宅配業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

宅配・デリバリービジネス

仕出し事業の年末年始(繁忙期)売上の課題と対策について考えましょう。
NEW
2018/9/14
仕出し事業の年末年始(繁忙期)売上の課題と対策について考えましょう。

皆様、こんにちは。
船井総研 中食コンサルタント林田です。
 
本日は、「繁忙期売上」のお話を。
 
今年のお盆も終わり、年末年始が近づいています。
ご訪問先でも、お盆売上結果が出ていました。
主に地方商圏の企業様の売上傾向をみると、やはりオードブルの売上構成比が多くを占めています。
 
この傾向は、仕出し・宅配事業を営む多くの企業様でも近しい傾向なのではないでしょうか。
繁忙期売上最大化のために、「売れる時期」に「売れるもの」を「売り切る」ことは必要不可欠なのですが、
一方でオードブルの課題は「注文単価の低さ」にあるのではないでしょうか。
 
仕出し事業の簡単な売上公式では、
「売上=注文件数×平均注文単価」
となります。
 
お付き合い先でも、3枚で10,000円(7~8人前)や大皿の盛り合わせ7,000円前後(5~6人前)などで販売していますが、これらの商品のみで注文が完結してしまう為、例えば法人用会議弁当の注文単価2~3万円のようにはなりません。
そのため、上記公式から、売上を伸ばす為には注文件数を増やさなければなりません。
 
一方で地方商圏を中心に、今後人口減少、新規注文見込み客減少などによって注文件数は増えづらい、獲得しづらい状況になります。
そのため、
「注文単価を上げていくこと」
に注力していく必要があります。
 
注文単価アップ施策の方向性として大きく2つです。
① クロスセル商品の追加(商品面)
⇒寿司を中心とした飯類系商品(一括注文できる手間の省きに注文取
り込み)
蟹やステーキなどの嗜好性の高い1人前商品(ちょっと1品食べた
い需要の取り込み)
② クロスセルの推進(販促・オペレーション)
⇒販促物(紙、WEB等)への複数購買推進の記載
 TELオペレーション時の誘導
 複数購買時の割引価格の表記
があります。
 
繁忙期は手数が多く、忙しい一方で売上数字が伸びづらい。もっと売上を伸ばしたいとお考えの皆様「注文件数」も大切ですが、「注文単価」にもフォーカスして繁忙期売上を考えてみるのはいかがでしょうか。
 

執筆者
林田大碁
フードイベント企画運営事業の可能性
NEW
2018/9/14
フードイベント企画運営事業の可能性

こんにちは。
船井総研の春日です。
 
近頃、日本全国のフードデリバリー事業を展開されている経営者様とお話をしていると、
 
企業様の周年イベント、竣工式、地鎮祭、謝恩会、入社式、同窓会などなど食にまつわるイベント=フードイベントに弁当やケータリングをお持ちすることが増えてきたという話をお聞きします。
 
これは何も首都圏に限った話ではなく、地方都市でも同様です。
 
女性の社会進出、企業の働き方革命、福利厚生の強化、などなど様々な要因が重なってのことかと思います。
 
 
そこで、そのような時流を敏感にとらえ、
ただ単に美味しい料理を持ってきてという話だけはなく、
 
①企画立案
ヒアリング、企画書作成、会場選定、見積もり作成
②事前準備
会場手配、準備物作成、参加受付代行、器材・備品手配
③当日運営
会場設営、受付対応、映像・音響対応、
④事後処理
お礼状の作成・発送、報告書作成
 
といった企画運営代行事業を組み合わせたフードイベントトータルプロデュース事業を展開される企業が首都圏を中心に増えてきています。
 
フードイベントの案件を一括で自社で受注し、
提携先の業者様とうまく役割分担をしながらイベント全体をプロデュースしてしまおうという試みです。
 
 
「美味しい料理を届けることができる」という強みと、
「コミュニティー創造」という時流を掛け合わせたフードイベントトータルプロデュース事業は、
 
少なく見ても企業の中食事業(弁当宅配・ケータリング)売上を倍以上にするポテンシャルを持っています。
 
地域で一番のイベント受注プラットフォームを一番早く作ってしまう。
 
これがポイントになりそうです。
 
各地域で成功事例が出始めています。
もし気になる方がいらっしゃいましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
人手不足対応で取り組まなければいけない3つのこと
2018/9/12
人手不足対応で取り組まなければいけない3つのこと

皆様こんにちは、船井総研の小林です。

 

中食業界は現在成長期マーケットですが、

一方で備えなければならないリスクが

あります。

 

それが、

①人口(胃袋)減少による市場規模縮小

②労働人口減少による国内労働力の下落

です。

 

特に②に関してはすでに顕著化しており、

人手不足時代への対応が目下の経営課題と

なりますが、この人手不足自体が

労働人口の減少からくるメガトレンドです。

 

つまり、既存の経営体質、会社のあり方の

延長で、採用を強化しても成果を上げる

ことが難しいわけです。

 

ここを根本的に見直すために取り組む

べきことが3つあります。

 

①人手不足対応を前提とした業態転換

②高騰する採用・定着コストの吸収

③人手に依存しない仕組みの構築

 

です。

 

①については、ロイヤルホストさんや

オリジン弁当さんなど、大手企業も

実施された24時間営業廃止の流れが

顕著です。

 

そもそも外食・中食業界自体が

不人気業種だったなかで、

業態のあり方を変え、消費者にも

求職者にも選ばれる業態へと

転換する必要があります。

 

また、こういった業態転換も含めて、

雇用した方に長く働いてもらう、

そもそもここで働きたいと思って

もらうために、会社自体の労働環境を

整備する必要があります。

 

こういった部分への投資やそもそも

採用条件を改善することで、

今後、人材コストはどんどん高騰します。

 

そこで重要なことが

②の採用・定着コストをどこで

吸収するか、ということです。

 

このコストを吸収するためには、

必然的に高収益化が必要になります。

 

そもそも収益(=利益)は売上-経費

であるため、売上を最大化するか、

経費を最小化するかのどちらかに

取り組まなければいけません。

 

ただ、今後人材コストだけでなく、

食材原価も高騰するなかで、

経費の最小化は実現可能性が低い戦略です。

 

したがって、売上の最大化に取り組む

ことになりますが、多拠点化には

人材リスクが伴うなかで、

いかに1拠点の売上を最大化することが

できるかがポイントになります。

 

例えば、沖縄のあいあいケータリングさん

では、弁当・オードブルの宅配、企業向け

ケータリング、寿司出前のFCを展開され、

1拠点で年商4億円を実現されています。

 

また、同じく沖縄の上間天ぷらさんでは、

持ち帰り弁当・天ぷら店を5店舗展開

されていますが、無店舗型のパーティ

ケータリングや法事等の仕出しを

各店舗に付加することで、1店舗あたり

1億円の売上を作られています。

 

こういった形で、

特に中食業界では1拠点売上最大化を

追求することになりますが、

複合化することで招く生産性ダウンに

備えて、③の人手に依存しない仕組みの

構築(=生産性アップ)に取り組みます。

 

中食業界における生産性アップについては、

これまでメルマガ内でも何度かお伝え

しているので、詳細については

割愛させて頂きます。

 

いずれにしても、今後の人手不足時代に

対応するために、上記3つの取り組みを

検討して頂ければと思います。

 

また、今回本コラムにてご紹介させて

頂いた、「あいあいケータリング様」と

「上間天ぷら様」2社の視察ツアーの

開催が決定いたしました。

 

この機会に、上記の取り組みを

実践されている2社様の取り組みを学び、

今後の経営に活かして頂ければと思います。

 

 

執筆者
チームリーダー / シニア経営コンサルタント
小林 耕平
仕出しにおける法事案件の受注強化の流れ
2018/9/10
仕出しにおける法事案件の受注強化の流れ

いつもコラムをご購読頂きありがとうございます。
船井総研の船越です。
 
古くから仕出し業を営まれている企業・店舗様にとって、
葬儀周りにおける通夜―火葬―精進落としの、
いわゆる「葬儀」における販路の業績を落としている…
という方も、少なくないのではないでしょうか?
 
とはいえ、
新しいブランドを増やし、商品を増やし、
という流れが難しい店舗様もいらっしゃいます。
 
そのような店舗様には、
紹介ではない直接頂く法事案件の獲得強化を狙って頂いています。
 
なぜかというと、
・既存の顧客、既存の商品で
・営業努力が怠りがち
な販路であるためです。
 
特に絞り込んで狙うのは、自宅で行われる法事です。
ある地域一番店舗様ではこの販路で年間約2,500万の受注があるにも関わらず、法事販路の中でも圧倒的に寺院への配達が多く、全体の20%にも満たず、全体の売上構成比上では5%にも満たないためにないがしろになっていました。
 
この販路の開拓を進めるためにも、
☆なぜ家で法事を行うことが良いのか?
☆家で行うシーンで最適な商品の開発と提案
☆直接注文を検討される顧客へのアプローチのタイミングと媒体
を整備する必要があります。
 
もちろん法事案件は葬儀会社も今後受注を狙うマーケットですが、
店舗としていち早く顧客化し、様々なシーンで利用してもらうことで「ハレの日料理」のポジションに入り込めば、確実に可能性が上がります。
 
ぜひ、ご参考にして頂ければ幸いです。

執筆者
マーケティングコンサルタント
船越 良