に、年商5億円を達成されるまで業績を上げられました。

 

そのポイントはズバリ「店売+通販」の “直販”を強化したという点になります。

 

そこで今回は、「食品メーカーの未来を決める!船井総研が自信を持って直販強化を

おススメする理由」というテーマで書かせて頂きます。

 

現在の食品業界の大きな課題は、マーケットが飽和状態であることだと言えます。

 

皆さまも実感されているかと思いますが、コンビニやスーパーなどの消費者母数の

大きい小売店では、大手食品メーカーが多くのシェアを占めてしまい、

新規開拓はますます厳しいといった状況です。

 

また家庭での食品の消費額も急激に縮小しています。

 

例えば味噌の消費量を見てみると、40年前には一人当たり年間消費量が6.6㎏だったところが、

現在は半分の3.3㎏まで落ち込んでいます。

 

そもそも母数の少ない消費者に自社商品を選んでもらうためには、商品の価値をきちんと伝え、

高単価で購入し続けてもらう必要があります。

 

しかし、一般的な小売店の顧客は”安さ“重視の方が多いので、商品力で十分に勝負することが

できません。

 

卸では、たとえ上手く販売先が決まったとしても、他社商品との“価格”での競争となって

しまうのです。

 

このように飽和状態の卸の販売経路のみでは、十分に商品を売っていくことができません。

 

そこで、ECサイトを使った通信販売や直営店の出店など、“自社で売り場を持つ”

ということが重要になってきます。

 

実際、直販を強化することには以下のようなメリットがあります。

 

商品の粗利率を高く販売できるため、収益を一気に上げやすい

ターゲットのニーズに合わせて様々な商品構成を検討できる

製造者の目線から、商品の魅力や用途提案を直接顧客にアピールすることができる

「より安くていいもの」から「本当に自分が欲しいもの」へシフトした消費者心理の変化に対応できる

今後拡大の観光土産マーケットに参入できる

 

 

このように直販強化を行うことこそが、今後地方の食品メーカーが生き残っていくための

大原則となってくるのです。

 

とはいえ、

「今まで卸中心でやってきたし、直販はどうやったらいいのかわからないな…。」

「直営店やってみたいけど、投資が大きいし、販売の知識もないからな・・・。」

といった方も多いかとは思います。

 

そんな皆さまにぜひご参加いただきたいのが、9月3日に開催します

「食品メーカーのための観光地マーケット集客セミナー」です。

 

このセミナーではゲスト講師として、秋田の観光地田沢湖にて、

直売店「山のはちみつ屋」を運営する有限会社ビー・スケップの

西村隆作様にご登壇いただきます。

 

「山のはちみつ屋」では、直売店の売り場づくりもさることながら、

スイーツ店やピザ工房などの飲食業態、はちみつソフトなどの

テイクアウト業態を付加することで、観光地市場での確かな

実績を作ってこられました。

 

さらに通販も掛け合わせたマルチチャネル型の展開で、

年商5億円を達成した成功のためのノウハウを持っておられます。

 

社長は大変気さくでお話も面白い方なので、異業種の

企業様にも、直販のヒント満載のセミナーとなっております。

 

食品メーカーの厳しいマーケットの現状に今後の活路が

見えないという方も、きっと新たな打開策を見つけていただく

きっかけとなると思いますので、ぜひぜひご応募お待ちしております!!

http://sem.funai-food-business.com/seminar/035077/

 

 

 

執筆者
久嶋裕介
プロフィール

フード業界の垂直統合に対応する中小オムニチャネルモデルVOL.2
2018/8/08
フード業界の垂直統合に対応する中小オムニチャネルモデルVOL.2

★中小食品メーカーだからこそ実施可能なオムニチャネル戦略(第二回)
 
今後避けて通れないデジタルシフト対応について、船井総研ではマーケティング面のデジタルシフトを「フードオムニチャネルモデル」として体系化しております。

執筆者
マネージング・ディレクター/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール