宅配業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

宅配・デリバリービジネス

人時生産性を上げる!配送効率改善術とは
NEW
2018/7/19
人時生産性を上げる!配送効率改善術とは

こんにちは。
船井総合研究所の迫田です。
 
弁当宅配事業においての業務フローは
①新規集客

②問い合わせ対応

③製造

④配送
 
本日は④番の弁当宅配事業における配送効率についてお話させて頂きます。
 
手段は2つです。
1度の配送効率を上げるか・そもそも配送をしないか
この2つの手段、両方を行っていく必要があります。
 
1度の配送効率をあげるためには
配送管理を綿密に行い1台当たりの配送件数を増やします。
具体的に言うと
お客様には30分~1時間の配達時間の幅を頂きお届けするといったことが必要です。
 
そして
「そもそも配達しない」について
宅配事業における物流費は、約10%が基準としてあります。
片道30分の場所に配送した場合、時給800円+ガソリン費等200円=物流費1000円となります。
 
配達を行わないために、
物流費分の1000円で店舗に取りに来て頂いた場合の
サービスをつけることが可能ということになります。
 
このように宅配を行わず店頭に誘導を行い
店舗引き取り比率が60%を超えている企業様もあるます。
 
皆様も今一度
配送業務について見直してみてください。

執筆者
迫田 和仁
益々伸びる『省人化』フードデリバリーモデル事例
NEW
2018/7/19
益々伸びる『省人化』フードデリバリーモデル事例

こんにちは。
船井総研の春日です。
 
人手不足が謳われて数年が立ち、
今後の日本人の人口動態を見ていても、これが改善される見込みはもはやありません。
 
経営者の皆様は、
「いかに良い人材を採用するか」を考えると同時に、
「いかに少ない人数で事業を回すか」を考え続けなければいけません。
 
「儲かるけれど人手がかかる」業態ではなく、「少ない人数でしっかり儲かる」業態を選択する必要があります。
 
でなければ、人が集まらず事業運営自体がエラーを起こします。
 
 
そういった観点で見た時に一つ選択肢に入れたい業態が「高級弁当宅配専門店」です。
 
ある地方の焼肉店様では、
 
高級弁当宅配事業に参入し、高級弁当宅配専門店設立1年目で
「 正社員2名+パート5名 」で
「 年商7625万営業利益額1905万 」
を達成し、
「 2期目の今期は売上1.1億円 」を見込んでいます。
 
参入してからのステップは下記の様な流れです。

 
 
こちらはその企業様の「高級弁当宅配事業」の過去3年の業績推移です。
 
簡単にまとめると、
➀既存焼肉店の売上不振をカバーするため法人向け高級弁当宅配事業に参入(2015年)
 
②月商200万を超えるようになりお断りが続出。弁当宅配専門セントラルキッチンの設立を決意
 
投資額約4000万(厨房機器2000万、設備投資2000万)でコンビニの跡地にセントラルキッチンを設立(2016年)
 
初年度の年商7625万、営業利益額1509万達成(2017年)
 
⑤2期目の今期も業績は好調。
着地は1.1億円予定、投資回収も2年半で終了見込み
パーティケータリング事業、通販事業にも参入。
 
このようなステップを歩まれています。
 
この度、
この事業構築からセントラルキッチン設立まですべてを主導した有限会社日野の日野社長に実際のリアルな苦労、成功ノウハウをお話しいただくセミナーを開催することが決定しました。
 
 
( 牛玄亭の日野社長が登壇するセミナーのお申込み、詳細はこちらから⇒http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/032907_lp.html )
 
☆こんな経営者様におすすめ
・法人向け高級弁当宅配事業強化興味がある経営者様
・高級弁当宅配専門CKの設立に興味がある経営者様
・自社サイトから弁当宅配の売上を作りたい経営者様
・店舗の端材を有効活用できるセントラルキッチンの設立に興味がある焼肉店経営者様
・慢性的な人不足で次なる打ち手に悩む外食企業経営者様
・既存のセントラルキッチンを有効活用したい外食企業経営者様
 
船井総研フードデリバリーチームが満を持して開催する「高級弁当宅配事業業績アップセミナー」。
今回は、2018年8月28日(火)大阪会場、2018年9月20日東京会場の2会場で開催が決定しました。
 
各会場先着30名様となりますので、是非早めにお申し込みください!
 
 
☆セミナーでお話する内容抜粋。
 
明日からの経営判断のヒントになる!すぐに役立つ
セミナー当日に学べる具体的なポイント

①有限会社日野氏の講演内容(一部)
■なぜ高級弁当宅配事業に参入したのか?
■既存の厨房、既存の人員で弁当宅配事業に参入し、参入1年目で「法人顧客」だけで月商200万以上の売上を上げられた秘訣
■弁当宅配セントラルキッチン設立のリアルなオカネとヒトの話。苦労・裏側
■セントラルキッチンを写真で公開!オペレーションやレイアウトを社長自ら説明します
■なぜ秋田市という地方都市でも「WEB」で販路開拓ができるのか
(WEB戦略・営業・販促・システム・リピート策等)
■パーティケータリング事業参入など今後の取り組みについて
②高級弁当宅配事業について
■弁当宅配事業社の最新事例と時流
■パーティケータリング事業・パーティオードブル事業への参入
■手数料有販路売上依存から脱却!自社販路獲得の為の営業手法
■参入後即業績UP!準備期間3ヵ月の細かな施策すべて公開 ③商品戦略について
■後発参入でも選ばれるMD戦略をズバリ公開
■繁盛店は必ず押さえている持っておくべき商品の売価
④販促戦略について
■もうポータルサイトに頼らない。自社ホームページの作り方
■地方都市でもWEBで集客!WEB集客ノウハウ大公開
■都市部と地方、商圏別これだけ販促・集客法とは?
■新規参入直後に1,000万円の売上を作ったチラシを大公開
■「今」取り組まなければ手遅れになる弁当宅配事業のWEB戦略
■検索上位から競合が消える、検索エンジンを独占する方法とは
⑤顧客管理・数値管理について
■50%以上の顧客がリピートする顧客管理手法!
■利用回数別リピート率を把握してリピート率圧倒的改善
■顧客管理から製造指示書まで一括管理できるシステムの紹介
■販促検証帳票で必ず販促効果をチェック
■VIP顧客の離脱防止!RFM分析の手法
 
等々、その他にも盛りだくさんの内容になっています。
 
( お申込み、詳細はこちらから⇒http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/032907_lp.html )
 
セミナー開催まで1か月。
前回セミナーでは満員御礼!是非お早めにお申し込みください!
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
正社員2名・P/A5名で年商1億の牛玄亭厨房の日野社長が登壇!
焼肉店・飲食店店経営者様向け高級弁当宅配事業業績UPセミナー
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/032907_lp.html
 
 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
【大阪会場】2018年8月28日(火)13:00~17:00(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2018年1月26日(金) 13:00~17:00(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
今だから考える仕出し事業の残存者メリット
2018/7/09
今だから考える仕出し事業の残存者メリット

皆様こんにちは。
船井総研中食コンサルタント林田です。
 
今回は、仕出し事業における残存者メリットのお話を。
 
どの業界でも、人手不足・採用難・高生産性が注目される昨今ですが、これは仕出し業界においても同じです。その潮流が影響し、仕出し事業を営まれる企業様が徐々に撤退しているのが回収容器(2WAY、5,000円以上などの高単価)の商品カテゴリーです。主に法事・慶事ごとに使用される商品です。
 
お付き合い企業様の多くも、生産性や高収益を目指して、使い捨て容器(1WAY、3,000円~4,000円の低中単価)への切り替え、もしくはそれら商品をメインとした品揃えをしています。
 
一方で、法事ごとを中心に回収容器への需要は一定数存在します。
多くの企業様が使い捨て容器に切り替える一方で、需要が存在する為、回収容器需要は残存者(未だにその商品を持っている企業様)へ徐々に集中していきます。
 
回収容器のデメリットは、
・配膳、回収の手間
・労働時間、人手が必要
・自社での洗浄や管理が必要
・利益率の低さ
などが挙げられますが、一方でメリットは
・今後需要が集中する
・利益額の大きい(率が低くても単価が高いため)
が挙げられます。
 
上記のようなメリット・デメリットのみで商品追加・撤退の判断を下すのは危険ですが、今の潮流ではなくとも、自社持っている商品が強みになりうることも考えたいものです。
 
また、あるお付き合い先の企業様では、この回収容器(高単価商品)需要への対応として、
使い捨て容器ではあるものの、回収容器風の高単価商品を作り、一定金額以上もしくは配送料支払いで、回収・配膳対応をする商品を作るといったハイブリット的な対応をしている企業様もあります。
 
今の潮流に対応する事も非常に大事ですが、
一方で自社の強みとなりうる商品や、競合・他社状況など
常に環境・状況を見て、考えた戦略を検討して頂きたいところです。

執筆者
林田大碁
既存顧客基盤の強化に向けて
2018/7/09
既存顧客基盤の強化に向けて

皆様の会社では「利用回数別リピート率」
という指標を把握されていますでしょうか?
 
「利用回数別リピート率」とは、
直近1年間の全顧客を対象として、
・それぞれ自社の商品を年間で何回利用しているか?
・各回数のリピート率を算出した上で、何回目から何回目への引き上げに問題があるか?
を把握するための指標です。

執筆者
岩松 将史