食品系専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 食品メーカー・販売店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

食品ビジネス

人口約1,400人の地方から大福だけで単品3億円売っている成功事例を大公開!
2018/9/12
人口約1,400人の地方から大福だけで単品3億円売っている成功事例を大公開!

皆様こんにちは、船井総合研究所の川村です。

 

人口約1,400人、年間観光入込客数50万人未満の愛媛県の地方から、

大福たった1品で年間3億円、そして過去18年間でも売上を伸ばしています。

 

上記の成功事例は実在する成功ストーリーです。

 

現在、多くの菓子店が地域の人口減少やコンビニのスイーツ本格参入により

厳しい現状が続いています。

 

ただ、このような人口減少が始まっている地方の中でも「菓子工房 霧の森」は

素晴らしい業績を上げています。

 

───────────────────

大福たった1品で年間3億円を売り上げる!

───────────────────

 

「菓子工房 霧の森」は人口約1,400人しかいない愛媛県旧新宮町の

「道の駅 霧の森」に併設された菓子店でした。

 

以前までは「道の駅 霧の森」の施設自体でも約4万人しか訪れないような

地域だったため、非常に苦しかったと言います。

 

ただ、そんな中「菓子工房 霧の森」の名物単品「霧の森大福」がメディアを

中心に話題になり、瞬く間に施設は業績アップ。

 

今では年間20万人が訪れる施設になっています。

 

そして、地方で話題になったお店は愛媛県でも人口が集まる松山駅周辺に

出店したり、関西・関東の大手百貨店の催事に呼ばれたりと大福単品で販路を

拡大して行っています。

 

───────────────────

大福たった1品で年々売上が上昇している!

───────────────────

 

「菓子工房 霧の森」がある愛媛県新宮町では、人口約1,400人から更なる

人口減少と年々高齢化に悩まされています。

 

ただ、霧の森大福は販売当初から売上がほぼ右肩上がりで伸びて行っています。

 

上記のような素晴らしい業績を上げている「菓子工房 霧の森」の成功ストーリーを

大公開するセミナーが11月21日(水)大阪で開催決定!!

 

 

<セミナーではこのようなことを紹介します>

 

・地域の菓子店が取り組むべき観光マーケット攻略の手法とは?

・製造素人だけでもできる単品スイーツ専門店のポイントとは?

・今、求められる地方土産のブランディングとは?

・目的来店を作り込むメディア・SNS戦略とは?

・旅行誌だけに頼らない観光客を集めるWEB集客とは?

・観光地での一度の来店だけで終わらない通販へのリピート戦略とは?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

新たな収益の柱を持ちたい経営者様、既にスイーツ事業を参入したが

上手くいっていない経営者様、スイーツビジネスに興味のある

経営者様は必見です。

 

↓↓↓詳しい内容&お申込みはこちら↓↓↓

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/035163/

 

開催場所は株式会社船井総合研究所淀屋橋セミナープレイスです

 

日時は2018年11月21日(水)

13:00~17:00(受付12:30~)

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

執筆者
川村 諒志
6年で経常利益5.8倍へ!老舗が実践するSNS時代の人財活性とブランディング
2018/9/10
6年で経常利益5.8倍へ!老舗が実践するSNS時代の人財活性とブランディング

いつもお読みいただきありがとうございます。
フードSPAグループ チームリーダー チーフ経営コンサルタントの中渕でございます。
先日開催させていただきました
「第92回 経営戦略セミナー 経営研究会全国大会2018」
https://lp.funaisoken.co.jp/keieisenryaku/
ですが、おかげ様で過去最高の3日間で延べ人数7,000名の経営者・経営幹部の皆様に集まりいただきました。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
 
今回の経営戦略セミナーは「デジタルシフト」というキーワードが
頻出していましたが、その中でも「IT」「ICT」「AI」「IoT」「RPA」などのキーワードは今後も追い続けたいと思います。
 
さて、食品ビジネス経営研究会でも会員の皆様に時流ネタをお伝えするために、上記キーワードを意識したカリキュラム構成にしていきたいと思います。
 
10月4日開催の食品ビジネス経営研究会は元祖くず餅を製造販売されている株式会社船橋屋 渡辺社長にゲストご講演いただきます。テーマは「老舗が実践するSNS時代の人財活性とブランディング」です。
 
株式会社船橋屋 渡辺社長と店舗外観
 
創業1805年の伝統を守る船橋屋が挑んだ大改革を渡辺社長から直接お話しいただけるまたとない機会でございます。
 
お聞きいただきたいポイントは
 
1.三万人のSNSコミュニティをもつソーシャルメディアマーケティング手法
2.メディア露出を増大させる広報・PRのメディア戦略
3.老舗船橋屋の組織改革
 
です。
 
また、経営方針および商品戦略におかれましても
「発酵(Hakko)」を世界のスタンダードに
~200年伝わる乳酸菌の力~ をテーマに
「伝統と革新で今後1000年の時代を創る“超(腸)”アナログ企業 」というスローガンを掲げられています。
450日かけて乳酸発酵させ、たった2日間しか賞味期限をもたない
「船橋屋のくず餅」が主力商品となりました。
 
まさに「伝統×革新」の強みを活かし「老舗にして最新の経営」を実現中でございます。
 
皆様の10月例会のご参加をお待ちしております。
 
■1社1回のみご参加可能な無料お試し参加はこちら
https://www.funaisoken.co.jp/form/study/index.html?gyoumu_no=A00210003198#_ga=2.44057763.608078397.1536117594-1383475793.1536117594
 
今週もお読みいただきありがとうございました。

執筆者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
中渕 綾
この夏伸びた通信販売
2018/9/05
この夏伸びた通信販売

皆様。いつもありがとうございます。
船井総合研究所の寳澤です。
 
今回はこの夏伸びた通販企業についてお伝えしたいと思います。
 
今年の夏は、考えられないくらい暑かったですね。
8月末になろうとしているのに、気温が35度を超え、
小売店や百貨店では売上が減少しているという報道が出ていたと思います。
 
そんな中、売上を顕著に伸ばしたのが通信販売です。
 
熱中症対策商品では昨年対比180%以上を記録し、
久しぶりに2桁近い売上アップを達成する企業様が出てきました。
 
「暑い夏で外に出ない」「熱中症対策で塩っ辛いものが売れた」というように
売上拡大の要因の一つに外部環境が上げられますが、
 
新規顧客(リスト)を集め続け、常に代謝の良いリストを維持し続けていたことが
2桁近い売上拡大を達成させられた要因だと考えられます。
 
通信販売では、「既存リスト数×7~13%」ほどのリストが毎年自然減少していきます。
 
この減少分を補える新規顧客を獲得していなければ黄色信号です。
今一度自社の状況を把握し、新規顧客獲得手法の見直しをオススメします。

執筆者
マーケティングコンサルタント
寳澤 賢寿
TVCM、メディア、SNSで販促をする!
2018/9/05
TVCM、メディア、SNSで販促をする!

皆様、こんにちは船井総合研究所の前田輝久です。
 
今回は養鶏家の直売店の事例から、メディア活用、SNSの取り組みと効果についてお伝えします。
 
この直売店は店舗オープンから4年で、年商2.5億円になります。4年連続で前年比110%以上の成長をしている繁盛直売店になります。この成長スピードの要因は、周辺の人口増加とその増加に対応した販促の取り組みにあります。
 
【地方ほどメディア活用はチャンス!】
 
もともとの商圏人口は車で20分圏内、折り込みチラシ2万枚を配布していました。
 
しかし、店舗のキャパシティー(売場の広さや駐車場、商品の製造等)でイベント2日間の集客が増え続け、これ以上イベント日にお客様の集客を集中させることはできないので折り込みチラシの枚数を増やすことはできなくなりました。
 
そこで取り組んだのがTVCMです。ローカルTVの夕方の天気予報の枠に20秒程度のコマーシャルを入れました。
 
その結果、お客様の集客を集中させることなく集客でき、更には、広域のお客様にも店舗を認知していただくことができるようになり、イベントに集中せず集客を伸ばし続けることができています。
 
また、経費としては、ローカルテレビのCM枠は一昔前に比べると金額は下がっており、このお店のエリアでは、夕方の枠で月間3回、20秒で月額15万円程度となり、チラシの配布でのイベントと比較しても経費を増やすことなく実施できています。
また、CM契約をすることで年間2回、放送局が取材に来てくれてローカル情報番組で紹介もしてくれています。
 
このようにある程度エリア内のシェアを獲得できた次の手段としてメディアへの広告を出すことはより広いエリアの顧客獲得には有効です。
 
今回の事例店舗では現在の取り組みに加えて、折り込みチラシの効果が薄いエリアにはFacebook広告とYoutube広告に取り組む予定です。。
 
今後は折り込みチラシの効果が強いエリア、弱いエリアなどを分析し、そのエリア特性に合った販促手法に取り組み事が必要になります。
 
ぜひ、皆様も自店の販促の効果測定をしていただき、エリア別に販促手法を再考していただければと思います。

執筆者
チーフ経営コンサルタント
前田 輝久