菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム一覧 | 洋菓子店・和菓子屋・パン屋・スイーツ店開発の経営相談は船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

スイーツ(洋菓子店・和菓子屋)・パン屋ビジネス

スイーツ

地方観光地で名物スイーツによる活性化&高収益確保の秘密
2023/1/20
地方観光地で名物スイーツによる活性化&高収益確保の秘密

いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。

船井総合研究所の岡野です。

 

全国旅行支援など国の施策の影響もあり、2023年は観光産業の復活が期待されています。さらに、入国制限の緩和や円安による、インバウンド消費の増加が観光産業の復活の後押しになると、日本政府の方も対策を強化する動きがみられています。

 

2023年にて、観光産業が再び伸びる市場として注目され、観光産業参入者も増加するのではないかと見込んでいます。そんな中、コロナ禍でも先手を打って、観光産業へ参入した企業は、この年末年始にかけて、2019年対比で100~120%の売上数値を確保いただいておりました。

 

本コラムでは、観光産業にいち早く参入され、地域活性化を視野に入れた取り組みを実施している事例企業を基に「観光地におけるスイーツ専門店出店のメリット」をお伝えいたします。

執筆者
岡野 波瑠
プロフィール

スイーツ

船井総研注目の新規事業!ラグジュアリースイーツ専門店とは!?
2023/1/20
船井総研注目の新規事業!ラグジュアリースイーツ専門店とは!?

外食・観光産業の復活が感じられる年末を経て、新たなビジネスへの参入を検討されている経営者の方も多いのではないかと存じます。

スイーツ・カフェ業界の中で直近注目されている業態として、『ラグジュアリースイーツ専門店』業態が挙げられます。

 

ラグジュアリースイーツ専門店とは、客単価 3,000~4,000 円を達成する、体験要素を付加した新たなカフェ&物販業態です。高級カフェの市場は、ホテルのスイーツビュッフェからスタートし、ホテルのアフタヌーンティーへシフト、今日では、1 品 2,000 円前後する高級パフェやプレートデセールのみを提供する店舗が増えています。さらに、直近復活しつつある、インバウンドにも日本のラグジュアリースイーツは注目をされています。

 

これまでのコラムでは、京都にて、客単価 4,000 円を達成するチョコレート専門店「ASSEMBLAGES KAKIMOT」をお伝えさせていただきましたが、本コラムでは、改めて、なぜラグジュアリースイーツ専門店が注目されているのか、そのポイントを深掘ってまいりたいと思います。

執筆者
岡野 波瑠
プロフィール

スイーツ

値引きせずに、高く売りましょう!高単価カフェスイーツ業態で年商 1 億円越えの秘密
2023/1/11
値引きせずに、高く売りましょう!高単価カフェスイーツ業態で年商 1 億円越えの秘密

新しい年となり、今後の企業成長へ向けた計画を始動されていることかと思います。

直近、昨年に引き続き、原材料の高騰と賃上げ施策が進んでいく中、スイーツ業界でも人の手をかけず、高単価で販売ができる、高単価カフェスイーツ業態が注目されています。

 

高単価カフェスイーツとは、客単価 3,000~4,000 円を達成する、体験要素を付加した新たなカフェ業態です。高級カフェの市場は、ホテルのスイーツビュッフェからスタートし、 ホテルのアフタヌーンティーへシフト、今日では、1 品 2,000 円前後する高級パフェやプレートデセールのみを提供する店舗が増えています。

 

冒頭の業界にとって厳しい点を踏まえ、差別化の 8 要素の中でも「価格力」については、今後、「商品力」「ブランド力」を掛け合わせながら、高単価で勝負していく“ラグジュアリースイーツ専門店”ビジネスモデルをご提案させていただければと思います。

 

実際に、京都にて、客単価 4,000 円を達成するチョコレート専門店「ASSEMBLAGES KAKIMOT」の成功事例から、ビジネスモデルのご紹介をさせていただきます。

執筆者
岡野 波瑠
プロフィール

スイーツ

【冷凍×スイーツ】で労務環境改善&売上アップへ
2022/11/09
【冷凍×スイーツ】で労務環境改善&売上アップへ

いつもメルマガをご愛読いただきありがとうございます。船井総研の三村です。
本日は冷凍技術の活用で、原価高騰&人手不足時代に対応する
クレープ専門店の業務効率改善&売上アップセミナーのご案内をさせて頂きます。
職人不要モデルであるため、もちろん異業種からの新規参入も可能です。

渡航規制が緩和され各地に人出が戻り、特に観光地では3年ぶりの人込みがみられるようになってきました。
街のクレープ店では行列ができているのを目の当たりにされている方も多いのではないでしょうか。

しかし従来のクレープ店は、TOオーダーにより
①注文が入る
②調理
③お渡し
の流れとなっているため売上が上がるほど厨房は忙しくなり、労務環境が悪化してしまう課題を持っています。

そこで今回ご提案したいビジネスモデルは、冷凍活用をした物販用クレープを売上構成のメインとするものです。
冷凍で作り置きができるため計画生産ができ、ロスもほぼゼロ。
それを物販として売ることで売上が伸びるため、従来型のクレープ店よりも生産性は格段とアップします。

さらに物販でクレープを売ることでギフト需要、手土産需要を獲得できるので、幅広い利用動機の獲得が可能となっております。

執筆者
三村 香貴
プロフィール