経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
【第二弾】食品事業経営者様向けの特別コラム
NEW
食品
2018/10/17
【第二弾】食品事業経営者様向けの特別コラム

皆様、いつもコラムをお読みいただきまして誠にありがとうございます。
船井総研の飲食チームからのコラムです。

 
前回の第一弾のコラムをお読みいただいた方には分かるかと思いますが、
今回は異業種参入・出店という大きな決断を実施し、会社の業績を大きく
UPさせた株式会社南国CBF様についてお話しさせていただきます。
(まだ、第一弾をお読みでない方は先にご覧いただけますと幸いです)

 

 

2018年6月に食品事業を核としながら肉バル業態に参入し、宮崎市内で家賃

23万円の立地で月商500万円を売上げ、営業利益約20%(100万円)を達成しているのが、
株式会社南国CBF様です。

 

 

前回の記事の中の南国CBF様の成功理由に、

 

➀時流に乗ったビジネスモデルの選択

 

を上げさせていただきました。

 

 

「ニクバルって最近増えてきているけどまだまだ出店余地はあるの?」
と感じている方も多いかと思います。
株式会社南国CBF様の宮崎市での出店の場合を考えてみましょう。

 

 

 

宮崎市の橘通り付近(店舗が位置する商圏)には、バルと呼ばれるものが
10店舗ほどあり、そこそこ集客出来ている旧型のバル
(ハイチェアで様々なタパス料理が食べられるスペイン料理屋風)が
3店舗ほどというのが実情でした。

 

 

そして、何かの食材に特化したバルは少なく、
肉バルという屋号を全面に押し出しているお店は2店舗しかなかったのです。

 

 

また、宮崎内で一番の繁華街にも関わらず、
都会のような「カッコイイ」「オシャレ」な飲食店が少なかったというのも事実です。

 

 

現在の日本の飲食店は(全国を全体的に見た場合)、
「人口減少(人材不足)」による「省人化(低オペレーション化)」
「高収益モデル化」「IT化」が時流となっています。

 

 

そんな中、船井総研の肉バルは、
一品料理の仕込みやステーキのカット等、調理の大部分を仕入れ先
CK(セントラルキッチン)において準備した状態で納品することで、
現場でかかる人件費を大きく削減し、肉バル人件費率平均25%を達成しています。

 

 

また、飲食店におけるコストの大部分は、FLRと呼ばれる

 

 

F:Food(原価)
L:Labor (人件費)
R:Rent (家賃)

 

 

が占めており、今回の肉バル出店では、「L」は先ほどのCKで削減、
「F」は自社食材の使用や、仕入れ先の端材食材の商品化(アヒージョ等)や、
高粗利ドリンク(フルーツごろごろスパークリング等)による低原価実現、
「R」は2Floor使用(2F事務所兼作業場)による総面積/家賃の低下を
実現しています。

 

 

そしてこの度、肉バル「The Meating」の生みの親である
株式会社南国CBF代表取締役:河野当将氏をお招きして、
食品事業経営者様向けの飲食店新規参入で、成功するポイントを徹底的に
細かく解説させていただくセミナーをご用意いたしました。

 

 

 

セミナー当日は、

 

 

・成功する飲食店を始めるための、食品事業からの参入のポイント
・The Meatingの出店までの「苦悩と悩み」
・地域食材を使用したThe Meatingの「商品開発」
・The Meatingの「売上・利益構造大公開」
・出店後だからこそ描くことの出来た今後の展望

 

 

について河野社長様にお話しいただきます。

 

11月2日(金)東京にて繁盛肉バル業態の開発秘話をたっぷりお話しいただきます。

 

食品事業経営をされている皆様だからこその強みを活かした新規事業開発に

ご興味のある方は、ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

 

第二の事業の柱づくりをご検討されている経営者様にとって
はじめて飲食店経営をスタートさせるうえでの成功のポイントを
掴める機会になるかと思います。

 

当日のスケジュール(船井総研東京本社にて開催)

 

 

13:00~14:00(船井講座)
◆肉バルの魅力と成功のポイントとは!
◆地域密着型高収益飲食店開発のコツ!
◆第二の事業が必要な理由とは!

 

14:10~14:40(船井講座)
◆2018年最新!全国肉バル事例紹介!!
◆モデル店から学ぶ!儲かる肉バルのポイント!
◆ヒットする商品開発のポイントとは!

 

14:50~15:50
☆肉バル『The Meating』の成功秘話☆

(株式会社南国CBF代表取締役 河野様)

 

16:00~16:30(船井講座)
◆まとめ講座
◆明日からできること
本業の強みを活かした形での「飲食店開発」に関心のある方は
ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

 

 

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037796/

 

 

皆様にお会いできることを楽しみにしております。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 

 

執筆者
西岡 拓真
食品事業経営者様向けの特別コラム第1弾
食品
2018/10/09
食品事業経営者様向けの特別コラム第1弾

皆様、いつもコラムをお読みいただき誠にありがとうございます。

 

船井総研の飲食チームではかねてから「肉バル」の業態開発を進めてまいりました。

 

「肉バル」とは簡単に言うとステーキとワインをお手頃におしゃれに楽しめる飲食店です。

 

もともと「ステーキ」は高級品でハレの日に食べるメニューでした。

 

「肉を食べたい!」という食事動機は人気で普遍的なものです。

 

「ステーキ」という人気ジャンルのメニューを「ワイン」「お酒」と

共に楽しめるのが「肉バル」です。

 

近年では若者のアルコール離れが叫ばれておりますが、

「ワイン」の消費は伸びております。

 

今回は異業種参入出店という大きな決断を実施し、

会社の業績を大きくUPさせた食品企業様企業様について

ご紹介させていただきます。

 

2018年6月に食品事業を核としながら肉バル業態に参入し、

宮崎市内で家賃23万円の立地で月商500万円を売上げ、

営業利益約20%(100万円)を達成しているのが、

株式会社南国CBF様です。

 

株式会社南国CBF様は開業後の収益確保も順調に進んでおり、

投資回収も2年を切るペースと早い趨勢です。

 

南国CBF様がはじめて飲食店ビジネスに参入し、

成功している3つのポイント

 

➀時流に乗ったビジネスモデルの選択

②食品事業主ならではの自社の強みを活かした商品開発

③人手不足の時代でも「採用力のある」業態選択

 

が挙げられます。

 

特に②の食品事業主ならではの自社の強みを活かした商品開発は、

異業種参入をするうえで非常にアドバンテージとなる要素です。

 

そしてこの度、肉バル「The Meating」の生みの親である

株式会社南国CBF 代表取締役 河野当将

をお招きして食品事業経営者様向けの飲食店新規参入で

成功するポイントを徹底的に解説させてただく

セミナーをご用意いたしました。

 

セミナー当日は、

・成功する飲食店を始めるための、食品事業からの参入のポイント

・The Meatingの出店までの「苦悩と悩み」

・地域食材を使用したThe Meatingの「商品開発

・The Meatingの「売上・利益構造大公開」

・出店後だからこそ描くことの出来た今後の展望

等について河野社長様にお話しいただきます。

 

11月2日(金)東京にて繁盛肉バル業態の開発秘話をたっぷりお話しいただきます。

 

食品事業経営をされている皆様だからこその

強みを活かした新規事業開発にご興味のある方は、

ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

 

第二の事業の柱づくりをご検討されている経営者様にとって

はじめて飲食店経営をスタートさせるうえでの成功のポイントを

掴める機会になるかと思います。

 

 

当日のスケジュール (船井総研東京本社にて開催)

 

13:00~14:00(船井講座)

◆肉バルの魅力と成功のポイントとは!

◆地域密着型高収益飲食店開発のコツ!

◆第二の事業が必要な理由とは!

 

14:10~14:40(船井講座)

◆2018年最新!全国肉バル事例紹介!!

◆モデル店から学ぶ!儲かる肉バルのポイント!

◆ヒットする商品開発のポイントとは!

 

14:50~15:50

☆肉バルThe Meating』の成功秘話☆

(株式会社南国CBF 代表取締役 河野様)

 

16:00~16:30(船井講座)

◆まとめ講座

◆明日からできること

 

 

本業の強みを活かした形での「飲食店開発」に関心のある方は

ぜひ、本セミナーにご参加下さいませ。

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037796/

 

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

執筆者
西岡 拓真
肉バルの業態進化
外食
2018/9/18
肉バルの業態進化

皆様コラムをお読みいただきありがとうございます。

本日は船井総研が開発を進めるニクバルの進化の流れと現在ご提案させていただいている最新の繁盛する肉バル業態についてお話しさせていただきます。

2014年頃から船井総研では肉バル業態の開発のご提案をさせていただいております。

今ご提案させていただいている肉バルの内容を話すことは容易ですが、その前に今の肉バルができるまでをお話しさせていただければと思います。

そもそも肉バルが登場したのが2012年頃からで、当時はステーキとバルという業態は新鮮で、目新しいものに飛びつくようにお客様は来店してくださっていました。
そして、2015年頃から大手ナショナルチェーンも肉バルに参入し始め、市場はどんどん大きくなっていきます。
それと同時にエリアによっては競合も増え、同質化、陳腐化サイクルに陥るお店も出てきました。

当時は私たちも焼肉屋を経営されているお客様に、肉の端材を活用出来る新しい業態としてステーキ100gを簡易なオペレーションで提供する「肉バル」をご提案していましたが、市場が大きくなる中で焼肉屋のみでなく居酒屋を経営されている企業様や、異業種から参入される企業様にも適した肉バルをご提案してまいりました。

しかしいま、重要な打ち手としては「単品1番化」であり、肉バルにおいて最もお客様に認知されている商品であるステーキも、地域で最も美味しい(美味しそう・付加価値が高い・価値/価格が最も高い)必要があります。(勿論ワインもサイドメニューも全てですが優先順位の高いステーキを代表して記載いたします)

かつては国産牛(交雑種)100gを希少部位売りでグリルパンで提供していましたが、現在ご提案している一番商品のステーキはA4等級以上の黒毛和牛で180gで炭火調理をご提案し始めています。

炭火調理で実演性を入れながら、より美味い和牛を使用することでお客様の満足度を高め、100gではなく180g提供にすることでお肉本来の味わいを最大限楽しんでいただけるようにしています。

 

しかしお客様にとって重要なのは、「そのお肉がいくらで食べられるか?」いうことです。

安価に提供できるように船井総研では全国の肉卸の業者から選別した仕入れをご提案しており、また、新しく参入される方にも安心して実施していただけるよう超繁盛店の炭火調理の肉バルでの研修も準備を整えております。

 

実際の売価や原価やお皿や提供方法などなど

新しい肉バルのことを書き出すときりがないですが、
それらすべてをお話しするセミナーを11/2(金)に東京にて開催いたします。

肉バルを経営されている方、これからニクバルの開業を検討されている方、詳細はまた後日のコラムにて配信予定ですので、ぜひチェック下さいませ。

執筆者
西岡 拓真
ニクバルが進化!(第二弾)
外食
2018/7/19
ニクバルが進化!(第二弾)

前回に続き、「ニクバルの進化」についてお話しさせていただきます。

 

全国にニクバル業態も増えてきた今、

単純に“おしゃれなお店”というだけでは集客できなくなってきました。

 

【いま、ニクバル業態にとって必要な進化とは!?】

  • 「商品」…簡易調理ではなく食材や調理法にこだわりを持つことへ進化

⇒特に主力商品「ステーキ」はハイコスパ化

  • 「接客」…そのこだわりを持った商品や調理法をお客様に伝える
  • 「宴会需要」を取り込めるハード設計とメニュー設計

 

【成功事例】

いまや大繁盛店のニクバルとなり、店舗展開も順調に進める「炭火とワイン」

(7店舗目となる京都店は繁忙月には月商1500万円(約40坪)を達成)

 

なぜ「炭火とワイン」は繁盛するニクバルになったのか!?

 

今回特別に、

「炭火とワイン」の生みの親である

株式会社大地 取締役 業態開発長 松村匡章

を招いてのセミナーを開催いたします。

 

セミナー当日は、

・炭火とワインの売上・利益構造大公開

・炭火とワインの商品開発

・炭火とワインの最高の接客術

・自律型人財の採用と育成

・今後の展望

についてお話しいただきます。

 

この日8月3日(金)にしか聞くことのできない

繁盛バル業態の開発秘話をたっぷりお話しいただきます。

 

 

【当日のスケジュール(船井総研の東京本社にて開催)】

 

13:00~

◆いま取り組むべきニクバルの業態進化

13:45~

◆2018年最新繁盛肉バル事例公開!モデル店から学ぶ繁盛する肉バルとは!?

14:30~

◆大繁盛ニクバル「炭火とワイン」から学ぶ繁盛のポイント

◆高い顧客満足を実現する接客術

◆社員採用コスト0円で優秀な人材育成を実現するプログラム公開

(株式会社大地 取締役 松村様)

16:15~

◆いま繁盛するニクバルの作り方 まとめ

 

 

高い集客力を持続し、店舗展開に成功する「ニクバル開発」に関心のある方は

本セミナーにご参加下さいませ。

http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/032370_lp.html

 

執筆者
西岡 拓真