食品系コンサルタントの役立ちコラム |船井総研フードビジネス支援部 | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティング成功事例
  • 講演依頼
  • 業績UPショート動画

食品ビジネス

食品メーカーが続々と食パン専門店業態へ新規参入中!
NEW
2021/10/22
食品メーカーが続々と食パン専門店業態へ新規参入中!

-老舗味噌メーカーが「ご当地食パン専門店」をオープンした事例-
 
いつもありがとうございます。
食品・観光グループの前田輝久です。
 

2019年から食パン専門店が全国に広がりを見せています。
最近では、ご当地性を打ち出した食パン専門店や、異業種参入の場合は自社の強みを活かした特色あるコンセプトを有した「ご当地食パン専門店」が地方に誕生し繁盛している事例が生まれています。
 

今回は食品メーカーが自社の強みを活かして成功している事例をご紹介させていただきます。

 
目次

  • ◆商圏人口5万人、オープン時は100人以上、連日行列ができる「醸す生食パン工房うち山」
  • ◆出店の背景
  •  

  • ◆商圏人口5万人、オープン時は100人以上、連日行列ができる「醸す生食パン工房うち山」

    茨城県日立市の食パン専門店「醸す生食パン工房うち山」は、老舗味噌メーカーが2019年12月に開業した食パン専門店です。
     
    創業170年を超える老舗味噌メーカー、内山味噌店が、創業以来受け継ぐ発酵技術を駆使し『毎日の食卓に“発酵の新たな食体験”を伝える』ことをテーマにオープンしています。
    味噌屋だからこそ提案できる「蔵付きの麹種酵母」と、伝統の味噌造りにも使用されている、阿武隈山系の良質な湧水である「仕込み水」を使用した、食パンが目玉となっています。
     
    オープンには100人以上の行列ができ、オープン後も連日行列ができ、昼過ぎには売り切れてしまう繁盛店として注目を集めています。

     
    また、同店で販売されるジャムは味噌造りで培われた発酵技術を活かした“麹”を使用し、オリジナルの「醸す麹ジャム」を製造販売しています。“麹”を使用することで、砂糖の使用量を抑え、素材本来の味を活かしたジャムの開発に成功し、「美味しい」と「身体に嬉しい」を実現しています。

     
    日本初の味噌屋がオープンした食パン専門店ということでメディアからの注目も集め、テレビの放送をきっかけに群馬県や福島県など車で1時間から1時間半の近郊の都市からも同店を訪れるお客様も少なくありません。

     
    また、食パン専門店を開業したことで、敷地内に隣接する味噌の売店も客数が増え、業績が向上しています。
     

    ◆出店の背景

    内山味噌様が食パン専門店の事業へと展開した背景には、日本人のコメ食離れがあります。
    自社の主力商品である、味噌汁やおかず味噌がコメ食離れから市場が縮小する一方で、日本人の食生活がパンをはじめとして洋風化する中、自社の強みである発酵技術と麹種を活用することで、他社にはない独自性の高い「食パン」をつくることができるのではないかという想いが事業開始のきっかけです。

     
    内山味噌様の事例から学ぶべきは、味噌のように時代の流れで市場が縮小している中で、既存の商品や商売の枠にとらわれるのではなく、時代に合った新しい事業に対して、自社が長年培っている技術や素材などの強みを活かしていく発想を持つことです。
     
     
    コロナ禍により、時代は大きく変化しています。そんな変化に対応すべく、時代に合った新しい事業の展開などの新しい取り組みがいま多くの企業に求められています。
    ぜひ、「Change(変化)」を「Chance(機会)」と考え、新しいことへのチャレンジを検討いただければと思います。
      

    上記内容が気になる方は、下記よりお気軽にご相談下さい。ご連絡をお待ちしております。

    経営相談窓口【無料】
    https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out-inquiry.html

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
プロフィール

マイクロツーリズム需要を獲得してコロナ禍でも昨対170%業績UPした飲食・土産店
NEW
2021/10/21
マイクロツーリズム需要を獲得してコロナ禍でも昨対170%業績UPした飲食・土産店

-製菓未経験のスタッフでも参入できる「プリン専門店」-
 
いつもご愛読いただきありがとうございます。
今回は、コロナ禍で集客に大変苦戦していた観光客向け飲食・土産店を営む企業が、スイーツの中でもプリンに絞った専門店業態を付加することで、業績UPした事例をご紹介します。
 
目次

  • ◆コロナ禍でオープンした滋賀県のプリン専門店「石山寺プリン本舗」
  • ◆従来のメインターゲットは「観光客」
  • ◆オープン延期を乗り越え、初年度売上は4,600万円超
  •  

  • ◆コロナ禍でオープンした滋賀県のプリン専門店「石山寺プリン本舗」

    事例企業の概要は次の通りです。
    ・観光団体バスからの集客が売上の6割を占める飲食・土産企業
    ・コロナ禍で業績悪化
    ・2020年7月にプリン専門店をオープン
    ・オープン時200組を超える大行列
    ・翌8月も20営業日で売上700万円を達成、単月売上昨対比170%超え
    ・初年度は当初想定年商の1.5倍を達成、既存事業の売上減少をカバー
    ・マイクロツーリズムの需要で県内など近隣地域からの集客に成功
     

    ◆従来のメインターゲットは「観光客」

    事例企業は滋賀県大津市、石山寺というお寺の門前で昭和2年にお食事処として創業した、老舗の日本料理店を営んでいる株式会社洗心寮です。
     

    従来の売上構成は、観光団体バスからの集客が約60%、石山寺へ来られた個人客向けのレストラン事業が約25%を占めており、観光客をターゲットとしたこの2つの部門に特に力を入れていました。
     

    2019年、自店舗の真隣の物件を取得し、2020年1月から、プリン専門店を5月にオープンする計画を進めていきました。
    プリンはスイーツの中でも市場が大きく生産性が高いため、製菓未経験のスタッフで参入することに適した商材です。

     
    しかし準備の最中、新型コロナウイルスが日本でも広がっていきました。
    観光客をメインターゲットにしていた既存の飲食事業は、3月には2019年比で売上が40%台、4~5月には緊急事態宣言もあり1ヶ月以上の休業を余儀なくされ、売上はほぼゼロとなりました。
     

    ◆オープン延期を乗り越え、初年度売上は4,600万円超

    5月オープンを予定していたプリン専門店も、観光客をメインターゲットと考えていたため、オープンを7月に延期することになりました。
    その後も観光客の戻りが期待できなかったことから、地元大津や隣接する京都などからお客さんを呼べるような販促計画を立て、7月23日、プリン専門店「石山寺プリン本舗」をオープンしました。
     

    実績としては、オープン初日は200組を超える大行列ができました。
    7月は7営業日で250万円、8月は20営業日で700万円を超える売上を記録、8月は既存事業だけで見ると売上昨対50%と大変な状況でしたが、プリン専門店をオープンしたことで全体として170%以上となり、その後もコロナで減少してしまった本業の売上を、このスイーツ事業によって補うことができています。
     

    「コロナ禍で新しい事業の準備をしていなければ今頃どうなっていただろう」という、社長の言葉が非常に重く印象的でした。
      
    オープンから1年が経ち、初年度売上は4,600万円超。
    当初、コロナ前の数値シミュレーションでは年商3,000万円を見込んでいたため、それを大幅に超えることができました。
     

    この要因として、コロナ禍で家庭にいる時間が増えたことで、おうち時間の充実のためスイーツに癒しを求めてお金を使うようになっている傾向や、海外や遠方に旅行に行けない状況の中、近くの観光地やちょっとした遠出といったマイクロツーリズムにスポットが当たっていることなどが挙げられます。

      
    いかがでしたでしょうか。
    今回ご紹介した、製菓未経験のスタッフでも参入できる「プリン専門店」をはじめ、今後、新規事業に取り組んでみようとお考えの経営者の方は、ぜひ下記よりお気軽にご相談下さい。
    ご連絡をお待ちしております。
     
    経営相談窓口【無料】
    https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out-inquiry.html

執筆者
正村陸
プロフィール

食品

変化の今がチャンス!オンライン営業でOEM拡大!
2021/7/08
変化の今がチャンス!オンライン営業でOEM拡大!

いつもありがとうございます。

食品・観光グループの中野一平です。

 

コロナによって大きく世の中が変わっていく中で、多くの企業が、新規事業へのチャレンジ、時流適応商品の開発などによりこの局面を打破しようとしています。

 

その際、OEM(他社商品の製造)を活用しての新マーケット付加、新商品付加を考える企業も少なくないでしょう。設備的に自社製造が難しい場合、スピーディな商品開発にOEMを活用することは正解の一手と言えます。弊社ご支援先でも冷凍食品や飲料、FD、飲料等、OEMを活用して業績アップにつなげている企業は多いです。

 

 

イコール、OEMは“ツキがある事業“とも言えます。自社事業としてのOEM強化は、経営の大原則『時流適応×一番化(得意なことで実現)』にも当てはまり、大いに期待できるマーケットです。

 

拡大方法・やり方もやはり時流適応がポイントとなり、脱アナログのオンライン営業により、効率的かつ効果的に進めることができます。

 

ポイントは大きく2つです。

  • OEM新規顧客開拓のためのデジタルマーケティング

自社の強みを活かしたターゲットに刺さるLPを作成し(重要!)、ターゲットの行動パターンにあわせたデジタルマーケティングにより誘導をします。さらに、確度の高い見込み顧客の抽出を自動化し営業効率を高めます。

 

  • 生産性アップのためのセールステック

マーケティングオートメーションやCRMのためのデジタルツールを活用し、顧客に対する最善の一手を打ちます。属人的なアナログ営業にありがちな顧客情報の散在、対応のミス・漏れもなくなり、効率的・効果的な営業体制が築かれるため生産性が大幅アップします。要するに、ヒトも時間もお金も限られている中での無駄な営業をなくしていくということです。

 

自社の強みを活かして他社にも感謝されるOEM事業を、今の時代にあわせたやり方で拡大していきましょう。
先行企業では既に結果を出しています。

 

◎デジタル集客で毎月数十件の見込み客獲得!

優良見込み客振り分け型のLP活用で営業マンゼロでも毎月数十件のOEM商談をWEBデジタル集客で獲得!

 

◎営業マンを増やさず月20件の新規営業!

メイン部門が売上・利益定価の中、オンラインの仕組みづくりで営業マンを増やさず月間20件の新規営業でV字回復!

 

より具体的な、コロナ禍でも業績アップにつなげるOEMの拡大につきましてのセミナーを8月より開催いたします。基礎中の基礎を学べる講座をご用意しております。

「食品メーカー向け オンライン営業開拓セミナー」

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/075483

参加料金も一般価格10,000円(税抜)とリーズナブルです。

 

パソコンやスマートフォンにて場所を問わずご覧いただけます。

ノウハウ満載のテキストも、もちろんダウンロード可能。

セットの経営相談も無料で実施いたします。

(お客様と講師の日程調整の上となります)

 

WEB配信でもリアル開催と内容は一切変わりません。

ご興味ある方はぜひお申し込みください。

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

食品

2月の店舗売上150%!観光立地でも伸びている店舗の秘密
2021/4/13
2月の店舗売上150%!観光立地でも伸びている店舗の秘密

いつもありがとうございます。
食品・観光グループの中野一平です。

 

コロナで大ダメージを受けた観光ですが、バスツアー集客型、歩き観光型よりも比較的ダメージが少なかったのは個人観光客を対象としたドライブ観光型です。特に、施設が密集しておらず、車で1時間圏内といったイメージのところは健闘していました。

 

そんな中でも、2月の店舗売上がなんと前年比150%を達成した秋田のはちみつ屋さんの取り組みをご紹介します。

 

①SNSでの情報発信の徹底

「コロナでお客様が来ないので店舗情報を発信しても意味がない」
このように考え、SNSでの情報発信をやめてしまった企業も多いかと思います。このはちみつ屋さんではコロナ禍でも継続的に店舗や地域の情報を発信していました。「ちょっと落ち着いたら行ってみたい」そんなことを考えてSNSで情報収集している方々に、ジワジワとボディブローの様に効いていき集客につながったと考えられます。SNSでの投稿が今、スグ効果を発揮しなくてもよいのです。目先の動きだけにとらわれず、先も見据えた行動が身を結びます。

 

②地元企業とのコラボで情報拡散
地元の老舗パン屋&ラジオ局、コンビニのコラボ企画商品にはちみつ屋さんのはちみつが採用され、パッケージにも店名が大きく載りました。2月限定で東北のコンビニで販売され、ラジオ等でも大々的に宣伝されました。それが認知のキッカケとなり来店された方もいたはずです。このケースは運良く“大きい話”で拡散力もありましたが、はちみつ屋さんでは意識的に地元企業とのコラボ商品や企画を進めています。以前、食品業界の今年の成長のキーワードのひとつに「コラボ」を挙げました。いち企業での動きよりも大きい効果が得られます。ぜひ皆様もツキのある企業とのコラボにチャレンジしてみましょう。

 

③サーバー試飲で飲む酢は200%!
客単価の330円アップも前年比150%アップの要因のひとつですが、カテゴリ売上1位の飲む酢が200%と客単価アップに貢献しました。好調の理由はサーバーを活用した試飲です。お客様が試食品に手を触れる機会が多いはちみつや“むきだし”状態のジャムなどは試食をお休みしていますが、飲む酢はサーバーを使い非接触の安心できる試飲のためお客様が自然と集まり売上につながっています。
しかもサーバーをずらっと並べ、7種類すべて展開しており満足度も高いのです。各地で試飲試食がお休みの中、実施しているだけでも注目されやすいため、特に飲料系にはサーバー活用はおすすめです。

 

ちなみに、はちみつソフトは前年比160%、カテゴリ順位も4位と大健闘!冬場でも室内販売であればソフトクリームは動きます。店舗のスタイルにもよりますが「冬だから冷たいものは売れない」とSNSでの集客ネタにも使えるソフトをやめてしまうのはもったいないですね。

 

観光地は一帯に人が集まらなければSNSを頑張っても集客は難しく、はちみつ屋さんのようにうまくいかないことも多々あるかと思います。暖かくなり人も動き出すまであと少しの辛抱です。来る日に向けて「行ってみたい」方を取り込むための取り組みは続けていきましょう。

 

さて、そんなはちみつ屋さんも会員の食品ビジネス経営研究会ですが、次回、4月12日は「鶴梅」「紀土」で有名な和歌山の平和酒造の山本社長よりお話をいただきます。老舗酒蔵の改革、新ブランドや新商品開発等、やはり“現状維持からの脱却”で成功されている企業様です。
これからの時代を生き抜くヒントになることは間違いありません。
船井総研講座では「業績アップにつなげるSNS活用」「夏・中元商戦対策」をご用意しております。

 

初めてご参加の企業様はなんとお試しで無料です(1企業1回あたり)。少しでも興味をお持ちの方はぜひご参加ください。
https://funai-food-business.com/biz-food/study/

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール