経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
~成熟居酒屋市場における成長戦略Ⅲ~ 『居酒屋ビジネスにおけるリピーター戦略』
NEW
外食
2018/8/20
~成熟居酒屋市場における成長戦略Ⅲ~ 『居酒屋ビジネスにおけるリピーター戦略』

皆様、こんにちは。
船井総合研究所の相原です。

本日は8月度研究会の特別ゲストである
『株式会社 一家ダイニングプロジェクト』様の
魅力と成功のポイントについて、
いよいよ最後となる第3回のコラムです。

本日は、既存店の成長についてお伝えします。
──────────────────
~一家ダイニングプロジェクト様について~
──────────────────

昨年12月に東証マザーズ上場を果たし、
居酒屋業界で急成長中の、
『株式会社 一家ダイニングプロジェクト』

・年商54億円、36店舗(4年で店舗数3倍)
・既存店売上を落とさない店舗展開
・新卒採用40名の高い採用力

競争が激しい居酒屋業界で、
ここまで勝ち抜けている会社様は
多くありません。

8月度の研究会では
代表取締役社長 武長太郎 氏に
上場までたどり着いた成功の軌跡を
存分にお話いただく予定でございます。

そして、この連載コラムでは
「株式会社 一家ダイニングプロジェクト」の
魅力と成功のポイントを、3章に分けて
ご紹介いたします。

 

第1章:繁華街で圧倒的に集客する成功ビジネスモデル
第2章:店舗展開を支える採用力
第3章:既存店連続成長の秘密

 

武長社長の外部講演は上場されるまでは
多くはなく、今回のご講演で語られるのは
新鮮で貴重な内容になること間違いなしです!

開催まで残りわずかです!!

 

 

********************************

◆8月度研究会 お試し参加募集中◆

・日程:2018年8月22日(水)
・時間:13:00~17:00
・場所:品川プリンスホテル

お申込はこちらから:

http://funai-food-business.com/biz-eat_out/study/
********************************
──────────────────
~第3章~
『既存店連続成長の秘密』
──────────────────

 

店舗展開が活発になることで、
既存店売上が下がってしまうということが
よくありますが、

一家ダイニング様プロジェクト様の
素晴らしいところは、既存店売上も
成長させながら、店舗展開も活発に
行われている点です。
その秘密は、ズバリ
「 会員化によるリピーター戦略 」です。
現在までの累計会員数は約46万人。

2016年から本格的に開始したアプリ会員は
8.2万人で、驚くべきは
「全店舗の会員比率=58%」という数値。

つまり、来店しているお客様のうち、
【 約半分が会員 】というのです。

この顧客基盤が既存店成長を支えているのは
明らかで、様々なイベントを企画し、
会員向けに告知をすることで、
一般の居酒屋と比較しリピート率と来店頻度は
雲泥の差です。

また、各店舗で「会員入会数率」が
重点項目となり、店舗当たりの月間平均
会員獲得数が571名と極めて高い水準です。
居酒屋業態での顧客基盤づくりは
ファミリー業態と比較して難しい部分が
ありますが、研修やロープレを繰り返すことで
確度をあげ、売上の生命線である会員数を
増やし続けています。

ぜひ実際に店舗に行って接客を受けてみて、
「なぜここまで徹底することができるのか?」
というのを肌で感じてみることを
おすすめします。

当日のご講演では、
具体的にどのようにして
重点項目を店舗で徹底してもらうための
モチベーションを作り出しているのか、
どんな施策で既存店成長につなげているのか、
について武長社長よりお話いただきます。

今回が最後のメルマガ配信となります。
もう既に参加申し込みはお済でしょうか?

最後に振り返りです。
成熟期の居酒屋市場における成長戦略は…

・成長ビジネスモデルの開発
・商品戦略
・人材採用
・リピーター戦略

これらにおいて時流適合した施策で
成功されている、
一家ダイニングプロジェクト様のお話を
聞いて頂ける、またとない貴重な機会です。

少しもご興味・ご関心をお持ちの方は
ぜひお申し込みください!
↓↓お申し込みは下記より↓↓

********************************

◆8月度研究会 お試し参加募集中◆

・日程:2018年8月22日(水)
・時間:13:00~17:00
・場所:品川プリンスホテル

お申込はこちらから:

http://funai-food-business.com/biz-eat_out/study/
********************************
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
相原 祥人
~成熟居酒屋市場における成長戦略Ⅱ~ 『企業成長を支える人材採用力の秘訣』
外食
2018/8/10
~成熟居酒屋市場における成長戦略Ⅱ~ 『企業成長を支える人材採用力の秘訣』

皆様、こんにちは。
船井総合研究所の相原です。

本日は8月度研究会の特別ゲストである
『株式会社 一家ダイニングプロジェクト』様の
魅力と成功のポイントについて、
第2回のコラムです。

本日は、採用の取り組みについてご紹介します。
──────────────────
~一家ダイニングプロジェクト様について~
──────────────────

昨年12月に東証マザーズ上場を果たし、
居酒屋業界で急成長中の、
『株式会社 一家ダイニングプロジェクト』

・年商54億円、36店舗(4年で店舗数3倍)
・既存店売上を落とさない店舗展開
・新卒採用40名の高い採用力

競争が激しい居酒屋業界で、
ここまで勝ち抜けている会社様は
多くありません。

8月度の研究会では
代表取締役社長 武長太郎 氏に
上場までたどり着いた成功の軌跡を
存分にお話いただく予定でございます。

そして、このメルマガでは
「株式会社 一家ダイニングプロジェクト」の
魅力と成功のポイントを、3章に分けて
ご紹介いたします。

第1章:繁華街で圧倒的に集客する成功
ビジネスモデル
→8月3日配信号をご覧ください
第2章:店舗展開を支える採用力
第3章:既存店連続成長の秘密

武長社長の外部講演は上場されるまでは
多くはなく、今回のご講演で語られるのは
新鮮で貴重な内容になること間違いなしです!

まずは、日程のご確保をよろしくお願い致します!!
********************************

◆8月度研究会 お試し参加募集中◆

・日程:2018年8月22日(水)
・時間:13:00~17:00
・場所:品川プリンスホテル

お申込はこちらから:

http://funai-food-business.com/biz-eat_out/study/
********************************
──────────────────
~第2章~
『店舗展開を支える採用力』
──────────────────

「展開できる良い業態はあるけど、
人がいない…」というのはこの業界で
よくある話です。

一家ダイニングプロジェクト様の強みは、
「人がいる」圧倒的な採用力にもあります。

当社は、上場する何年も前から新卒採用に
取り組み、直近の2017年には40名の新卒社員が
入社しています。

最近では、居酒屋の会社がカフェやバルなどの
おしゃれな業態を出店すると、
「採用に有利?」という話もありますが、

会社の理念に共感し、やりがいをもって
働いてもらうという本質の部分からは
少しずれてしまいます。

一家ダイニングプロジェクト様も
ブライダル事業を展開するようになってから、
確かに採用の幅が広がり、応募数は劇的に
増えたようです。

しかし、応募の段階では
8割がブライダル、2割が居酒屋という比率が、
選考を通して会社の理念やビジョンをしっかり伝え、
居酒屋の仕事にも実際に触れてもらうことで、
最終的な内定段階では、その比率が逆転していると
いうのです。
理念とビジョンが明確で、そこに共感が生まれる
ことで、当初の希望の業種でなくてもやりがいを
もって、いきいきと働いてもらうことができる、
ということを証明されています。

ぜひ一家ダイニングプロジェクト様の店舗へ
見に行かれることをおすすめします。

若いスタッフが本当にいきいきと働いてる姿を
見ることができます。
当日のご講演では
具体的にどのようにして理念を浸透しているのか、
採用力を高めているのかについて
武長社長よりお話いただきます。

超採用難の時代に
大成功されている会社のお話が聞ける、
またとない機会です。

ぜひ多くの方にご参加頂ければと思います。

まずは日程の確保をお願い致します!
↓↓お申し込みは下記より↓↓

********************************

◆8月度研究会 お試し参加募集中◆

・日程:2018年8月22日(水)
・時間:13:00~17:00
・場所:品川プリンスホテル

お申込はこちらから:

http://funai-food-business.com/biz-eat_out/study/
********************************
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
相原 祥人
~成熟居酒屋市場における成長戦略~ 『高いリピート率を維持しながら、4年で店舗数が3倍になった成長の軌跡』
外食
2018/8/01
~成熟居酒屋市場における成長戦略~ 『高いリピート率を維持しながら、4年で店舗数が3倍になった成長の軌跡』

本日は
【 研究会全国大会(経営戦略セミナー) 】
についてご案内させて頂きます。

 

研究会全国大会は年に一度の
船井総合研究所が総力を挙げて開催致します
【日本最大級レベルの経営者向けイベント】
です。

 

貴重なゲスト講師による講演も数多くあり、
経営者としてぜひ知っておいて頂きたい、
「次の時流」に触れることができる機会です。

 

毎年5,000人規模の経営者・経営幹部の方に
ご参加頂いているイベントですが、
今年は8月22日(水)~24日(金)の
3日間開催致します。

 

メインとなる23日(木)の講演だけでなく、
前後となる22日、24日にはテーマ別講座の他、
様々な業種・業態の研究会が開かれます。

 

22日(水)には、
焼肉ビジネスモデル経営研究会
居酒屋ビジネスモデル経営研究会
ニクバル研究会
を合同開催致します。
研究会にご興味のある方は22日の研究会に
【 無料お試し参加(経営者の方のみ/初回限り)】
ご招待致します!
8月度の研究会は、
1年に1度だけのスペシャル例会でございます。

 

そんな特別な例会にふさわしい…
「超!豪華ゲスト」をお招きすることに
なりました!

 

今回ご登壇いただくのは、
昨年12月に東証マザーズ上場を果たし、
居酒屋業界で急成長中の、
『株式会社 一家ダイニングプロジェクト』
代表取締役社長 武長太郎 氏です。

 

・年商54億円、36店舗(4年で店舗数3倍)
・既存店売上を落とさない店舗展開
・新卒採用40名の高い採用力

 

競争が激しい居酒屋業界で、ここまで
勝ち抜けている会社様は多くはなく、
上場までたどり着いた成功の軌跡を
存分にお話いただく予定でございます。

 

そして、ここでは
「株式会社 一家ダイニングプロジェクト」
の魅力と成功のポイントを、3章に分けて
少しだけ…ご紹介いたします。

 

第1章:繁華街で圧倒的に集客する成功ビジネスモデル
第2章:店舗展開を支える採用力
第3章:既存店連続成長の秘密

 

武長社長の外部講演は上場されるまでは
多くはなく、今回のご講演で語られるのは
新鮮で貴重な内容になること間違いなしです!

 

まずは、日程のご確保をよろしくお願い致します!!
********************************

◆8月度研究会 お試し参加募集中◆

・日程:2018年8月22日(水)
・時間:13:00~17:00
・場所:品川プリンスホテル

お申込はこちらから:

http://funai-food-business.com/biz-eat_out/study/
********************************

 
~第1章~
『繁華街で圧倒的に集客する成功ビジネスモデル』

 

本日は、急成長を支えた居酒屋ビジネス
モデルについてご紹介します。
一家ダイニングプロジェクト様は、
炉端海鮮居酒屋(客単価3,800円)の
『こだわりもん一家』と
博多屋台居酒屋(客単価2,500円)の
『屋台屋 博多劇場』
の2本柱の業態を運営されております。

 

どちらもコンセプトが明確で、
ハード、商品や接客を通して高い
付加価値を提供し、大変繁盛されている
注目の業態です。

 

中でも『屋台屋 博多劇場』は店舗展開力が
非常に高く、年間10~12店舗の出店計画を
可能にし、高い集客力と安定した収益性を
有しています。

 

なぜこの居酒屋競合過多の時代に、
『屋台屋 博多劇場』が圧倒的に集客し、
次々と店舗展開に成功しているのでしょうか?
そのポイントは大きく3つです。

 

①客単価でのポジショニング
②地域密着型で日常利用の追求
③真似されにくい「ヒト」の差別化

 

1つ目は、
最も競合の多い3,000円客単価ゾーンから
抜けだし、2,500円客単価に設定することで
1段階安いポジショニングを取っています。

 

サラリーマンの平均的なお小遣いが
減っているというデータも出ている中で、
集客が好調な居酒屋の単価設定は
2,000円台前半に多くなっています。

 

『屋台屋 博多劇場』の場合は、
客単価を下げ、客数を潤わせることで
常に賑やかな様子を外から見ても
わかるように意識されており、

 

また、ただ客単価を下げるだけでなく、
「来店頻度」を上げるためにどうするか?
という取り組みに力を入れられています。

 
2つ目は、
駅前中心の店舗展開でそのエリアに根付いた
営業により、常連客と従業員が一体となって
お店を盛り上げています。

 

常連客がもっと『屋台屋 博多劇場』や
従業員のことを好きになるイベントを企画し、
楽しみながらもイベントの関連グッズが
良く売れるようです。

 

結果として、利用動機が一般的な居酒屋
よりも広がり、来店頻度も増える仕組みを
意図的に作られています。

 
3つ目は、
人財教育への投資と労力を惜しまない点です。

 

業態や商品は模倣されても、
「ヒト」で差別化している部分は
すぐには模倣できません。

 

明確な理念とビジョンがあり、
それを浸透するための研修や企画には
武長社長自身も熱心に取り組まれています。
当日のご講演では
具体的にどんな取り組みをしているのか、
なぜ成功しているのか、について
武長社長よりお話いただきます。

 

居酒屋競争激化の時代に大成功されている
会社のお話が聞けるまたとない機会です。

 

ぜひ多くの方にご参加頂ければと思います。

 

まずは日程の確保をお願い致します!
↓↓お申し込みは下記より↓↓

********************************

◆8月度研究会 お試し参加募集中◆

・日程:2018年8月22日(水)
・時間:13:00~17:00
・場所:品川プリンスホテル

お申込はこちらから:

http://funai-food-business.com/biz-eat_out/study/
********************************
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
相原 祥人
なぜ居酒屋は『大衆酒場化』で業績回復するのか?
外食
2018/6/11
なぜ居酒屋は『大衆酒場化』で業績回復するのか?

 

今回は、居酒屋業態での成功事例をお伝えします。

 

【事例1】 浜焼き居酒屋リニューアル後…

売上前年対比180%、営業利益率30%、業態転換後8か月連続前年越え

 

 

【事例2】 海鮮居酒屋リニューアル後…

売上3倍、赤字から営業利益率35%、脱長時間労働(16時出勤)

 

 

なぜ長く低迷していた駅前型居酒屋業態がリニューアル後、

“売上大幅アップ”に加えて、“高収益”を実現できたのでしょうか?

 

 

この2社に共通しているのが、ずばり今回お伝えしたい『大衆酒場化』です。

 

 

皆様の地域でも「〇〇酒場」というお店が増えていませんか?

 

 

今回の成功事例となった居酒屋も元々は…

  • 集客不振
  • 原価高騰
  • 採用難

のお決まりの3拍子に悩まされていました。

 

 

駅前立地はナショナルチェーンや競合店も多い中でなかなか太刀打ちできず、

既存の延長線上に良い未来は待っていないと考え、“業態転換を決断”されました。

 

 

『高収益な大衆酒場』開発で成功するためポイントは5つです。

 

 

Step1 店頭・店内レイアウト

⇒視認性の高い店頭、多利用動機対応型のカウンター・テーブル・宴会席設計

Step2 客単価設定

⇒競合過多の客単価ゾーンから脱出し、@2200円以下で設定

Step3 専門性

⇒「何でも安い」ではない、主力を明確にしたメニュー戦略

Step4 省人化

⇒人材に依存しきらない、一部セルフ対応の取り組み

Step5 複合化

⇒同時間帯二毛作による利用動機付加

 

 

居酒屋業態を展開されている会社様にはぜひ“高収益”な“大衆酒場”の開発をお勧めします。

 

 

事例1の会社様の具体的な取り組みを『無料レポート』としてまとめました。

高収益なビジネスモデルにご興味ある方はこちらからダウンロードして

ご確認いただければと思います。

<高収益大衆酒場 低迷する居酒屋業界で2桁成長&高収益化に成功した実録レポート>

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=high-profits-bar

 

 

 

執筆者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
相原 祥人