食品系専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

食品ビジネス

“適時”をハズすな!意外と難しい9月の攻め方
2019/8/29
“適時”をハズすな!意外と難しい9月の攻め方

いつもメルマガをご愛読いただきありがとうございます。

株式会社船井総合研究所の中野一平です。

 

中元、お盆商戦も終わり、残すは8月商品ラスト訴求のみとなりましたが今年の夏商戦はいかがでしたでしょうか。

2019年夏商戦のまとめはまたあらためてお伝えしますが、本日は、この後やってくる9月からの秋商戦についてです。

 

「食欲の秋」のイメージが強く、なんとなくモノが動きそうな感じがしますが、年間で一番難しいのが秋です。実際、通信販売の企画では秋の売上が最も低いという声もよく耳にします。

 

そこで皆様に強くお伝えしたいのが

 

「適時をハズすな!」

 

です。

 

適時とは、“ちょうどよい時”のことです。

この“ちょうどよい時”をハズしてしまうと、現在はなかなかモノが売れません。

 

“切れた時に購入する”、日々使用している調味料の様なリピート商品は“切れた時”が適時にあたるため、どんぴしゃでお声がけすることが難しくもありますが、それ故、リピーターを逃さないための「まとめ買い」や「定期購入」といった仕組みが必要となります。

 

それ以外は、

「この商品が今、旬です」

「この歳時記にはぜひうちの商品を」

という適時の提案やお声がけによって売上をつくることができます。

 

しかし、9月は「秋というにはまだ暑く、あったかイメージ商品を強く推すのも違和感があるし、かといって、夏商品を引っ張るわけにも・・・」という夏と秋の狭間の時期であり、どちらの商品を訴求するにも決め手に欠くと感じられている方も少なくないことでしょう。

 

結論を申しますと、店舗ではタイムリーな商品を、通信販売では秋商品の予約に力を入れることが売上最大化につながります。

 

地元顧客を対象とした店舗の場合、9月中旬迄、夏商品が引き続き売れていくことが多いです。「今、暑く、今日食べる」ので、秋のあったか商品は選ばれにくいのです。地域や業種にもよりますが、秋として動き出すのは敬老の日あたりからです。

 

ご相談をいただくことが多いのが通信販売の場合です。

通信販売では特に、旬性、季節性の訴求が重要になるのですが、「秋の素材を使用した商品が登場するのは10月以降になるが、秋企画・DM発送が9月上旬だと早いし、10月だと翌月から歳暮商戦も始まるし近すぎるのではないか」という問題が出てきます。

 

確かに、新米、新そば、栗やかぼちゃ、芋を使った商品など、多くは9月下旬や10月から登場の商品のため、旬を考えると10月訴求でよいのではないかと考えがちですが、秋企画のスタートは“遅くても”9月中旬迄に済ませましょう。

 

理由は明確です。大手企業の多くが9月から秋商品の訴求を始め、「通信販売の世界では秋一色」となるからです。もちろん、即お届けはできないため「秋商品の予約」です。

通信販売の場合は「予約をとる」が大きなポイントで、例えば、おせちや年越しそば、◎◎の日など、予約で売上をつくる企画が多数存在します。

 

実際の旬よりも一早く(具体的には1~1ケ月半前)お声がけすることが通信販売にとっての“適時”であり、10月にお声がけをしても勝負は決してしまっています。

 

競合他社が少ない独自の商品を持っているとしても10月ではなく、9月から予約スタートの方がより大きな売上を作ることができます。

 

これは、我々のご支援先で実際に検証してきた結果から導き出された事実ですので、通信販売での秋企画は9月上旬、遅くても中旬からスタートさせましょう。

 

秋企画以外でも数多くの“適時”が存在します。「いつ、どのように声をかけると最大の反応が得られるか」を意識して取り組んでみてください。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お歳暮商戦対策の1万円セミナーを開催いたします!とにかく「歳暮では最善を尽くしたい」企業様はぜひご参加ください!

食品メーカーのためのお歳暮対策~通販実践編~

https://sem.funai-food-business.com/seminar/049635/

 

 

さらに、直販ブランドを立ち上げたい企業様必見の工場祭セミナーを同日開催いたします!低利益の卸中心だった日本酒メーカーから工場祭をキッカケに直販事業を確立されている美冨久酒造の藤居社長より実際にやってきた者だからこそ伝えられる講演、船井総研より工場祭鉄板ノウハウが満載です。

食品メーカーのため工場祭セミナー

https://sem.funai-food-business.com/seminar/049567/

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール
食品メーカーがヴィーガン認証を取得する理由とは?
2019/8/27
食品メーカーがヴィーガン認証を取得する理由とは?

いつもメルマガをご愛読いただき

ありがとうございます。

株式会社船井総合研究所の久嶋です。

 

本日はここ1~2年で非常に盛り上がりを

見せているヴィーガンをはじめ、

ハラール、コーシャ、グルテンフリーなど

食品認証についてまとめました。

 

自らの食事に制限を与える方々に対し

食品メーカーが提供できる価値、

それを生かした販路拡大について

考えていきましょう。

 

■ヴィーガンとは?

卵や乳製品、はちみつを含む、動物性食品を

いっさい口にしない

「完全菜食主義者」のこと。

※一般的なベジタリアンは肉や魚を食べない方

 

■ハラルフードとは?

豚肉やアルコールなどを除いた

イスラム法上で食べることが許されている

食材や料理のこと。

清潔かつ安全に管理された、

高品質・高栄養価で健康的な食べ物である

必要がある。

 

■コーシャフードとは?

ユダヤ教徒が食べてもよいとされる

「清浄な食品」のこと。

オーガニック等と同様に、高品質で

安心でき、地球環境に配慮する食品と

考えられている。

 

■グルテンフリーとは?

小麦などグルテンを含んでいない食品のこと。

炭水化物を減らす方法として注目される。

 

 

■食品メーカーが認証をとる理由

今回ご紹介した4つの食品認証は

欧米では当然多くの企業が取得して

いますが、ここ数年日本でも

食品メーカーが取得を進めています。

 

理由としては、

  • 多くのメーカーが海外輸出を強化
  • 日本国内での市場拡大

 

海外輸出はもちろん、海外観光客の増加や

国内における食事制限のある高齢者の増加など

実際に宗教による食事制限がある方だけでなく

健康志向の増加によって需要が増えています。

 

また、これら4つの認証マークがつくことは

商品の付加価値になります。

宗教上問題ないが、安心安全こだわりの食品を

求めている消費者がこれら認証のある商品を

購入する。

実はこのような市場が大きく存在しています。

 

日本固有の食品であれば代替するものがないため

先行者メリットが非常に大きいのも特徴です。

 

 

■認証マークによる販路拡大

食品メーカーにとって販路拡大営業で

必要なものは何でしょうか?

 

口のうまい営業マン、社長のコネクション等

いろいろありますが、売る人が売りやすい

商品価値を付けることがまずは必要です。

 

つまり、商品の価値を分析し

その価値を武器として営業するわけです。

 

いくつ武器をもてるか…

皆様のこだわりの商品で認証を取得し

現在ニーズのある武器として活用しましょう。

 

認証取得に関する情報や

コンサルティングに興味があれば

こちらからお申込みください。

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html#_ga=2.186833453.42173400.1564982957-523685458.1545110735

 

 

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
2019年10月消費税増税に向けての準備
2019/8/27
2019年10月消費税増税に向けての準備

いよいよ2019年10月に消費税が8%から10%へ増税となります。どのような商品が駆け込み需要があるのか、また準備すべき対策を、前回2014年の消費税増税のタイミングで起きたこと、また直近の景況感と合わせて考察してみたいと思います。

 

2014年の増税直前週の生活必需品(飲食料品・雑貨・化粧品)の購買額は対前年42.8%増加したと言われています。

特に日用雑貨品の購買量が伸び、醤油は142%、ミネラルウォーター類は141.6%、インスタントコーヒー140.6%、ビール137.5%、砂糖136.3%、焼酎133.7%、ケチャップ132.6%と比較的長期のストックが可能なものが対前年対比で増税直前の購買が伸びる傾向を示していました。ちなみに購入額の伸び率が最も高かったのは、石鹸163.8%でその他にも、歯ブラシ、シャンプー、台所用品などの伸び率が高い値を示していました。合わせて、2014年の増税直前は「まとめ購買比率」が高った傾向が見られました。

 

今回の増税では前回2014年の増税時と比較して異なるポイントとして、

①飲食料品は軽減税率が適用されること(酒類除く)

②各種キャッシュレス決済サービスのポイント還元などが実施されていること

③食料品の小売チャネルの主戦場がドラックストアに。

ドラックストアでの日用品の増税前のまとめ買い需要と合わせて、食料品類もまとめ買いされることが予想される。

 

といったポイントが挙げられます。

 

今回の増税は軽減税率の適用で飲食料品には影響は出にくいという見方が一般的ではありますが、主に直販・小売りを行う食品メーカー各社の増税に向けての準備としては、

 

①まとめ買いキャンペーンの実施

(特に酒類ならびに、醤油・味噌・漬物類などの長期ストック対応可能な商品)

 

②キャッシュレス決済の導入完了

 

の2点は実施しておく方が、これまでの増税時の購買活動を振り返ると望ましいと言えます。

 

特に10月~11月の季節は特に売上が上がりにくいため、消費税増税前の「まとめ買いセール」を食品通販では実施するのが有効と考えられます。

 

 

****開催予定セミナーのご案内****

食品メーカーのためのお歳暮対策~通販実践編~

開催概要:2019年09月10日(火)

時間:10:30~12:00(※受付時間はセミナー開始時間の30分前)

https://sem.funai-food-business.com/seminar/049635/

********

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
飲食店が“テイクアウト専用拠点”を有する3つのメリットとは?
2019/8/09
飲食店が“テイクアウト専用拠点”を有する3つのメリットとは?

いつも当コラムをご愛読いただきありがとうございます。
船井総合研究所の岩松です。

 

今回は「飲食店が“テイクアウト専用拠点”を有する3つのメリットとは?
というテーマについてお伝えいたします。

 

 

◆地場で繁盛しているイートイン+テイクアウト業態の共通点
日々全国各地の食関連企業様を訪問させていただくなかで、
最近、各地域で高いマーケットシェアを誇る
イートイン+テイクアウト事業者様に
共通するルールが1つ浮かび上がってきました。

 

それは、
イートイン店舗とは別に、
テイクアウト専用拠点を近隣エリアに設けている
という共通点です。

 

それぞれの企業様によって
展開する商材の種類は異なるものの、
既存の飲食店とは別に
テイクアウト専用拠点を有することで
下記のような大きく3つのメリットを
享受していると考えられます。

 

 

◆メリット①:イートイン店舗におけるオペレーションの煩雑化防止
イートイン店舗とは別に
テイクアウト専用拠点を設けることによって、
それぞれイートイン専業・テイクアウト専業の
オペレーションに集中することができる。
(⇒各拠点の生産性アップに繋がる)

 

仮に、イートイン店舗に
テイクアウトを希望する入電があった場合は、
その電話内で注文自体は受け付けるものの、
実際の商品の引き渡しについては
別のテイクアウト専用拠点へと案内する。

 

 

◆メリット②:テイクアウト希望者の取り込み強化
既存の実店舗とは別に
テイクアウト専用の拠点を拡大することで、
テイクアウト希望者の取り込み・購入機会を増やす。

 

特に、今年10月に予定されている軽減税率施行後については、
更なるテイクアウト需要の増加が予測されることから、
テイクアウト専用の受け皿を設けることで、
テイクアウトの注文の取りこぼしを防ぐことにも繋がると考えられる。

 

 

◆メリット③:イートイン希望者の来店機会ロス防止
イートイン併設型の店舗の場合、
テイクアウトを希望する顧客に
店前~出入口付近で並ばれてしまうと、
その様子を見たイートイン希望者から
「購入までに時間がかかる」と思われてしまう。
(⇒結果として、イートイン希望者に別の店へ逃げられてしまう)

 

こういった事態を防ぐためにも、
テイクアウト希望者については
イートイン店舗の前に並んでもらうのではなく、
予め別のテイクアウト専用拠点へ案内する
というオペレーションを取る。

 

―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上でございます。

 

今後、テイクアウトを強化していきたいとお考えの企業様については、
是非上記内容を今後の業態開発の参考にしていただければと思います。

 

船井総合研究所 岩松将史

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
~外食・中食事業経営者様へ~
今、食関連ビジネスのなかで最も成長性の高い
テイクアウト・デリバリーマーケットの攻略に特化した
超実践型経営研究会が遂に発足!

 

船井総研 出前・テイクアウト研究会
【初回無料お試し参加受付中!】

 

<WEB経由のお問い合わせ・お申込み>
▼▼▼下記URLからご確認いただけます▼▼▼
https://www.funaisoken.co.jp/study/043962

 

【第2回開催日】2019年9月3日(火)
時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所:株式会社船井総合研究所 東京本社
(東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F)

 

【第3回開催日】2019年11月19日(火)
時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所:株式会社船井総合研究所 東京本社
(東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

執筆者
岩松 将史
プロフィール