食品系コンサルタントの役立ちコラム一覧 | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

食品ビジネス

食品

【無料レポート】2022年インフレ対策:食品編~事例に学ぶ!消費量減少・原料高騰に対応する高付加価値の直販事例大公開!~
2022/8/09
【無料レポート】2022年インフレ対策:食品編~事例に学ぶ!消費量減少・原料高騰に対応する高付加価値の直販事例大公開!~

いつも「食品業界「船井流」業績アップメールマガジン」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。

現在、円安や、原材料や燃料費といったあらゆるコストの高騰など、中堅、中小企業を取り巻く環境は厳しさを増しています。

そのような状況でも、船井総研は、多くの会社をご支援する中でコスト高騰時代にも負けずに業績を向上させる成功事例を経営者の皆様とともに創り出してきました。

その成功事例を、業種・業界別のレポートとして無料公開中です。
本メルマガでは、「食品編~事例に学ぶ!消費量減少・原料高騰に対応する高付加価値の直販事例大公開!~」をお届けします。

現場に強い船井総研だからこそ集められた、実践済みの成功事例を、専門コンサルタントが分かりやすく書き下ろした最新レポートです。
ぜひダウンロードしたお読みください。

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

食品

通販の基本を学ぶ90分!食品メーカー通販拡大セミナー
2022/7/28
通販の基本を学ぶ90分!食品メーカー通販拡大セミナー

いつもありがとうございます。
食品・観光グループの中野一平です。

 

お中元商戦、勝負の7月に突入しましたが、通信販売の動きはいかがでしょうか。

 

商材や顧客、また、“これまで何をやってきたか”によって各社の通信販売のパターンは異なると思います。
しかしながら、通信販売での基本は一緒です。成功企業、伸びている企業の取り組み事項も、一見、“その企業ならでは”に見えるものの基本にのっとった上での強化パターンが多いです。

 

◎購入動機によって変わる客予算
◎初年度回収を実現するCPOや初回リピート率
◎食品での新規とリピーターのLTV
◎スマホ、デスクトップでのCV率目安
◎1担当者あたりに必要な通販年商
などなど、成功企業の数値はおおよそ共通するものとなり、そうでない企業はその数値をいかにクリアするかという視点で取り組んでいます。

 

毎月開催しております「食品メーカー通販拡大セミナー」は、まさにそういった基本を90分に圧縮してお伝えしています。

 

基本を押さえていない場合、現状から変えようとする際に、“意味のない”、オーバーに申しますと“頓珍漢な”方向に進んでしまうことがあります。
例えば、反応が今一つだった理由は価格設定であるにも関わらず、「この写真がよくなかった」「このフォントの色が・・」など、“そうじゃない”ことを理由として考えてしまうなど案外あるものです。

 

通販をされている企業の担当者の方から「自社でやっていること、これから取り組もうとすることが正解かどうか分からない」というご相談をいただくことがありますが、当セミナーでは正解をお伝えしていますので、現状に疑問をお持ちの方はぜひご参加ください。

 

90分セミナーの主な内容
①通信販売拡大の考え方と大前提
②成功企業が意識している2大ターゲット
③食品を取り巻く市場環境
④直販ビジネスモデルとフロー
⑤通販商品の開発や品揃えのポイント
⑥通信販売方程式から見る適正LTVと必要顧客
⑦通販名簿の集め方とリピート施策
⑧年間販促モデル
⑨DM・WEB・SNSの活用方法
⑩成功企業の社長から学ぶ社内体制・運営のコツ

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

食品

今からでもできる!中元WEB対策
2022/7/07
今からでもできる!中元WEB対策

いつもありがとうございます。
食品・観光グループの中野一平です。

7月に入り、特に地方では中元商戦が活発化してきているかと思います。本日は、そのような中で今からでも可能な、WEB集客やメルマガ開封率アップにつながる対策をお伝えします。

基本的には通信販売の場合、夏のキャンペーンを6月からスタートさせ、
・顧客へのDM発送
・7月の中押し
・週2回のメルマガ配信
・SNS投稿
あたりの取り組みが主ではないでしょうか。

今後は「これ以上特にやることはない」とお考えの方の通販担当者もいらっしゃるかもしれませんが、「WEB上での人の動き」にあわせた仕掛けはまだまだ可能です。

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

食品

今注目!! スペシャルティコーヒーロースタリー業態の秘密
2022/7/05
今注目!! スペシャルティコーヒーロースタリー業態の秘密

===関連のセミナーはこちら===

『コーヒー専門店開発・活性化セミナー』

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/089174

2022/08/25 (木)13:00~15:30@船井総合研究所 東京本社

2022/09/01 (木)13:00~15:30@オンライン配信

2022/09/02 (金)13:00~15:30@オンライン配信

===

 

いつもコラムをご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。
今回のコラムでは、コロナ禍で業績を伸ばされていて、山口県内でコーヒー豆専門店を8店舗、年商2億円規模で展開されている、「株式会社徳山コーヒーボーイ」さまのお取組みをご紹介させていただきます。

写真:徳山コーヒーボーイ様HPより https://www.coffeeboy.co.jp/

■卸から直販へ 時流に合わせ売り先と売り方をかえる

徳山コーヒーボーイ様は、現社長の河内山様のご祖父様の代に、和菓子店や豆腐店に豆商品の卸販売をする事業からスタートされ、その一環として珈琲豆の焙煎販売も開始をされた会社様です。その後、現社長が跡を継がれ、約25年前から家庭向け商品として珈琲豆の小売り販売を開始されました。地域密着型の店舗として、順調に店舗を増やされ、今では山口県内で8店舗+通信販売を展開されるまでになられました。

食品製造業としては、異例の数の店舗数となっておりますが、河内山社長は店舗を増やされた経緯について、このように話されます。「スターバックスの日本進出や、ファストフード店やコンビニでのテイクアウト形式でのコーヒーの提供の開始により、コーヒーが喫茶店でのみ飲む物ではなくなった。その中で珈琲を喫茶店に卸すだけでなく、家庭用に直接販売できるようになった。また自社店舗にカフェ機能を持たせ、より認知度が増したことで、出店のお声がけも増えた。」

コーヒーのマーケットが年々大きくなっただけではなく、ライフスタイルの変化に合わせて出店や販売方法の変更をされたことも、成長を続けられている要因です。
当時主力商品であった豆類の商材を扱うノウハウを活かしながらのコーヒー豆専門への事業転換。さらに卸から脱却し、直販主体に切り替えられるなど、時流適応を行い、原理原則に則った経営をされているからこその成長があるのではないかと考えております。また、自社が価格決定権を持ちやすい直販に切り替えられたことが、コロナ禍が業績に悪影響を及ぼさなかった要因ではないでしょうか。

写真:徳山コーヒーボーイ様HPより 焙煎の様子

■「コーヒーの幸せをサポートする」理念の浸透が人財活用にも好循環

このように店舗も順調に増えると、同時に人材も必要となりますが、河内山社長は人材採用には困ったことがまったくないとおっしゃられます。その要因として、店舗理念に共感した人材が集まっていることが挙げられます。

徳山コーヒーボーイ様の経営理念に、「コーヒーの幸せをサポートする」との言葉があります。また、河内山社長のお言葉に「おいしいコーヒーよりも、うれしいコーヒー。コーヒーを追求するのではなく、ライフスタイルを追求し提供したい。」というものがあります。お客さまにコーヒーの幸せを届け、ライフスタイルをサポートする。その理念がしっかりと浸透し、接客や店舗づくりにもつながっています。

実際に私も店舗で接客を受けてみましたが、気さくにおすすめのコーヒー豆や、コーヒーの淹れ方などをご紹介いただきましたし、店舗スタッフの方がおすすめ商品をアピールするのではなく、お客様の好みやコーヒーに対する経験などをお聞きされた上で、お客様本位で接客をされています。また、常連客と思われる方に「昨日は○○コーヒーを飲まれましたから、今日は○○コーヒーはいかがですか?」といったように、おいしいコーヒーをただただおすすめされるだけではなく、お客さまの日々の生活に寄り添った接客をされていました。

さらに、徳山コーヒーボーイ様は、定期的にコーヒーの淹れ方を教えるワークショップや、地域のイベントなどでコーヒー店をされたい方をお手伝いする「スカラーシップ制度」というものをされ、地域にファンとなるお客さまを増やす取り組みもされています。

写真:徳山コーヒーボーイ様HPより BEANS & GIFT店の様子

■今注目!スペシャルティコーヒーロースタリー業態とは?

スペシャルティコーヒーロースタリー業態とは、ドリンク比率よりも豆の物販比率の高い、自社で焙煎した焙煎豆を中心に販売をするビジネスモデルです。集客要素や顧客の入口として、ドリンクの提供も行いますが、利益率・客単価が高い焙煎豆の売上構成比が高くなる店舗づくりをすることで、収益性も高い業態となります。また、スペシャルティコーヒーと呼ばれる、量販店で販売されるコーヒー豆の5~10倍の価格帯の商品を販売し、日常的な自家需要と手土産、ギフト需要に対応した販売を行います。

❏❏❏お客様に愛され、繁盛するコーヒー豆専門店のポイント❏❏❏
・なじみがあり、市場規模も大きく、さらに成長マーケットであるコーヒー市場では「スペシャルティコーヒー」のように高付加価値の商品を適正価格で販売するニーズが高まっている。
・軽食など飲食は提供しないため人手がかからない。
・直販中心の食品物販だからこそ、粗利率が高く、各店舗の損益分岐点は低い。
リピーター中心の業態だからこそ、長期的に売上が安定する。実際にコロナ禍でも好調。
・コーヒー自体のマーケットが大きく、都市部だけではなく、地方の住宅街や郊外ロードサイドでも成立する。
❏❏❏❏❏❏

今回、コラムで紹介をさせていただきました、徳山コーヒーボーイ様の河内山社長のお言葉でもある「おいしいコーヒーよりも、うれしいコーヒー。コーヒーを追求するのではなく、ライフスタイルを追求し提供したい」との理念は、食品を扱っていただいているすべての会社様にも当てはまるものではないかと考えております。
また市場成長性や収益性といったビジネス的な観点からも、コーヒー豆専門店は今後も注目の業態です。

フード業界で日々経営されている皆さまの参考になりましたら、幸いです。

 

なお、2022年8月末から3日程で、スペシャルティコーヒー専門店業態について、船井総研初となるセミナーを開催いたします。初回はリアル開催、2回目以降はオンラインにて開催いたしますので、全国の皆様の事務所からご参加いただける体制を整えてお待ちしております。

===関連のセミナーはこちら===

『コーヒー専門店開発・活性化セミナー』

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/089174

2022/08/25 (木)13:00~15:30@船井総合研究所 東京本社

2022/09/01 (木)13:00~15:30@オンライン配信

2022/09/02 (金)13:00~15:30@オンライン配信

===

執筆者
玉利 信
プロフィール