菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

スイーツビジネス

世界的スイーツブランド「ピエール・エルメ・パリ」の日本市場における販売チャネル戦略と今後のアジア展開について
NEW
2019/3/25
世界的スイーツブランド「ピエール・エルメ・パリ」の日本市場における販売チャネル戦略と今後のアジア展開について

 

パリ、ロンドンをはじめヨーロッパ、日本・アジア、中東をメインに世界13カ国に展開し、世界的な人気を誇る「ピエール・エルメ」。

 

実はその1号店は、フランスではなく、日本だったというのはご存知でしょうか?

 

1998年に、東京・赤坂(ホテルニューオータニ内)に第一号店をオープンし、日本国内には現在14店舗を構え、昨年の2018年冬にスイーツだけでなく日本全国の農家や小さな食品メーカーが作る調味料などの食材や雑貨などを集めた、エルメ氏にとって世界初のコンセプトショップ「Made in ピエール・エルメ」を東京・二重橋にオープンしています。

 

ブランドロゴもカタカナにするなどアジア含め世界展開を見越した「実験的な意味もある」というこの店で、エルメ氏は「日本の生産者を海外へ紹介すると同時に、カジュアルな雰囲気で、若い世代にアプローチ」を狙っています。

 

このコンセプトショップでは、マカロンや焼き菓子などの通常のメニューのほか、総菜も販売されています。

 

自ら現地を訪れ仕入先を開拓した、こだわりの生産者から届く「ピエール・エルメ」ブランド米を使ったご飯の上にヘルシーで低脂肪のチキンやマグロなどの丼、野菜をたっぷり使ったサイドディッシュが付いた「Made in ピエール・エルメ」オリジナルの「Bento」を販売しています。

 

世界的な「Bento」ブームと相まって、日本だけに留まらない展開への試金石とも言えます。

 

「食事は健康のために、スイーツは喜びのために」

 

というコンセプトの下に展開するピエール・エルメの新たな挑戦として、
兵庫県の城崎温泉街に3月1日、期間限定ショップスペース「MMM」(兵庫県豊岡市城崎町湯島)をオープン。ドレッシングや米、ホワイトデー限定マカロンなど日本各地の生産者とコラボした食品や調味料、エプロンなどのキッチン雑貨、Tシャツなどを販売し話題となっています。

 

城崎温泉は「ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン」に掲載されるなど、近年、国内だけでなく海外の観光客にも人気のスポットです。城崎温泉を皮切りに国内外の観光客にアピールし、今後は全国各地でポップアップストアを展開していく構想もあると言います。

 

百貨店のスイーツ市場の停滞、人口減少、インバウンドの増加、 Christophe Michalakやエシレ・メゾン デュ ブールなど新たな海外ブランドの日本市場参入などの変化の中で、これまで20年以上、日本のスイーツ業界確固たる地位を築き上げるとともに、常に新たな展開を行う「ピエール・エルメ・パリ」。

 

日本市場ならびにアジアでの今後の展開を4月11日の食品経営研究会ならびに、4月17日のスイーツビジネス研究会で日本法人代表リシャール・ルデュ様にご講演いただきます。

 

またとない機会ですので、ぜひこの機会にお話をお聞きいただき、自社のブランディングや商品開発のヒントに、更には今後の日本国内での販売チャネル戦略・アジア展開の参考にしていただけるのではないかと思います。

 

上記講演会へのお申込み、ならびにスイーツビジネス研究会・食品ビジネス研究会の概要は下記となります。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

常に新たな挑戦を展開する世界的なスイーツブランド「ピエール・エルメ・パリ」

日本法人代表:リシャール・ルデュ氏による

【「ピエール・エルメ・パリ」の日本市場の販売チャネル戦略とアジア展開】

 

〇スイーツビジネス研究会

日時:4月17日(水)11:00~16:30

場所:船井総研 東京本社

https://funai-food-business.com/biz-confectionery/study/

 

〇食品ビジネス研究会

日時:4月11日(木)11:00~16:30

場所:船井総研 東京本社

https://funai-food-business.com/biz-food/study/

 

初めてご参加の方は1名様無料でのご招待となります。

(お席に限りがありますので、先着順・お断りすることがございますので、予めご了承ください)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

執筆者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール
観光地はソフトクリームで集客力UP!観光地で話題になるソフトクリームとは?
2019/3/13
観光地はソフトクリームで集客力UP!観光地で話題になるソフトクリームとは?

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
船井総合研究所の吉田です。

観光立地や観光地近郊でスイーツ店やカフェ、土産店等を運営されている経営者様、
3月中旬から4月上旬にかけた春休みへの対策は万全でしょうか?

観光立地では、3月は学生の春休み、修学旅行等の影響で、
食べ歩き用商品の需要が増加傾向にあります。

また、観光立地のスイーツ店の数字を見ていますと
年間を通して3月の客数、売上が一番高い店舗もあり、
春休み対策としての食べ歩き需要の強化により
集客対策を万全にしておくことが重要になります。

特に太宰府天満宮、善光寺、鎌倉等の参道立地の観光客は、
食べ歩きしながら周りのお店を見て回るという行動をとることが多い傾向にありますので、
参道立地ではほぼ必須の

食べ歩き商品の種類としては、ソフトクリーム、大福、団子などありますが、
本日は春の気温上昇による需要が拡大傾向にあるソフトクリームについてお伝えさせていただきます。

ソフトクリームは観光地、道の駅などに行くと必ずと言っていいほど目にする定番の
食べ歩き商品だということは皆様も十分お分かりかと思います。

やはり、弊社でサポートさせていただいている、単品スイーツ専門店の数字を見ても、
ソフトクリームの構成比は平均で15%程度、よく売れる店舗では30%近くがソフトクリームの売上と観光地でのソフトクリームが強さが分かります。

なので、観光立地ではソフトクリームを販売している競合も多く、
確実に集客していくためには、他店との差別化が不可欠になってきます。

川越であればソフトにご当地の川越芋を使用する、
大宰府であれば、いちごのあまおうを使用するなど、
ご当地素材を使用することで、ここでしか食べられないという付加価値を与えることができます。

また、店舗コンセプトと合わせたトッピングをすることで、
他店との差別化ができるケースもございます。

また、若年層はお店を探す際にSNSで検索する傾向が
高まりますので、店舗のロゴやキャラクターをモチーフした
トッピングをすること、例えばプリンの専門店の場合では、
プリンの上にソフトクリームを載せるプリンソフトタイプなど、
ソフトの見た目に店舗のコンセプトを反映させていくことが重要になります。

以上、観光立地での食べ歩き商品についてお伝えさせていただきました。
春休みへ向けてまだ食べ歩き商品を開発されていない店舗様、
食べ歩き商品はあるが、なかなか集客に結び付かないという店舗様は
一度上記のポイント抑えて、新しく商品開発、ブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか。

もっと詳しく話を聞いてみたい!という方はこちらにお問い合わせ下さい。
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html

執筆者
吉田雄飛
プロフィール
観光菓子マーケットの最新動向~今求められている観光土産菓子とは!?~
2019/3/11
観光菓子マーケットの最新動向~今求められている観光土産菓子とは!?~

いつもメルマガをご愛読いただきありがとうございます。
株式会社船井総合研究所スイーツチームの正村です。

 

3月になり段々と暖かくなってまいりましたが、
今年の冬は例年にも増して暖かく、雪の地域に出張で伺っても、
今年は全然雪が降らないとお聞きすることも度々でございます。

 

さて、3月と言えば学生にとっては春休み。
社会人でも年度の変わり目という方は大勢いらっしゃることでしょう。
様々な観光地の統計を見ていますと、3月にはやはり春休みの影響で、旅行客の入込が1~2月と比べて格段に増える地域が非常に多くあることに気づきます。
今回は観光菓子マーケットの動向についてお送りいたします。

 

近頃出張などで各地に伺って感じることは、
インバウンド(外国人)の方が以前にも増して多いな、ということです。
行列のできているお店を見ると、大体外国人も混ざっているように見えます。
来年に迫った東京オリンピックの影響も少なくないでしょうし、
政府が国を挙げて観光立国になるための施策を推進していることもあるでしょう。

 

そんな行列に並ぶ外国人のお目当ては、基本的に食べ物の店であり、買っていくのはその場で食べ歩きのできる商品です。
これからさらに増えていくことが想定されるインバウンド需要を取るためにも、
観光地で食べ歩きの要素を取り入れることは急務と言っても過言ではありません。

 

一方で、持ち帰るお土産の方はどうかと言えば、
こちらも自家消費・個人消費が非常に増えてきています。

 

例えばバレンタインでも自分用にチョコレートを購入する方が増えているなど、
社会全体として集団よりも個の尊重が声高になっている昨今を反映した消費行動が増える中、
お土産も今や自分用が基本で、後は家族かせいぜい親しい数名の友人にしか渡さない、という風潮が以前より続いています。

 

加えて食品表示法の改正の一つである製造所固有記号の使用について、商品の製造場所の住所の直接表記、あるいはそれが消費者に分かる形での表示が義務付けられたことにより、
その地域の土産と銘打っているのに製造場所は他府県である、という以前では分からなかったことが明るみに出てしまう環境になり、
よりこれまでのお土産がお土産として選ばれにくくなっています。

 

よって現在、選ばれる観光菓子土産の条件は
①インバウンド需要も含め、食べ歩き需要を見込めるもの
②個包装など、1個1個個別に渡せるもの
③ご当地感・そこでしか買えないもの
ということが言えます。

 

その対応として、船井総研ではここ数年、
観光地に出店し、商材をプリンやチーズケーキなど1種類のみに絞り込んだ単品スイーツ専門店という業態のご提案を行っております。

 

製菓業の皆様はもちろんですが、製菓業未経験者でも簡単に参入できるため、今特に土産店・土産卸業を始め、異業種からの参入がどんどん増えている状況です。

 

そして、実際にこの単品スイーツ専門店に参入されて高い実績をあげられている企業様をご紹介するセミナーを、
4月23日(火)に開催させていただきます。
今回のゲストは「なめらかプリンの生みの親」と呼ばれ、ご自身も岐阜県にてプリン専門店Plesicを経営されている、株式会社菓子道の所社長です。

 

詳細は下記をご覧ください。
https://sem.funai-food-business.com/seminar/042638/

異業種からの単品スイーツ専門店参入事例公開セミナー

単品スイーツ専門店にご興味がおありの皆様は、
是非ご参加をご検討いただければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

執筆者
正村陸
プロフィール
春の繁忙期にしっかり備える!販売計画のポイント
2019/2/28
春の繁忙期にしっかり備える!販売計画のポイント

いつもメルマガのご購読ありがとうございます。
船井総合研究所の永尾です。

 3月に差し掛かり、年度末で春の商戦に向けて業界が活発になるこの時期ですが、皆さまの会社ではご準備いかがでしょうか。
卒業・入学、退社・入社など、何かとお祝い事が多いこの時期に、売るべき商品をしっかりと見極め、販売計画を立てていくことが大切です。

■販売計画から製造計画を立てる
 まず皆さまに考えて頂きたいのが、この春にどの商品をどれだけ販売するかの計画です。販売計画を立てる上で重要になってくるのが、“「欠品させない」商品と、「欠品させる商品」を選定する”ということです。可能であれば、昨年同時期の販売実績を日別に見直し、どの商品がよく売れたのかをもとに、集中して販売する商品を決定し、目標売上の達成のためにはどれだけ在庫が必要なのかを逆算してみましょう。
 日別の販売個数が決まれば、製造計画も自ずと立てることができます。製造計画をもとに前持った準備を行うことで、「売るべき商品が売るべき時に、きちんと売り場に並んでいる状態」を作り出し、機会ロスなく販売を行える体制を整えましょう。

■春に売れやすい商品とは?
 商品は①心理性⇔経済性②自家需要⇔ギフト需要の二つの軸で分けて考えることができますが、春は先ほど記したようなお祝い事が多いといった理由から、焼き菓子などのギフト商品が出やすい時期です。特に身近な方にギフトを送られる際に使っていただけることが多いので、リーズナブルな価格の「経済性×ギフト需要」に分類される商品が春に売れやすい商品と言えるでしょう。
 ただギフトを目的に買いに来られたお客様は、ギフト商品だけを買ってリピートいただけない可能性も高いため、同時に「経済性×自家消費」商品を一緒に売るといったところも戦略としてあると効果的です。具体的にはギフトセットに入っている商品をピックアップして、単品売りや、2・3個入った袋入りのものをギフト売り場の横に並べて、自分用・家族用に買って帰ろうといった「ついで買い」を促すことができます。

■商品の「人時生産高」「原価率」を算出する
 さらに売るべき商品を見極める点で重要になってくるのが、「原価率」と「人事生産性」の2つです。特に原価率は原材料の値動きが激しくなっているので、改めて確認する機会を設けてみてください。
 また「人時生産性」とは、商品の生産性を測ることのできる指標で、総生産金額÷生産するための総労働時間で求めることができます。主力単品であれば最低10,000円以上・機械化商品は15,000円以上が目安です。
 この2つの観点をもとに、いくつかの商品を詰め合わせたギフトセットを作る際も、原価率が低く、人時生産性の高い商品を上手く組み合わせて、しっかりと収益性をあげる商品を作りましょう。万が一「人時生産高」「原価率」の合わない商品があれば、商品の役割を確認し、値上げ、規格変更などの対応を行うべきだといえます。
 
■繁忙期に向けては、商品の絞り込みが大切
 繁忙期は客足が増えるため、つい様々な商品を売りたい!と製造に力が入ってしまうかもしれませんが、あれもこれもと販売してしまうと、その分手間も増えてコストが重なり、お客様から見ても何を買えばよいのか分かりづらい状態になってしまいます。
 繁忙期こそ、売るべき商品をきちんと見極めて、思い切って「絞り込む」ことが大切です。生産性・収益性の高い商品をしっかり売ることにより、次のステップとして、ブランド力UPに繋がる他の商品づくりや販促活動により力をいれることができるのかと思います。
 新年度よいスタートを切れるよう、今の時期に改めて、商品の見直しを試みてみてはいかがでしょうか。

<船井総研のコンサルタントへ無料経営相談はこちら>
⇒ http://go.funaisoken.co.jp/VsLC000X7s0N000S2fR2Dr0