食品系コンサルタントの役立ちコラム一覧 | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

食品ビジネス

小売店の為の人を呼び、口コミを作るInstagramの集客活用
2018/9/27
小売店の為の人を呼び、口コミを作るInstagramの集客活用

集客力のある店舗や直売店に共通して実施している事に
集客のフックになる商品を持つこと、情報発信をしていることの2つがあります。
 
はじめに上記の2つを行う前に考える事として
集客力を上げていく為には、人を呼び込む口コミ作りを考える必要があります。
というのも現在の観光地の店舗においては、InstagramやTwitter、FacebookといったSNSでの前情報による目的来店のお客様が増えているという現状にあります。
例えば20代以下の客層においては
”ググる“ならず”タグる”という行動に移り変わっています。
 
“タグる”とはInstagramのハッシュタグを使い検索するという事を表す造語ですが、
若年層を集客したい、
また話題を作り集客したいと考えた時に
Googleでの検索よりもInstagramでのハッシュタグを活用した検索に引っかかる対策が重要であるということです。
 
今回ご紹介する肉の卸問屋を営まれている企業様では、
観光地で集客商品として肉寿司を開発され、
お客様が写真を撮りたくなるスポット作りやハッシュタグの誘導を行っております。
その結果Instagramでは、屋号のハッシュタグ数が1,500件を超える、
一つのお肉屋さんにおいては驚きの数字をだしております。
その結果売上も繁忙月で昨年と比較し160%の成長を遂げており
売上伸びの大きさでは2倍以上に成長している月もあります。
 
このように成長するための
集客商品づくりに必要なポイントとして3点ご紹介します。
【集客商品のポイント】
1. 写真にとってSNSにのせたくなる写真であること
2. 持ち帰り対応も可能なテイクアウト商品であること
3. お客様が写真を取りたくなる写真スポットを作ること
集客商品づくりで重要なことは
誰に撮ってもらってもインスタ映えになるという事です。
是非集客商品を開発する際は上記のポイントを抑えて
味だけではない商品開発を意識していただければと思います。
 
次に情報発信で重要になってくるのはSNSの使い分けです。
SNSはすべて同じというわけではなくFacebook・Twitter・Instagramと
それぞれに特徴が違い客層も別れております。
例えばFacebook・Instagramにおいては写真が見られるポイントになりますが
Twitterは文字が主体のSNSです。
また、FacebookやTwitterにはシェアする機能がついており
自社発信でも拡散を期待できますがInstagramにおいては拡散機能がついておらず
自社発信による効果はFacebook・Twitterに劣ります。
このように機能においてもSNSは違いを持ちます。
そんなSNSの中でも口コミを呼び込み集客に結びつけることを目的とすると
Instagramが活用できます。
Instagramの活用方法として5つのポイントをご紹介いたします。
【Instagramの活用方法】
1.自社独自のハッシュタグを決める
2.〇〇店といえば〇〇という定番商品を決める
3.お客様にハッシュタグを入れてもらうように誘導するポップを設置する
4.自社の情報発信では関連キーワードを盛り込みハッシュタグをつける
5.撮ってもらいたい写真を自社発信で啓蒙する
 
以上のポイントを抑えることにより
口コミが広がり名物商品にしていくことができます。
 
これからInstagramを活用し集客を考えている企業様は
是非一度現状の商品は味だけではなく、写真をとり広めたくなる商品なのか
改めて考えていただき自社の情報発信・お客様の口コミ誘導を強化していただければと思います。

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

スマホ対応で売上1.25倍!1ヶ月で対応可能な売上アップ法
2018/9/21
スマホ対応で売上1.25倍!1ヶ月で対応可能な売上アップ法

スマホサイト対応実施のメリットとは・・・
月間5,000アクセスのオンラインショップを
スマホサイト対応することで、年間どれだけの
売上アップを図ることができるのでしょうか?
 
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
フードSPAグループの久嶋です。
本日は、スマホサイト対応のススメ!!
実際にスマホサイト対応することによる
成功事例をご紹介させていただきます。
 
■WEBの時流はGoogleが握る
WEB担当者に必見Google公式ブログは、
皆様チェックされているでしょうか。
https://webmaster-ja.googleblog.com/
 
こちらの公式ブログでも頻繁に使用される
Googleが重要視する近年のキーワードは
① モバイルフレンドリーインデックス
(スマホサイト対応のことです)
② 常時SSL対応
この2つです。
 
つまり、この2つを必ず実施しなければ
日本の検索エンジンの90%以上を占める
Googleでの評価が下がることは明確です。
※検索エンジンシェアはStatCounterにて算出
http://gs.statcounter.com/
 
■スマホサイト対応に踏み切るには!?
しかしながら、スマホサイト対応自体
まだまだ重要性が認知されておらず
優先順位が後になっているのが現状です。
 
サイトリニューアルのタイミングで実施
またはカートシステムで自動的に
スマホサイト化までされているだけで
先進的なサイトです。
 
優先順位が低い理由としては、まだまだ
WEBサイトからの売上が少なく
そこにかけるお金がないことや
スマホサイト対応による売上アップ
事例が世の中に広まっていないことです。
 
■スマホ対応で売上1.25倍!
食品ビジネス経営研究会の会員様で
スマホサイト対応に成功された
食肉卸売業の「A社」様の事例を
紹介させていただきます。
 
【WEB売上の公式】
EC売上=セッション数×注文率×注文単価
 
A社様では、スマホによるアクセス率が
60%と平均のアクセス割合でしたが
TOPページのスマホ対応が
進んでおらず、スマホでの注文率が
0.5%に留まっていました。
 
そのため、TOPページの設計と構築に
1ヶ月と数万円のお金をかけました。
すると、前年比較でスマホでの購入率が
0.5%から0.9%と80%増加し
ECでの売上が23%伸びました。
 
この時、PCでの購入率は30%弱ほどの
伸びであったことも考慮すると、商品力や
メルマガ、コンテンツによる購入率の伸びが
あったことは分かります。
しかし、スマホでの伸び率を考えると
TOPページのみのスマホ対応でも
購入率が上がることがわかります。
 
ここでWEB売上の公式から考えると
月間5,000アクセスのあるサイトにおいて
2%の購入率、5,000円の客単価であれば
年間600万円の売上になります。
【5,000×12×0.02×5,000=6,000,000】
購入率が0.5%伸びることによって
【5,000×12×0.025×5,000=7,500,000】
売上150万円/年を積み上げることができます。
 
スマホサイト対応そのもの自体が
1.25倍の売上達成法となっているのです。
 
まずは、現状のWEBサイトが
スマホ対応されているかどうかを
こちらのサイトにURLを入れて
ご確認ください。
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja
 
また、詳細のスマホサイト対応や
お問合せはこちらからお申し込みください。

執筆者
久嶋裕介
プロフィール

クックチル徹底活用のすすめ
2018/9/21
クックチル徹底活用のすすめ

皆様こんにちは。

 

9月20日に、「弁当宅配専門店」設立2年目で年商1.1億円を達成した

牛玄亭様をお迎えしたセミナーを行いました。

 

牛玄亭様は正社員たった3名様で弁当宅配専門店を回されていますが、

その秘訣は「クックチルシステム」の完全活用にあります。

 

クックチルシステムを導入されている企業は基本的に事前調理

(計画生産)であるため、労働時間がぶれません。

 

そのため、生産性UP、労働時間の均一化に劇的に役立ちます。

 

煮物(しいたけ、さといも、にんじん、こんにゃく、玉子焼きやメインの

すき焼き)は全て「真空パック」×「クックチル」で100%事前調理。

 

揚げ物も「フライヤー」×「冷凍」で100%事前調理。

 

当日はスチコンで解凍し盛り付けるだけ。

 

その分和牛を利用した焼肉やステーキ等、メイン商材は全て当日に焼き上げ、

顧客満足度を高めています。

 

暇なときに適量仕込み、当日は盛り付けるだけ。

 

それが実現できているので、労働時間が短く、人員も多く必要ありません。

 

受注生産+計画生産のためロスが少なく、利益率が高い、事前に設定した包材込み

原価率を守るオペレーションであり、注文された分を事前に仕込む計画生産。

 

「クックチルシステム」の導入で生産性UP及び省人化を目指してみては

いかがでしょうか。

 

 

商圏人口約1万人の町で、スイーツ工房付きたまご直売店が直売売上2億円(たまごの売上構成比50%以上)を達成した理由とは?
2018/9/20
商圏人口約1万人の町で、スイーツ工房付きたまご直売店が直売売上2億円(たまごの売上構成比50%以上)を達成した理由とは?

皆様こんにちは、船井総合研究所の坂本です。

 

日本の総人口は2008年の

約1億2,800万人をピークに、

2053年には1億人を割り込むと

予想されています。

 

人口減はたまごの消費減につながるため、

日本の養鶏家は消費量を増やすための早期の

取組みを実施することが求められています。

 

また、拡大するシニア層も含めて卵が一層

食べられるようにPRの仕方も工夫していく

必要があると言われています。

 

そう聞くと皆様どうお感じになるでしょうか?

 

・「現在の販路(卸業者に頼ったたまごの販売)

だけでは今後の事業の拡大が

見込めないのではないか」

・「如何にたまごに付加価値を付けて

販売すれば良いのか」

 

と不安に思われる経営者の皆様が多いのでは

ないでしょうか。

 

そんな、皆様がいだかれている悩みを解決できる

ヒントが本セミナーにはございます。

 

成功事例をお話いただける本セミナーのゲストは、

秋田県で養鶏業を営む

有限会社 瀧田養鶏場 代表取締役

瀧田 稔 氏です。

 

卸販売中心だった養鶏業者がどのようにして

直売事業を始め、現在までの成長に

至ったのか、気になるところです。

 

今回から3回にわたって瀧田養鶏場を特集した

メルマガを配信してまいります。

 

養鶏業界共通の悩みとして、

 

・卸先の販路が年々縮小傾向にありお客様が

目に見えて減ってきている。

・1家庭当たりのたまごの消費量が減ってきてる。

 

決して、養鶏業界のマーケットが成長傾向に

あるとは言えない現状があります。

 

販売件数の減ってきており売上が下がるのが

目に見えていると悩んでいらっしゃる養鶏家も

多いのではないでしょうか。

 

そんな中、市場を変えていく、ということは

養鶏家には求められる絶対命題です。

 

しかし、ただ闇雲に直売事業に取り組み、

売れない商品開発をし、業績が落ちるので

あれば、お話になりません。

 

瀧田養鶏場は、2003年から直売事業を

営み、初年度売上5,600万円を達成、

現在では直売事業だけで2億円を達成する

程に成長しています。

 

皆様はどのようにして瀧田養鶏場が業績を

上げ続けているか気になりませんか。

 

その答えを、瀧田養鶏場の瀧田社長に聞くと

「スイーツ工房併設することで集客できる

お店にしたこと」にあると仰っています。

 

その結果、卵の購買頻度が上がり

直売店として売上を作れるようになったと

瀧田社長は語ります。

 

皆様の会社は次の5年、10年を続けて

いくために、どのような戦略をとりますか??

 

そして、今、何を具体的に行っていきますか?

 

是非、真剣に考えながら、激変の時代を

乗り切っていきましょう!

 

次回のメルマガのテーマは、

「養鶏家向け直売店の成功のポイント!

菓子職人0人!素人だけでスイーツ工房

併設型直売店が成功する秘訣」です。

是非お楽しみにしていてください!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

オープンからたった10年たっても大行列!

スイーツ工房付きたまご直売店で

直売売上2億円を達成した成功の秘訣

有限会社 瀧田養鶏場 代表取締役

瀧田 稔 氏が登壇!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037793/

 

毎回満員御礼!

前回セミナーは50名以上が参加

開催場所は東京(丸の内)です

 

2018年10月22日(月)

13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール