時間帯別テーマ設定三毛作カフェ、リニューアルで売上3倍 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

外食
2016/3/30
時間帯別テーマ設定三毛作カフェ、リニューアルで売上3倍
時間帯別テーマ設定三毛作カフェ、リニューアルで売上3倍

ホシヤマインターナショナル株式会社

大手チェーンやコンビニがしのぎを削るコーヒー市場。
ライバルはチェーン店ではなく高級ホテルのラウンジ――
ブランドを確立し、高価格帯でも固定客を持つ同社がさらなる発展のため、路面店向けの新業態を開発した。

<会社概要>
【本社所在地】仙台市青葉区一番町4-9-1 かき徳玉澤ビル3F  
【設立】1989年7月(創業1974年) 
【資本金】7150万円(2008年10月現在) 
【従業員数】42名
【事業内容】喫茶店、飲食店の経営、珈琲豆、ケーキの製造販売、中国において店舗経営

ホシヤマインターナショナル株式会社
お話:代表取締役社長 星山 慈良氏

 親が経営していた洋裁店の片隅で、お得意様にカウンターでコーヒーを出していたのがホシヤマ珈琲店の始まりです。場所は横丁、相場の3倍の価格にも関わらず、当時、他では味わえなかった京都の銘店イノダコーヒや洗練された非日常のしつらえの中で楽しめるサービスは評判を呼び、珈琲店として独立することになりました。この頃、イノダコーヒ創業者の猪田七郎氏から「自社ブランド」を持つよう勧められたことをきっかけに、ホシヤマオリジナルのコーヒーを創りました。それから30年近く高級路線を守り、4店舗構えました。店舗ごとにコンセプトを変えつつも、どの店でも「時間を演出する」ことを貫いてきました。
時間帯別テーマ設定三毛作カフェ、リニューアルで売上3倍

展開力のあるモデルを創りたい

 ブランド力とは縦軸です。ブランドは会社の中核になりますが、安定させるには高さだけでなく横に広がりを持たせなければいけません。お得意様向けだけでなく、路面店で広く受け入れられ、展開力のあるモデルを開発したいと考えていました。


4年半前に、仙台で一番乗降客数の多いバス停の前にある立地を押さえ「ラウンジカフェホシヤマ」という店をオープンしました。しかし、天井が低いなど物理的条件から高級感や個性を打ち出しにくく、立地の良さを活かしきれずにいました。そこで1年前から飲食を付加しようと準備を始めました。



私たちがこだわってきたのは「時間の演出」。このリニュアル店では、時間帯ごとに憧れのシーンを想定することにしました。コンセプトやメニュー開発では船井総研の渡邊さんにアドバイスを受け、時間ごとのテーマを明確にして具現化していきました。



 朝はパンケーキやエッグベネディクトを取り入れたトレンドを意識したセレブ感のあるメニュー。ランチは野菜たっぷりのパスタ。夜は野菜中心のフードメニューとビオワインというように、三毛作を狙ったわけではありませんが、結果的にひとつの空間で3店舗運営しているかのような形式になりました。



東京ではパンケーキ専門店も珍しくありませんが、仙台ではまだ知られていませんでした。オープン直後にローカル番組で特集されたことや、人が集まるバス停の前にできた行列が人を呼び、瞬く間に評判になりました。パンケーキはキラー商品として効果は絶大ですが、ブームになると飽きられるので、品数を抑えパンケーキ専門店にならないように気をつけました。また、尖りすぎると仙台では理解されないこともあるので、取り入れ方のバランスも意識しました。
時間帯別テーマ設定三毛作カフェ、リニューアルで売上3倍

軸があれば変化していける

 今はパンケーキのおかげで日中の売上比率が高いので、夜のメニューを強化していくことが課題です。そして、このモデルを仙台に展開していくことを考えています。


リニュアルで屋号を「ニューエアリー」に変えました。オープン当初、道行く人の「ホシヤマが無くなった」「ダメだったのかな」という声が聞こえました。リニュアルは資金的にも、ブランドに対してもリスクのある大きな決断でした。しかし、当社の人事評価軸に「基本の徹底と変化への適応」と入れるほど、変化への挑戦は必須と考えています。「ニューエアリー」のモデルは横展開のひとつです。今後も「時間の演出」つまり劇場型の飲食店の新業態を開発していきたいと考えています。



担当コンサルタントより

 ホシヤマインターナショナル(株)さんとの出会いはセミナーからでした。仙台でもトップブランドである「ホシヤマコーヒー」。低価格志向が強くなる中で独自の価値を磨きあげ、コーヒー1杯1,000円~という圧倒的高単価で業績を伸ばしていました。時間の演出に徹底的にこだわり、商品力、接客力は日本でもトップクラス。今回お手伝いさせていただく中で、船井流マーケティングを素直に受け入れていただいたことで、このような成果が出たと感じています。 まだまだ成長を続け、海外への進出も挑戦していく企業様ですので、今後も全体的にサポートできればと思います。
担当者
経営コンサルタント
渡邊 晃貴

船井流マーケティングをベースに、繁盛店のルール化から独自のノウハウ構築。
店舗がおかれている環境を分析し、競合 × ターゲット × 自社の強み から戦略を組み立て、
現場が実行できるレベルでの具体的な提案で業績アップを実現。
北は札幌、南は鹿児島と全国を飛び回り、顧問先企業は年商3000万円~80億円までと幅広い。
飲食グループ最年少記録でチームリーダーへ昇進。
海鮮業界を中心に、業績アップを実現。
さらに、増税に向けた単価アップ、利益改善に従事している。

記事を見る
その他おすすめの記事