菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

スイーツビジネス

地域の菓子が海外で売れる!地方の会社にも必要な海外戦略
2019/7/08
地域の菓子が海外で売れる!地方の会社にも必要な海外戦略

食品輸出は日本の食品マーケットに残された数少ない成長市場

 

昨年の2018年度の農林水産物・食品の輸出額は9,068億円、

前年比12.4%で増加し、6年連続の数少ない食品の成長チャネルです。

また、その中でも菓子は長距離輸送・長時間保存が可能な上、日本の菓子の品質の良さ、食べやすさを意識された包装、パッケージなどが海外でも認められ、加工食品輸出額の全体の1割を占める203億円、前年比11.8%で増加している市場です。

 

 

地方の食品・菓子でも海外売上で1億円超の事例が増加!

 

そんな中で、この時流に対してしっかりと取り組みをしている企業の中でも近年さらに成果が出てきている企業様が増加してきています。

 

・愛媛県にあるお茶屋が海外通販で売上2億円

・千葉県にある菓子メーカーが年商10%超を海外売上に

・大阪府にある花屋が食品の海外通販を始めて売上1億円

・北海道にある菓子メーカーはインバウンド客で10億円以上

・大分県にある菓子店は店舗売上の半分が海外客

等々

 

日本における海外からの食の高い評価も影響し、食品の海外売上でも多くの成功事例が出てきています。

 

 

2019年8月スィーツビジネス研究会にて

地域の菓子が海外でも売れる海外戦略について

先駆的な取り組みをしている事例企業様による講演が決定!

 

2012年から本格的に海外売上獲得に着手されている千葉県で高級チョコレート菓子を製造する株式会社グランプラス様にご登壇頂きます。多くの海外展示会での経験により、タイ(バンコク)の高級ショッピングモールで催事が決定するなど複数国での取引を行っています。

また、本案件の海外販路開拓のサポートを行っている株式会社JTBからも当日展示会や海外通販などの案内を頂けます。

上記の講演会へのお申込み、ならびにスィーツビジネス研究会の概要は下記になります。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

海外販路を開拓するチョコレート菓子の製造メーカー

「株式会社グランプラス」代表:野村氏による

【地域の菓子が海外でも売れるための海外戦略とは】

 

海外への販路開拓の支援をする

「株式会社JTB」による

【海外展示会と海外通販へのご案内】

 

〇スイーツビジネス研究会

日時:8月23日(金)8:30~12:00

場所:品川プリンスホテル メインタワー19F  ゴールド

https://funai-food-business.com/biz-confectionery/study/

 

初めてご参加の方は1名様無料でのご招待となります。

(お席に限りがありますので、先着順・お断りすることがございますので、予めご了承ください)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

執筆者
川村 諒志
プロフィール
消費税増税へのレジ対応で意識したいこと
2019/5/24
消費税増税へのレジ対応で意識したいこと

10月の消費税増税が迫ってきました。

ただ、菓子店の場合、テイクアウトの商品は軽減税率の8%が適用されるますが、イートインスペースで飲食対応されている菓子店の場合、消費税は10%となります。

また、イートイン以外でも、ロウソクや保冷剤など軽減税率の対象外のものもあり、会計も複雑になります。

軽減税率の導入に当たっては、軽減税率に対応するレジへの変更も必要になるでしょう。

これにともなって、中小企業庁が複数税率に対応するレジの導入支援、受発注システムの改修等を補助金により支援してきましたが、昨年末の12月25日に軽減税率対策補助金の補助対象の拡大等が行われています。

 

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2018/181225keigen.htm

 

実際、10月の消費税増税が近づくにつれて、レジの入れ替えを検討・実施されている菓子店も多くなっています。

 

最近のレジはどのようになっているでしょうか。

POS機能もそうですが、自動釣銭機や、キャッシュレス対応など、機能が多様化してきています。

また、これまで高価だったPOS機能も、スマホやタブレットで使える低価格で導入できるものも普及してきています。

 

POSレジのPOSとは、「Point Of Sales」という英語の頭文字を取ったもので、直訳すると「販売時点」。

POSレジは、この「販売時点」の情報を管理することができるシステムを搭載したレジということになります。

レジによっても機能が異なりますが、売上処理だけでなく、売上分析、予約管理、会員管理、在庫管理、顧客分析、原価管理など、様々な情報を扱うことができるようになります。

 

「色々なことができそうだ」と、この機会にPOSレジの導入を、と考えられている方も多いでしょう。

ただ、様々な情報があっても、どう活用するかによって、その効果は大きく違います。

POSレジを導入する場合は、どのように活用するのかしっかりとイメージし、それに合った機能をもったものを購入されることをお勧めいたします。

また、すでにPOSレジを導入されている方で、機能をうまく使いきれていない方は、改めて機能をどう使うか確認することをお勧めいたします。

 

さて、近々ですが、消費税増税とレジ活用のセミナーでゲスト講演させていただくことになりました。

 

「製菓業界における軽減税率対策・キャッシュレス決済対策と最新タブレットPOSの活用セミナー」

令和元年 5月 30日(木) 13:00~16:30 グランフロント大阪

令和元年 5月 28日(火) 13:00~16:30 東京国際フォーラム

https://www.adregi.com/news/seminar/2019/94835/

 

ご興味ある方はぜひお越しください。

執筆者
マーケティングコンサルタント
田中 渉
プロフィール
ネットでバズるにはこれが必要だった!SNSからの流入を押し上げる集客装置とは!?
2019/5/20
ネットでバズるにはこれが必要だった!SNSからの流入を押し上げる集客装置とは!?

いつもメルマガをご愛読いただきありがとうございます。

株式会社船井総合研究所の正村です。

 

奇跡的な長さのGWも終わり、ご支援させていただいているお客様の店舗の売上等を拝見しますと、日常に戻ってからの反動が大きく出ている様子が伺えます。

(私の仕事は主に観光地の店舗のご支援です)

 

その落差が大きいところ、小さいところと様々あるのですが、そのような繁忙期・閑散期の差はあれ、安定して集客できている店舗には共通項があるように見えます。

 

それは何か。。。

 

その前に少しデータをご紹介しておきます。

 

とある観光地の店舗Aでは、オープンから1年11ヶ月して、その店舗名でのInstagram上でのハッシュタグ(以下#タグ)件数が約900件でした。

HPの分析ツール、グーグルアナリティクスを見てみますと、直近4ヶ月のSNSからのHPへの流入は2%弱、そして最もHPを閲覧しているのは35~44歳の層でした。

 

同じ観光地の店舗Bでは、

・オープンから11ヶ月

・#タグ件数:約1,900件

・SNSからのHPへの流入:約5%

・最もHPを閲覧している年齢層:25~34歳

 

別の観光地の店舗Cでは、

・オープンから11ヶ月

・#タグ件数:約2,000件

・SNSからのHPへの流入:約7%

・最もHPを閲覧している年齢層:25~34歳(40%)

 

Cと近い観光地にある店舗Dでは、

・オープンから11ヶ月

・#タグ件数:約7,000件

となっています。

 

このようなデータから何を申し上げたいかというと、

「集客に成功している観光地の店舗はSNSを上手に活用できている」

ということです。

 

A店は決して売上の低い店舗ではありませんが、

それ以上にB、C、D店は爆発的な売上を誇っており、

特にC店はGW期間中に1,000万円以上を売上げています。

 

そしてそのために欠かせない仕掛けが

「フォトスポット」

です。

A店にはフォトスポットと呼べる場所があまりないのに対し、

B、C、D店ではそれらがばっちり用意されています。

 

フォトスポットは

・壁面タイプA(ネオンサイン型)

→ネオン管で屋号やロゴをかたどったもの

 

・壁面タイプB(イラスト完結型)

→壁のイラストで写真を撮らせるもの

 

・壁面タイプC(イラスト非完結型)

→壁面のイラストに、購入した商品を合わせることで写真が完成するもの

 

・床面タイプ

→床面にペイントを施したもの

 

・看板タイプ

→店内外の看板がフォトスポットとして機能しているもの

 

・オブジェタイプ

→写真を撮らせるために設けられたオブジェ

 

の6パターンに分類されます。

 

特に壁面タイプCは若年層のハートをがっちり掴むようで、皆そこで写真を撮りたいがために行列に並ぶ、というようなことまで常態化しています。

 

イラストタイプのフォトスポットはデザイン費、設置費込でもそこまで大きな費用がかかることはありませんので、

次なる繁忙期の夏に向けて、集客装置としての導入をおすすめいたします。

 

今回も最後までお読みいただき、

誠にありがとうございました。

執筆者
正村陸
プロフィール
3,000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ!4倍値上しても売れる仕組みの作り方
2019/5/09
3,000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ!4倍値上しても売れる仕組みの作り方

6月19日(水)のスイーツ研究会のゲスト講師は、ガトーショコラ専門店の火付け役として話題の「ケンズカフェ東京」の氏家社長です。

2008年よりオープンしたガトーショコラ専門店で扱う商品は「1本250gのガトーショコラ」のみです。さらに予約は2か月待ち、セレブ御用達の名店として日本全国で話題となっています。

 

売上としては、1日当たり300本を製造し、年商3億円を安定的に達成されています。この度注目したいのが、販売当初の価格が1本1,300円/500gに対し現在は1本。3,000円/250gで販売している点です。

ケンズカフェ東京のガトーショコラが3,000円で販売されるようになった経緯に関して簡単にご紹介できればと思います。

 

1回目の値上げは、1,300円を1,500円からへ。通常であれば顧客離れを引き起こすとお考えになる方が多いでしょう。しかし、価格帯を上げることで1,300円の「自家消費需要」+1,500円「手土産需要」の二つの需要を獲得できたと氏家様は語ります。

当時は、販促活動をおこなっていませんでしたが、手土産需要を獲得することで口コミも増え値上が功を奏し、多くの顧客を獲得することができました。

 

2回目の値上げの理由は、一時の評判で売上が上がってもこの先、流行が終わった時に限られた数量しか販売できず利益の先細りが見えたからだと氏家様は語ります。そこで、既存の顧客を捨てる覚悟で2,000円への値上げをおこなったそうです。

しかし、単なる値上をするのではなく、よりチョコレート通をターゲットとし、「上がった格にふさわしい商品力」を付けるため高級なチョコレートを使用し商品のリニューアルをおこないました。原料費は上がりましたが、2,000円の値上げであれば十分利益分は吸収できたそうです。

また、原料費以外の包材原価にもコストをかけれるようになり、高級感のあるパッケージデザインへの変更もできました。1,500円時代の客層は1割しか残りませんでしたが、より濃い顧客層を獲得したことにより売上は右肩上がり、メディアからの取材も相次ぐようになったそうです。メディアに取材されたのも、2,000円に値上して品質もイメージも向上した成果なのです。

 

3回目の値上げはメディア出演により注文が殺到「人気が出て潰れる店」にならない対策の一つだったそうです。また、為替が変動するたびに値段を変更すること、消費税が上がることなどある度に原料を見直し価格を変更するといった商品力の価値を下げるようなことはしたくないと3,000円の価格帯で店ののれんを守る取組みをおこなったのです。飲食業界では売値は原価率の約3倍というのが定説です。

しかし、300円と3,000円の商品で原価率を一定にしようというのは間違いで、適正価格で多くのお客様に支持されると思い込むのは「お客様の満足度」を商品クオリティーに置いていないからだと氏家様は語られます。単品専門店の開業が、日本全国で注目されている中、10年以上前から単品商材の絞り込みが利益率を上げることブランドを構築し易いことに気付いた氏家様のご講演は楽しみなところです。

 

今回のメルマガでは、ケンズカフェ東京の単品商材「ガトーショコラ」の値上げストーリーについて触れさせていただきました。6月19日の講演では、絞り込むことで実際に「人・もの・金」の経営資源がどう変化したのか、ブランド構築までに実践したことなど明日からでも皆様の経営に活かせるお話をしていただく予定です。

 

執筆者
坂本俊明
プロフィール