菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

スイーツビジネス

ライフサイクルが進む京都の菓子マーケットから見る、今後菓子業界が取り組むべき方向とは。
2019/9/13
ライフサイクルが進む京都の菓子マーケットから見る、今後菓子業界が取り組むべき方向とは。

 

今、改めて「日本の菓子業界」を見直すなら京都へ!

 

現在、京都市には多数のインバウンド客が来ており、2018年の外国人宿泊客数は450万人になります。ただ、一方で京都市は2005年から人口減少し、高齢化している都市です。そのため、いかにして従来だけのお客様だけでなく、新規の客層を取り込んでいくかが重要になっている先進的な都市部になっています。

 

また、京都は元々和菓子文化でしたが、今では全国菓子消費金額市町村別ランキングでも洋生菓子の消費金額でTOP10入りするなど、京都市民全体として洋菓子文化を取り入れている地域になっています。そのため、国民の味覚の変化に合わせた店舗₋商品開発が必要とされる地域になっています。

 

そんな市場動向の中、注目のブランドが京都から多数!

 

<単一素材に特化させた店舗ブランド>

・素材特化型のスイーツ専門店で行列する店舗(三条)

・素材特化×単品特化のスイーツ専門店で人気な店舗(三条)

 

<カフェを強化させた体験型・滞在型の菓子店>

・カフェが連日行列で店舗の知名度が拡大(東山)

・カフェの主力単品が有名になり県外客で大行列(東山)

 

<高付加価値の単品に絞った菓子店>

・チョコレートという高付加価値商材に絞った菓子店(三条)

・チーズケーキという高付加価値商材に絞った菓子店(東山)

 

その他様々な注目店舗が誕生してきているのが、京都の菓子マーケットです。ぜひ、この注目のマーケットを令和元年から見ておくべきです。

 

京都で複数店視察!!

スィーツビジネス研究会繁盛店視察ツアー2019in関西

 

<10月8日(火)>

・9時30分京都駅集合

・ラ コリーナ近江八幡、パティシエ エス コヤマご訪問

・19時京都駅解散

 

<10月9日(水)>

・8時30分京都駅集合

・京都三条エリア、京都東山エリア視察

・マールブランシュ他ご訪問

・14時30分頃京都駅解散

 

お申込みにつきましては、

下記のURLより専用ページにアクセスいただき、

そちらからお申込みくださいませ。

http://go.funaisoken.co.jp/Mr0N0R0SSvfNX00Q20yL0c0

執筆者
川村 諒志
プロフィール
京都の新定番土産「茶の菓」を生み出した事業戦略とは?
2019/9/13
京都の新定番土産「茶の菓」を生み出した事業戦略とは?

いつもメルマガをご愛読いただき誠にありがとうございます。

船井総合研究所スイーツチームの永尾です。

 

今号では、先日のメルマガでご案内させていただきました2019年繁盛店視察ツアーin関西にて特別視察&ご講演予定の株式会社ロマンライフ様について、ご紹介をさせていただきます。

 

八つ橋などの従来の定番土産菓子をおさえて、近年、新たな京都土産として人気を博している「茶の菓」というお菓子を皆さまはご存知でしょうか。

 

抹茶本来の甘味を引き出す「お濃茶」を表現した宇治抹茶のラングドシャに、濃厚なホワイトチョコレートが挟まれた、京都らしい和の風味が溢れるお菓子です。鮮やかな濃い抹茶色の焼き菓子の表面には「京」「茶」「菓」の3種類の焼き印が施され、見た目からも京都の洗練された雰囲気を感じることができます。

 

「茶の菓」を開発したのは、「京都クオリティ」を事業コンセプトに、洋菓子の製造・販売、レストラン事業を手掛ける株式会社ロマンライフ。

 

その母体は1951年に京都市で開業した喫茶店「ロマン」からスタートし、その後も多数の外食店を出店し事業を拡大しました。

1982年にはより高所得者層をターゲットにした新たなブランドとして、高級洋菓子店の「マールブランシュ」をオープン。当初業績が伸び悩むなかで、京都土産として使える“洋菓子”がないことに気付き、開発したのが「茶の菓」でした。

 

2007年販売された「茶の菓」は、現在では京都市内に立地を絞りながらも、直営店を13店舗展開しています。

 

商品開発では、長く京都の地で事業を行ってきたノウハウを活かし、京都の文化や素材、伝統的な茶葉の農法など、商品・店舗を通したコンセプト発信に特に力を入れられています。

 

現在でもフォンダンショコラやアイス、夏季限定で川の茶葉を使用した「涼 茶の菓」など、季節や時流に合わせて派生商品も多数開発し続けることで、顧客に飽きられない、魅力的なブランドコンセプトを守ってこられています。

 

視察セミナー当日は、実際に京文化のコンセプトを表現された、清水坂店の視察と合わせて、常務取締役河内優太郎氏に下記のポイントについて特別にご講演をいただきます。

 

(1)京都の新定番土産「茶の菓」誕生秘話

(2)なぜ、これほどまで売れたのか?「茶の菓」ヒット商品化への軌跡

(3)創業68年、事業展開しながら成長・発展し続ける事業戦略のポイントとは

(4)新業態開発、海外展開・・・、マールブランシュの描く未来

 

 

大変貴重な機会ですので、ご興味を持たれた方は、ぜひ視察ツアーにお申込みいただき、今後の企業経営の糧としていただければと思います。

 

 

******

スィーツビジネス研究会繁盛店視察ツアー2019in関西

 

・10月8日(火)

9時30分京都駅集合

ラ コリーナ近江八幡、パティシエ エス コヤマご訪問

19時京都駅解散

 

・10月9日(水)

8時30分京都駅集合

マールブランシュ他ご訪問

14時30分頃京都駅解散

******

 

お申込みにつきましては、

下記のURLより専用ページにアクセスいただき、

お申込みいただけますと幸いです。

http://go.funaisoken.co.jp/Mr0N0R0SSvfNX00Q20yL0c0

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

執筆者
永尾 俊晴
プロフィール
誰に買ってもらうのか?ターゲティングを明確にしたイベントをまずは企画しましょう♪
2019/9/06
誰に買ってもらうのか?ターゲティングを明確にしたイベントをまずは企画しましょう♪

みなさま

いつもありがとうございます。

地域食品振興グループの金尻です。

まだまだ暑い日が続きますが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

 

今回のメルマガでは自社のお客様を把握するためのイベント企画に関してご紹介させていただきます。

さて、「マーケットアウトの考え方」(生産者側が良いものをつくるという発想)から「マーケットインの考え方」(消費者や市場が望むものをつくるという発想)へどんどん移行している今日ですね。

みなさまも常に“どんな人が私たちのお客様なのか”と絶えず意識されているかと思います。店舗に来て下さる方を観察等されていますでしょうか。しかしながらよく店舗に来て下さる方、通販の注文を頂く方、昔からの既存のお客様ではございませんか。。?

新しいお客様を呼び込めてられてますでしょうか??

 

研究会やセミナー等でよくお話させていただくのは、自社の過去の成功・過去の方針に対して「現在もそれで良いのか?」と疑問を持たなければ次の改革・成長機会を見失うことになりかねません。

 

国内市場全体はどんな状態なのか?

それに合わせて自分たちはどんなお客様に、どんな商品を提供すれば良いのか?

もう一度考えてみても良いかもしれません。

 

☆買い手を理解する3ステップ☆

ステップ1:セグメンテーション

消費者の属性(性別、年齢、世帯年収、ライフスタイル等)に応じて消費者をグループ分けする。

ステップ2:ターゲティング

様々な消費者の中から自社が対象とする消費者グループを特定する。

ステップ3:ポジショニング

競合よりも自社の商品・サービスを高く評価してもらうための位置づけを決める。

 

加えて、やはり多数の消費者とのふれあいも大事です。

既存のお客様の声・新規のお客様の声に耳を傾けることでアイデアや改善点が見えてくることもあります。

 

「多数の新規・既存客を集める」に関して弊社がまずメーカー様にご提案させていただきたいのは、工場祭り・蔵開きの開催です。

どんな消費者にどんなニーズがあるのか、肌で感じることができますし、何より地元密着のため、お客様の企業への愛着も生まれますよ!

 

ここで、関連セミナーのご案内です。

9月10日(火)に「たった2日で5000人集める工場祭の秘訣大公開セミナー」を実施します。狭い・知られていない・スタッフがいない、、そんな“できない理由”を一蹴する内容となっております♪

ゲストには美富久酒造株式会社 藤居社長をお招きし、ざっくばらんに準備物や費用に関してお話いただきます。

少しでも興味のある方はウェブサイトをご覧ください♪

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

金尻

執筆者
金尻 夏美
プロフィール
パティシエ エス コヤマが商品カテゴリごとに「分家」出店戦略をとった理由とは!?
2019/8/29
パティシエ エス コヤマが商品カテゴリごとに「分家」出店戦略をとった理由とは!?

いつもメルマガをご愛読いただき誠にありがとうございます。

 

今号では、先日のメルマガでご案内させていただきました

2019年繁盛店視察ツアーin関西のスペシャルゲストとして、

ご講演予定のパティシエ エス コヤマ代表取締役小山進氏のご紹介をさせていただきます。

 

 

兵庫県の中心部である神戸市から30㎞以上離れた三田市の住宅街にあるスイーツテーマパーク、パティシエ エス コヤマ。

 

約1500坪にもおよぶ広大な土地に、ブーランジュリー、生ケーキ専門店、8つの施設が立ち並び、スイーツ店の集合体として、ひとつのビレッジのような空間となっています。

 

なぜ、商品カテゴリごとに「分家」させる出店戦略をとったのか。

小山氏は、商品だけでなく、店舗空間、購買体験まで全てにおいて緻密なデザインが重要だと語ります。専門店として分家させることにより、商品カテゴリごとに世界観をデザインすることができる。その一つがビレッジ化戦略ということです。また、そのデザインは、同業種から真似をするのではなく、異業種を参考にしたアイディアなど、独自の観点で世界観を作り上げる小山氏。

 

ロールケーキの現代に必要な形を問い続けた「小山ロール」で一世を風靡し、さらにはフランスのチョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT PARIS」に出店し、初出場の2011年から「C.C.C.」コンクールにて8年連続の最高位獲得しました。

 

当日は、小山進氏の成功哲学とエス コヤマの世界観に触れ、

地域との結びつきや文化の発信について詳しくお話をいただきます。

 

その他、8つの施設の解説付き見学と小山進氏のご講演にて、

下記のポイントを学ぶことができます!

 

(1)特徴ある8つの施設を解説付きで見学!

(2)本店を中心として商品カテゴリごとに「分家」させる出店戦略とは

(3)あえて立地の悪い住宅地、三田に出店した理由

(4)支店は持たない!エスコヤマの世界観・ブランド作りはどのようにして行われているのか

(5)エスコヤマの文化を形作る人材育成の仕組み

(6)三田という地域との結びつき、地域の活性化への貢献について

(7)今後の菓子マーケットの変遷とエスコヤマの未来について

 

いかがでしょうか。

大変貴重な機会ですので、ご興味を持たれた方は、ぜひ視察ツアーにお申込みいただき、今後の企業経営の糧としていただければと思います。

 

スィーツビジネス研究会繁盛店視察ツアー2019in関西

 

・10月8日(火)

9時30分京都駅集合

ラ コリーナ近江八幡、パティシエ エス コヤマご訪問

19時京都駅解散

 

・10月9日(水)

8時30分京都駅集合

マールブランシュ他ご訪問

14時30分頃京都駅解散

 

お申込みにつきましては、

下記のURLより専用ページにアクセスいただき、

そちらからお申込みくださいませ。

http://go.funaisoken.co.jp/Mr0N0R0SSvfNX00Q20yL0c0

 

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

執筆者
吉田雄飛
プロフィール