菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

スイーツビジネス

スイーツの異業種参入は何を売るかで勝負が決まる!
NEW
2018/7/19
スイーツの異業種参入は何を売るかで勝負が決まる!

皆様、こんにちは船井総合研究所の前田輝久です。
 
今回は異業種からスイーツ事業に参入して成功するためのポイントを商品選定の側面からお伝えいたします。
 
異業種からスイーツに参入する際によくあるのが
「何をつくったらよいのですか?」
という質問です。
 
その時に一番優先的に考えなければならないのは市場(マーケット)のある商品であるかどうかです。
 
マーケットがあるかどうかという判断ですが、難しく考える必要はなく、昭和の時代からずっと売れている商品を思い浮かべればよいのです。
 
具体的には、シュークリーム、プリン、チーズケーキ、ロールケーキ、ショートケーキ、チョコレートケーキ、和菓子であれば大福、どら焼き等になります。皆様も名前を聞けばどんなものか味も含めてイメージできるものです。
 
最近ブームとして売れている商品も昔からある商品になります。スイーツ業界で売れている商品を15年ほど前からさかのぼると、「なめらかプリン」、ビアードパパ等の「できたてシュークリーム」、「スフレチーズケーキ」、「リクローおじさんのチーズケーキ」、「堂島ロール」等々になります。その他でブーム的に売れたものはバームクーヘン、生キャラメル、チーズタルトくらいでしょうか。
上記の3アイテムもバームクーヘンやキャラメルも昔からある商品になりますし、チーズタルトは少し該当しないかもしれませんが、チーズケーキの変化球だとも考えられます。
 
このように皆様になじみのなる商品というものが基本的にはマーケットのある商品になります。そしてヒットした商品はそこに素材や製法に特徴があったり、実演性があったりしてヒットしています。
 
そのような話をすると時々いらっしゃるのが「もっとオリジナリティーのある商品を取り組みたい」という方です。
 
しかし、商品そのものが珍しい(なじみのない)ものは、そもそもの消費のマーケットが存在しないために成功する確率は低くなってしまいます。
 
したがって、異業種で成功するためにはマーケットの大きな商品で自社の強みや特徴を生かした商品開発をすることになります。
 
私がコンサルティングでお手伝いさせていただいた異業種から参入して成功している企業も取り組んだ商品は養鶏家が卵の特徴を活かしたプリンやシュークリームであったり、製茶業の方が茶(抹茶)を使った大福やどら焼きだったりします。
 
あとは、マーケット以外の商品選定でポイントになるのは、「製造が素人で可能」ということになります。
 
ショートケーキやチョコレートケーキなどのデコレーションなどの技術の必要な商品は異業種から参入する場合は人の手配で苦戦することが多いので、専門的な技術のいらない商品を選定することが重要なポイントになります。
 
このようにマーケットのある技術のいらないスイーツに参入されて成功されている企業が船井総研のご支援先でも増えてきています。
 
このようなビジネスに興味を持たれた方は是非一度下記の資料をダウンロードして頂けると幸いです。
 
菓子新規参入 スタートアップガイド
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=kashi-startup-201703#_ga=2.186852456.1745352078.1531297169-58300738.1523939004
 
激変する観光菓子市場を攻略する「単品専門店モデル」大公開!
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=kashi-tanpinsenmon2017#_ga=2.245935172.1745352078.1531297169-58300738.1523939004

執筆者
チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
とうとう食品・スィーツ通販企業がInstagram必須になった理由
2018/7/09
とうとう食品・スィーツ通販企業がInstagram必須になった理由

こんにちは。
船井総合研究所、フードSPAG 小林駿介です。
ここで紹介いたしますのは
通販企業のSNS事情が劇的に変わる。
2018年6月5日にリリースされたInstagramの新機能「Shop Now(ショップナウ)」です。
こちらの機能、アメリカでは先にリリースされていましたが、WEB通販の考え方が根底から代わってしまうような大きな機能であるため日本でもリリースが待ち望まれておりました。
 
細かい仕様などは把握しなくても大丈夫です。
 
まずはSNSで何ができるようになって、それに対して自社は対応すべきなのか?対応するとしたら何をすべきなのか?
ということを把握しましょう!
 
■この記事のポイント
・経営者が知っておくべき、Instagramの新機能「Shop Now」とは?
・食品・スィーツ通販企業がまず対応しておきたい4つのポイント
 
■経営陣が知っておくべき、Instagramの新機能「Shop Now」とは?
~経営者の皆様がここで認識しておきたい点は3つ~
・SNSでお客さんとつながることが重要になってくる
・Instagramからの購買が促進するため写真が重要
・通信販売の新規顧客獲得のためSNSの活性化が必須
 
2018年6月5日にInstagramから発表された「Shop Now」はInstagramで投稿された写真に写っている商品にタグを設置して商品詳細ページや通販購入ページ、アクセスページに誘導することができるツールです。
 
これまで消費者がSNSで新商品を見つけたときに通販で購入する流れは
商品を見つける(認知する)→キーワード検索する(検索する)→購入・来店する(購買する)
という流れでした。
 
しかし、この「Shop Now」の機能ができたことによって
商品を見つける(認知する)→購入・来店する(購買する)
と、1つステップがなくなったのです。
 
1つステップがなくなったことにより実現された点は2つ
・消費者購買比率がUP
・SNSにて販促を行った際に効果があったのかが細かく測定可能
ということです。
 
今まで、SNSに対しての販促を行ううえで問題となっていた費用対効果を測定する点がこの「Shop Now」ではクリアになっているということです。
 
食品・スィーツ通販企業では新規顧客の取り込みのため日々、あらゆる媒体で新規顧客取り込みの施策を行い、その費用対効果を計測しているかと思います。
この「Shop Now」はその新たな新規顧客取り込みのツールとして無視できないツールとなっていくのではないでしょうか。
 
 
■食品・スィーツ通販企業がまず対応しておきたい3つのポイント
ここでは、さきほどの「Shop Now」を実行する上で必要な条件を整理します。
1. Instagramをビジネスアカウントに移行する
こちら、意外と企業アカウントで行っていないところが多いですが、Instagramをビジネスアカウントに移行しておくことが必要です。
ビジネスアカウントに移行するとできるようになること、できなくなることがございますのであらかじめ確認して移行するようにしましょう。
「Shop Now」はビジネスアカウントに移行しているもののみが対応可能です。
 
2. Instagramと所有権のある方のFacebookとを連携する
Instagramで広告を出す際に必須ですが、この「Shop Now」を利用する上でもFacebookとの連携は必須です。
 
3. Facebookページで商品を販売できる状態にする
具体的には以下の3つのどれかをクリアすることが必要です。
・ショップセクションを追加
・ビジネスマネージャーでカタログを作成
・国内事業者のECプラットフォームと連携
 
以上3点はとりあえずやっておいたほうが良い対応です!
 
 
・・・とはいえ、結局どうすればいいのかわからない。。。
という方のために
船井総合研究所では各社にあったSNSの運用提案をさせていただいております。
これからSNSの活用をかんがえていらっしゃる方。
是非、お気軽にご相談くださいませ。
 
 
◆小林へのお問合せ・ご相談はこちらから
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html

執筆者
小林 駿介
「働き方改革」は「稼ぎ方改革」
2018/7/06
「働き方改革」は「稼ぎ方改革」

いま国の施策として日々ニュースにもあがる「働き方改革」、
皆様はどんな印象を持たれているでしょうか。

 

長時間労働、残業代未払い、ホワイト企業化など、

連日メディアも取り上げています。

 

経営者の皆様に考えて頂きたいのは、

「働き方改革」とはすなわち「稼ぎ方改革」という事です。

 

 

「働き方改革」ポイント①

〜”誰かにしかできない”ことを”誰かでもできる”ことへ〜

 

世の中には、高度な技術を持った専門家や

特別な修練を積んだ方だけができる職業が

数多く存在しています。

しかし、複雑な仕事も少し紐を解けば、

素人や一般人でもできる業務が出て来るかもしれません。

「稼ぎ方改革」の第一歩は

自社の「誰かにしかできない」仕事を見直して、

「誰かでもできる」仕事をたくさん見つける事です。

長い期間の修行を積まなくても、

短時間勤務でも新卒社員もできる仕事が見つかるかと思います。

 

「働き方改革」ポイント②

〜キーワードは「分業化」〜

 

「誰かでもできる」仕事を社内で見つける際の

キーワードは「分業化」です。

 

例えば飲食店のホールスタッフであれば、

「接客」、「会計」、「テーブルセット」、「片付け」など、

いくつもの細かい仕事に分業できます。

 

「接客は苦手だけど片付けだけなら」、

「会計は難しそうだけどドリンク作りなら」、

分業化により活躍できる人材の幅を広げる事ができます。

 

「働き方改革」ポイント③

〜採用力=選ばせる力×選ばれる力〜

 

「インディードを始めたけど全然人が来ないんです…」、

「入社してもすぐに人が辞めます…」

 

「採用力」というと新しい採用手法や

求人の出し方を変えるだけで、

一時的に求職者に「選ばせる」力だけを

磨いている企業様もいらっしゃいますが、

 

実際は仕事の中身や条件そのものを魅力的な内容に変えて行き、

「選ばれる」力を同時に磨いて行く必要があります。

 

 

「働き方改革」という言葉も使い慣れて来ましたが、

自社のビジネスモデルにどんな形で落とし込むか、

改めてご検討頂ければと思います。

執筆者
人財マネジメントコンサルタント
釼持 哲史
初年度1億・営業利益率15%以上の高収益スイーツ業態の秘訣を学べる観光菓子マーケットの視察ツアーを開催!!
2018/6/19
初年度1億・営業利益率15%以上の高収益スイーツ業態の秘訣を学べる観光菓子マーケットの視察ツアーを開催!!

今!観光菓子マーケットに単品スイーツ専門店で参入し、
短期で一気に成功される企業様が多くいます。
 
・事例① 異業種から単品スイーツ専門店に参入し、初年度から
     売上1億円見込み、営業利益率30%以上。
・事例② 異業種から単品スイーツ専門店に参入し、
     20年以上に渡って売上約2億円を単品で売り続ける。
・事例③ 異業種から単品スイーツ専門店に参入し
     店舗OPENからたった4年で海外へ4店舗、
     同じ観光立地で他単品ブランド化まで展開。
 
等々、さらに近年多くの成功事例が出てきています。それには、
大きく観光菓子マーケットには5つのメリットがあり、参入のチャンスになっています。

執筆者
川村 諒志