菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム一覧 | 洋菓子店・和菓子屋・パン屋・スイーツ店開発の経営相談は船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部

スイーツ(洋菓子店・和菓子屋)・パン屋ビジネス

食品

今注目!! スペシャルティコーヒーロースタリー業態の秘密
2022/7/05
今注目!! スペシャルティコーヒーロースタリー業態の秘密

===関連のセミナーはこちら===

『コーヒー専門店開発・活性化セミナー』

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/089174

2022/08/25 (木)13:00~15:30@船井総合研究所 東京本社

2022/09/01 (木)13:00~15:30@オンライン配信

2022/09/02 (金)13:00~15:30@オンライン配信

===

 

いつもコラムをご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。
今回のコラムでは、コロナ禍で業績を伸ばされていて、山口県内でコーヒー豆専門店を8店舗、年商2億円規模で展開されている、「株式会社徳山コーヒーボーイ」さまのお取組みをご紹介させていただきます。

写真:徳山コーヒーボーイ様HPより https://www.coffeeboy.co.jp/

■卸から直販へ 時流に合わせ売り先と売り方をかえる

徳山コーヒーボーイ様は、現社長の河内山様のご祖父様の代に、和菓子店や豆腐店に豆商品の卸販売をする事業からスタートされ、その一環として珈琲豆の焙煎販売も開始をされた会社様です。その後、現社長が跡を継がれ、約25年前から家庭向け商品として珈琲豆の小売り販売を開始されました。地域密着型の店舗として、順調に店舗を増やされ、今では山口県内で8店舗+通信販売を展開されるまでになられました。

食品製造業としては、異例の数の店舗数となっておりますが、河内山社長は店舗を増やされた経緯について、このように話されます。「スターバックスの日本進出や、ファストフード店やコンビニでのテイクアウト形式でのコーヒーの提供の開始により、コーヒーが喫茶店でのみ飲む物ではなくなった。その中で珈琲を喫茶店に卸すだけでなく、家庭用に直接販売できるようになった。また自社店舗にカフェ機能を持たせ、より認知度が増したことで、出店のお声がけも増えた。」

コーヒーのマーケットが年々大きくなっただけではなく、ライフスタイルの変化に合わせて出店や販売方法の変更をされたことも、成長を続けられている要因です。
当時主力商品であった豆類の商材を扱うノウハウを活かしながらのコーヒー豆専門への事業転換。さらに卸から脱却し、直販主体に切り替えられるなど、時流適応を行い、原理原則に則った経営をされているからこその成長があるのではないかと考えております。また、自社が価格決定権を持ちやすい直販に切り替えられたことが、コロナ禍が業績に悪影響を及ぼさなかった要因ではないでしょうか。

写真:徳山コーヒーボーイ様HPより 焙煎の様子

■「コーヒーの幸せをサポートする」理念の浸透が人財活用にも好循環

このように店舗も順調に増えると、同時に人材も必要となりますが、河内山社長は人材採用には困ったことがまったくないとおっしゃられます。その要因として、店舗理念に共感した人材が集まっていることが挙げられます。

徳山コーヒーボーイ様の経営理念に、「コーヒーの幸せをサポートする」との言葉があります。また、河内山社長のお言葉に「おいしいコーヒーよりも、うれしいコーヒー。コーヒーを追求するのではなく、ライフスタイルを追求し提供したい。」というものがあります。お客さまにコーヒーの幸せを届け、ライフスタイルをサポートする。その理念がしっかりと浸透し、接客や店舗づくりにもつながっています。

実際に私も店舗で接客を受けてみましたが、気さくにおすすめのコーヒー豆や、コーヒーの淹れ方などをご紹介いただきましたし、店舗スタッフの方がおすすめ商品をアピールするのではなく、お客様の好みやコーヒーに対する経験などをお聞きされた上で、お客様本位で接客をされています。また、常連客と思われる方に「昨日は○○コーヒーを飲まれましたから、今日は○○コーヒーはいかがですか?」といったように、おいしいコーヒーをただただおすすめされるだけではなく、お客さまの日々の生活に寄り添った接客をされていました。

さらに、徳山コーヒーボーイ様は、定期的にコーヒーの淹れ方を教えるワークショップや、地域のイベントなどでコーヒー店をされたい方をお手伝いする「スカラーシップ制度」というものをされ、地域にファンとなるお客さまを増やす取り組みもされています。

写真:徳山コーヒーボーイ様HPより BEANS & GIFT店の様子

■今注目!スペシャルティコーヒーロースタリー業態とは?

スペシャルティコーヒーロースタリー業態とは、ドリンク比率よりも豆の物販比率の高い、自社で焙煎した焙煎豆を中心に販売をするビジネスモデルです。集客要素や顧客の入口として、ドリンクの提供も行いますが、利益率・客単価が高い焙煎豆の売上構成比が高くなる店舗づくりをすることで、収益性も高い業態となります。また、スペシャルティコーヒーと呼ばれる、量販店で販売されるコーヒー豆の5~10倍の価格帯の商品を販売し、日常的な自家需要と手土産、ギフト需要に対応した販売を行います。

❏❏❏お客様に愛され、繁盛するコーヒー豆専門店のポイント❏❏❏
・なじみがあり、市場規模も大きく、さらに成長マーケットであるコーヒー市場では「スペシャルティコーヒー」のように高付加価値の商品を適正価格で販売するニーズが高まっている。
・軽食など飲食は提供しないため人手がかからない。
・直販中心の食品物販だからこそ、粗利率が高く、各店舗の損益分岐点は低い。
リピーター中心の業態だからこそ、長期的に売上が安定する。実際にコロナ禍でも好調。
・コーヒー自体のマーケットが大きく、都市部だけではなく、地方の住宅街や郊外ロードサイドでも成立する。
❏❏❏❏❏❏

今回、コラムで紹介をさせていただきました、徳山コーヒーボーイ様の河内山社長のお言葉でもある「おいしいコーヒーよりも、うれしいコーヒー。コーヒーを追求するのではなく、ライフスタイルを追求し提供したい」との理念は、食品を扱っていただいているすべての会社様にも当てはまるものではないかと考えております。
また市場成長性や収益性といったビジネス的な観点からも、コーヒー豆専門店は今後も注目の業態です。

フード業界で日々経営されている皆さまの参考になりましたら、幸いです。

 

なお、2022年8月末から3日程で、スペシャルティコーヒー専門店業態について、船井総研初となるセミナーを開催いたします。初回はリアル開催、2回目以降はオンラインにて開催いたしますので、全国の皆様の事務所からご参加いただける体制を整えてお待ちしております。

===関連のセミナーはこちら===

『コーヒー専門店開発・活性化セミナー』

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/089174

2022/08/25 (木)13:00~15:30@船井総合研究所 東京本社

2022/09/01 (木)13:00~15:30@オンライン配信

2022/09/02 (金)13:00~15:30@オンライン配信

===

執筆者
玉利 信
プロフィール

スイーツ

「逆境下でのチャレンジ直販戦略」秋田を代表する地域一番企業の快進撃の秘訣とは 山のはちみつ屋 有限会社ビー・スケップ様 2022年6月食品ビジネス経営研究会説明会 講座録
2022/6/27
「逆境下でのチャレンジ直販戦略」秋田を代表する地域一番企業の快進撃の秘訣とは 山のはちみつ屋 有限会社ビー・スケップ様 2022年6月食品ビジネス経営研究会説明会 講座録

いつもありがとうございます。
食品・観光グループの中野一平です。

 

本日のメルマガは6月8日(水)に特別開催の食品ビジネス経営研究会説明かにてご講演頂きまし有限会社ビー・スケップの代表 西村隆作様のご講演の講座録と、次回8月25日開催の研究会本会の無料ご招待のご案内をさせていただきます!

 

“一養蜂家”から秋田を代表する注目企業となった「山のはちみつ屋」とは?
◆◇◆山のはちみつ屋 有限会社ビー・スケップについて◆◇◆
昭和52年創業「山のはちみつ屋」開業、蜂産品の生産や販売をスタート。
平成6年に田沢湖(現在地)に簡易店舗を設け、通年営業を開始。直売店、スイーツ店、ピザ工房を同一敷地内で展開しヴィレッジ化、今では年間20万人以上を呼び「プロが選ぶ土産物施設100選」でもトップ10入をはたしている。さらに、通信販売とマルチチャネル型で直販事業を成功させている、秋田を代表する注目企業である。

 

コロナ禍でも企業を支えた通信販売
◆◇◆通販の成り立ちと現状◆◇◆
玉川温泉に訪れる温泉客、湯治客へのはちみつ、プロポリスのいわゆる地方発送が原点であるが、本格的に取り組んだのは平成14年から。3月に初めて大々的なDMを作成し店舗名簿を中心にかき集めて10,000件へ発送、2週間で1,800万円の売上を獲得、以降、観光客の通販客化で売上拡大。
現在は通販年商 2.7億円(アナログ通販 2.1億円 ネット通販 6,000万円)となり、年5回のDM&ネット企画+夏・冬は上位客への中押しをベースにしている。

 

◆◇◆商品と品揃えの工夫◆◇◆
はちみつは店舗では衝動的に買われるが、通信販売で調味料として買い続けてもらうにはどうしたらよいかを常に考えている。調味料として考えると年間の使用料・購入額はある程度決まってしまう。顧客の行動やライフスタイルにあわせたセット提案、食べてすぐなくなる加工品など、品揃えの充実を強く意識している。

 

◆◇◆新規顧客獲得と育成◆◇◆
来店客(観光客)に住所を書いてもらいDMを送る方法で当初は伸びたが、何年も続けていると重複も出ていきづまる。東北大震災&値上げから数年の停滞期は年間で2,000件台の新規顧客獲得であり、その数では安定的に伸ばすことはできなかった。現在は目標から逆算し、年間6,000件以上の新規顧客を獲得、きちんと回収できるのであれば計画的投資が必要である。
【現在の主な獲得方法】
〇店舗から
ー うまいもんキャンペーンで見込み客を集めた後ランクアップ
ー 通信販売で使える1,000円クーポン券の配布
ー 発送コーナーの強化
〇ネットで
ー 各種WEB広告と専用LP、AIクーポン活用
ー コンテンツマーケティング強化
〇新聞広告で
ー 読売新聞などの純広告、つかみ広告
ー ノーリスクで安定して集まるCPO固定広告
【直近のLTV】
既存顧客LTV26,945円 新規顧客LTV7,622円

 

「買わずにはいられない!」人気の直売店
◆◇◆コロナ禍でも安定売上◆◇◆
店舗をお休みした2020年4、5月以外は多少の減少月はあるものの、ドライブ観光客を取り込み、コロナ禍でも安定した売上を確保している。
「また来たくなる」専門店ならではの“圧倒的”品揃えと陳列、体験訴求企画!“楽しさ”付加でのヴィレッジ化が集客のポイントとなっている。

 

◆◇◆楽しさ付加でSNS集客◆◇◆
現在、集客に貢献しているのが「はちみつソフト」と「はちみつガチャ」。サイコロで8が出れば8匹のみつばちチョコがプラスになる「はちみつソフト」は1日1,000本以上売れることも。コロナ禍で貢献度拡大中なのが非接触型の「はちみつガチャ」で、レジ客数に対しての購入率が20%超えの月もあり、この2企画中心にSNS拡散となり集客につながっている。

 

直売店も通信販売も、“飽き”との戦いであり、今後も、お客様に楽しんでもらえる企画をたくさん考えていきたいと西村氏は語る。

 

いかがでしたでしょうか。
食品ビジネス経営研究会では、このような注目企業の講座やコンサルタントによる解説講座、さらには会員様同士の情報交換の場も設けて開催しています。

 

「食品ビジネス経営研究会」例会、次回は8月25日開催、ご新規企業は初回ご参加無料です。下記よりたくさんのお申込みをお待ちしております。

 

食品ビジネス経営研究会 無料お試し参加はこちらから!

https://funai-food-business.com/biz-food/study/

 

8月25日、東京にてリアル開催!

 

全体テーマ:チャネル別商品開発の極意
ゲスト講座:今回はWゲスト!
①高級ツナ缶専門店の「モンマルシェ株式会社」様
②日本茶の新しい楽しみ方を広めている「株式会社吉村」様

 

研究会の趣旨にご賛同いただき、参加条件を満たす経営者様は初回に限り【無料】にてお試しご参加いただけます。

 

■『食品ビジネス経営研究会』とは…
「経営者同士の情報交換を通じた“師と友づくり”の場所」でございます。
経営について理念や考え方、また現場レベルの話ができる方は身近にそう多くはいらっしゃらないのではないでしょうか?
研究会では経営について気軽に相談でき、また最新事例を知ることができます。年5回の定例会や、年1回の視察ツアーなど、年間を通した活動が盛り沢山で、先進的な事例をお持ちのゲスト講師の講演や、弊社コンサルタントの情報発信などを通して経営の現場の「生」の「最新」情報を収集できる大変貴重な機会です。

 

■ご参加の条件
①いままで1度も研究会へ参加されたことがない企業様
②経営者(決裁権者)様が参加する事
③研究会へのご入会をご検討をいただける事
※1社2名までのご参加になります。

 

お試しの【無料】ご参加枠には限りがございます。
食品ビジネス経営研究会にご興味お持ち頂いた経営者様は、下記よりお申し込みください!

 

経営研究会の詳細・申込はこちらから

インフレ対策レポート ~事例に学ぶ!消費量減少・原料高騰に対応する高付加価値の直販事例大公開!~

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/form01/solution-lp-dl-inflation-003198.html

 

全国の食品業界の構造的課題や環境の変化をまとめ、そのうえでとるべき戦略として価格主導権を持つことができる直販を事例企業3社をもとに紹介しております。社内体制作りから商品設計・EC立ち上げに至るまでのポイントを一気通貫で学んでいただける資料です。

 

食品業界の構造的課題である消費額の減少&人件費・材料費・輸送費の高騰に対し、価格主導権を持つことができる「直販」によって高付加価値商流での販路開拓の方法を事例をもとにご紹介いたします。

 

執筆者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール

スイーツ

広告の無駄打ちしていませんか?
2022/5/27
広告の無駄打ちしていませんか?

最近では店舗集客のために、FacebookやInstagram広告、LINE広告などのWEB広告を活用している方も多いのではないでしょうか?
以前からの折込チラシもそうですが、WEB広告も無駄打ちになっていませんか?

執筆者
マネージング・ディレクター/シニア経営コンサルタント
横山 玟洙
プロフィール

スイーツ

【GW各単品スイーツ専門店動向レポート】
2022/5/26
【GW各単品スイーツ専門店動向レポート】

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。
船井総合研究所の岡野です。

2022年GW(ゴールデンウィーク)も終わり、皆様も一息ついておられるタイミングではないかと思います。今回は、新型コロナウィルスの影響により悩まされた2020~2021年とは異なり、観光需要も戻り、各地に人が溢れておりました。

それでは、昨年と比べて、各スイーツ店の売上はどのような傾向がみられたのか、
簡単にお伝えできればと思います。
私の方では、プリン・チョコレート・チーズケーキ・お芋スイーツ専門店など、商材を1つに絞った単品スイーツ専門店を展開されている店舗のお手伝いをさせていただくことが多く、こちらの状況を立地別にお送りさせていただきます。

執筆者
岡野 波瑠
プロフィール