経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
【立ち上げ3ヶ月で売上1,200万円】料飲売上が下落する地方ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略
NEW
宅配
2018/10/12
【立ち上げ3ヶ月で売上1,200万円】料飲売上が下落する地方ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略

「ブライダルや宴会の件数・売上が大幅下落し、それに伴い全館売上が減少した」

「国内宿泊者増加の恩恵がほぼなく、競合増加で宿泊売上も減少している」

「料飲部門売上ダウンによって、職人の人件費が増加・圧迫している」

「全館売上ダウンによる固定比率の増加が年々大きくなっている」

 

特に料飲部門が売上の柱の1つとなっている地方ホテルは、

こういった多くの悩みがあるのではないでしょうか。

 

 

—————————————-

 

いち早く地方複合機能型ホテルの業績アップについて知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

そんな中でも、業績を上げられている、地方ホテルがあります。

 

既存施設と人員を活用し、高収益販路である「高級弁当デリバリー事業」に参入された

企業様です。

 

 

~S社様@滋賀県の場合~

 

〈参入の背景〉

件数の下落による婚礼売上・宿泊売上が軒並みダウンし、全館売上は最盛期の

75%程度まで落ち込む。既存リソースを活かし高級弁当デリバリー事業に参入。

 

〈取り組み成果〉

人口10万人の商圏で、参入5ヶ月で売上2,000万円を突破。

初年度年商は5,000万円を記録した。

 

〈今後の展開〉

専門厨房・人員体制に向けて体制を刷新。

社員1人(残りはP/A)で中食・デリバリー2億事業化体制の構築

 

 

~K社様@秋田県の場合~

 

〈参入の背景〉

婚礼件数は最盛期の1/2以下に減少し、それに伴い料飲売上は60%程度まで減少。

低投資かつ既存設備を活用できる高級弁当デリバリー事業に参入。

 

 

〈取り組み成果〉

人口4.7万人の商圏で、初月月商は550万円(営業利益は30%超)を記録。

初年度年商は4,200万円を達成。

 

〈今後の展開〉

事業2年目は昨対130%で推移し、デリバリーブランド複合化に向けた

ブランド構築を実施。

 

この2つの企業はどちらも一昨年から昨年にかけて、高級弁当デリバリー

事業に参入されて、小商圏ながら、初年度から大きな売上を記録されました。

 

 

—————————————-

 

いち早く地方複合機能型ホテルの業績アップについて知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

皆様、こんにちは。船井総合研究所 林田大碁でございます。

 

いつも、当コラムをお読み頂き、ありがとうございます。

 

今回は地方ホテル、特に厨房機能を持ち、ブライダル・宴会サービスをもつ

地方複合機能型ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略についてお伝えします。

 

まず、ホテル区分とその市場性についてですが、ホテルを区分すると、

大きく以下の3つに分かれていきます。

 

①繁華街(駅前)宿泊特化型ホテル

→宿泊サービス提供に特化した形態のホテル。繁華街(駅前)に立地し、

単身・ビジネス層の宿泊者が多く、宿泊単価は低い。

インバウンド等の国内宿泊者数増加の追い風を受け、

一気に件数(部屋数)が増え、競合過多の状態に。

 

②ラグジュアリー・リゾート型ホテル

→料飲・宿泊・飲食サービスを提供している形態のホテル。

サービス強化、多額の設備投資などにより宿泊(もしくは料飲)

単価は非常に高い。都心部・観光地に位置し、

インバウンド等の国内宿泊者数増加の恩恵を受け、

業績好調のホテルが多く見られる。

 

 

③地方複合機能型ホテル

→宴会・ブライダル等の料飲売上と宿泊売上を柱としている地方商圏に

位置しているホテル。宿泊客層は単身(ビジネス層)利用も多い。

立地環境もあり宿泊売上が伸び悩む。また、宴会やブライダル市場の

落ち込みが見られる。

 

 

上記の通り、地方複合機能型ホテルを取り巻く環境は3つの区分の中では最も厳しく、

 

・ブライダルの市場の落込みと専門式場へのニーズの移行

・宴会市場は市場全体が縮小し、使用金額も下落

・宿泊はビジネスホテルとの価格競争とパイの奪い合い

・飲食、サービス業種の有効求人倍率と時給は約50か月連続の上昇

・大規模設備投資は耐震修繕も見越すと極めて難しい

 

など課題は山積みです。

 

そんな中でも地方複合機能型ホテルが「高級弁当デリバリー事業参入」で

成功を収めることのでき、おすすめしているポイントは6つで、

 

1 完全予約注文のため、製造・人員計画を立てやすい

2 繁忙期・閑散期の差が少なく売上・利益が安定する

3 製造作業を標準化・機械化しやすく職人が不要

4 高粗利かつ初期費用が低いため収益性が高い

5 ストック型に転換できるため売上が積上式に伸びやすい

6 市場の成長に対して競合環境が比較的緩やか

 

が挙げられます。

 

—————————————-

 

地方ホテルの高級弁当デリバリー事業のポイントや成功の理由を知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

上記の成功事例がある中でも、多くの地方複合機能型ホテル様にお伺いすると、

 

「自社商圏で高級弁当デリバリー事業は成功するの?」

「自社のリソースでそんな売上が作れるのか?」

「成功した企業ポイントに自社も当てはまるの?」

 

そんなお声を頂戴します。

そのお声にお応えし、このメルマガを見て頂いた企業様限定で、

「高級弁当デリバリー事業参入の無料事業診断」を実施させて頂きます。

 

①市場性診断(自社商圏のポテンシャル)

②自社リソースにおける事業判断

③先行企業の成功事例共有

 

を基軸に御社における高級弁当デリバリー参入時の事業イメージを無料にて

御社にお伺いし、お話を致します。

 

ご希望、ご相談の方は下記の【連絡先】までお気軽に御連絡下さい。

(※御連絡を頂戴しました後、担当者から折り返し御連絡を差し上げ、

日程を調整させて頂きご訪問致します。)

 

 

【連絡先】

TEL:070-2299-0596

MAIL:d-hayashida@funaisoken.co.jp

担当コンサルタント:

林田 大碁(はやしだ だいご)

(※大変お手数ですが、「ホテルのメルマガ」をお読みなった旨をお伝え下さい。)

 

少しでもご興味、お悩みをお持ちの方は、まずはお気軽にご連絡下さい。

 

「まずは詳しい資料を見てみたい。」という方は

下記より資料をダウンロードください。

 

—————————————-

 

地方ホテルの高級弁当デリバリー事業の詳細を、まずは資料で見てみたい。

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

皆様の明日からの経営や業績アップの一助になれば幸いです。

 

株式会社船井総合研究所 林田 大碁

執筆者
林田大碁
仕出し事業の年末年始(繁忙期)売上の課題と対策について考えましょう。
宅配
2018/9/14
仕出し事業の年末年始(繁忙期)売上の課題と対策について考えましょう。

皆様、こんにちは。
船井総研 中食コンサルタント林田です。
 
本日は、「繁忙期売上」のお話を。
 
今年のお盆も終わり、年末年始が近づいています。
ご訪問先でも、お盆売上結果が出ていました。
主に地方商圏の企業様の売上傾向をみると、やはりオードブルの売上構成比が多くを占めています。
 
この傾向は、仕出し・宅配事業を営む多くの企業様でも近しい傾向なのではないでしょうか。
繁忙期売上最大化のために、「売れる時期」に「売れるもの」を「売り切る」ことは必要不可欠なのですが、
一方でオードブルの課題は「注文単価の低さ」にあるのではないでしょうか。
 
仕出し事業の簡単な売上公式では、
「売上=注文件数×平均注文単価」
となります。
 
お付き合い先でも、3枚で10,000円(7~8人前)や大皿の盛り合わせ7,000円前後(5~6人前)などで販売していますが、これらの商品のみで注文が完結してしまう為、例えば法人用会議弁当の注文単価2~3万円のようにはなりません。
そのため、上記公式から、売上を伸ばす為には注文件数を増やさなければなりません。
 
一方で地方商圏を中心に、今後人口減少、新規注文見込み客減少などによって注文件数は増えづらい、獲得しづらい状況になります。
そのため、
「注文単価を上げていくこと」
に注力していく必要があります。
 
注文単価アップ施策の方向性として大きく2つです。
① クロスセル商品の追加(商品面)
⇒寿司を中心とした飯類系商品(一括注文できる手間の省きに注文取
り込み)
蟹やステーキなどの嗜好性の高い1人前商品(ちょっと1品食べた
い需要の取り込み)
② クロスセルの推進(販促・オペレーション)
⇒販促物(紙、WEB等)への複数購買推進の記載
 TELオペレーション時の誘導
 複数購買時の割引価格の表記
があります。
 
繁忙期は手数が多く、忙しい一方で売上数字が伸びづらい。もっと売上を伸ばしたいとお考えの皆様「注文件数」も大切ですが、「注文単価」にもフォーカスして繁忙期売上を考えてみるのはいかがでしょうか。
 

執筆者
林田大碁
宅配・仕出し事業の成長エンジンとなる「製販一体」という形
宅配
2018/8/08
宅配・仕出し事業の成長エンジンとなる「製販一体」という形

皆様、こんにちは。
船井総研 中食コンサルサルタントの林田です。
 
本日は、仕出し・宅配事業における成長の形を。
先日お伺いした企業は、宅配参入2年目ながら、前年は予算比130%以上。今年の第一四半期も前年比160%超・予算対比も100%超で宅配事業が成長しています。
 
この企業様のこれまでの取り組みと成長要因を考えると、
「製販一体」となった商品開発と販促計画がキーポイントとなっていました。
 
この宅配・仕出し事業における「製販一体」の形とは、上記の企業様を参考にすると大きく以下の3つのような取り組みになります。
1) 適切な新商品投下・商品改廃
⇒配送・受注時のお客様の声の吸い上げと収集、数値データから見る販売傾向のフィードバックで、適切な(顧客が欲している)新商品の開発・投下ができ、また利用頻度の高いカテゴリーや価格の商品改廃を行うことで、離脱や利用頻度の減少を避けることができます。
2) 販促計画から逆算した商品開発・改廃
⇒季節の売上傾向やイベントや用途などから、販促計画を策定し、それを商品開発のメンバーとフィックスする事で、そのイベントに適した商品を、そのイベント販促時期に合わせて開発することができます。また早期販促の実施も可能になってきます。
3) 商品特徴を捉えた適切な販促の実施
⇒お客様からのお声や数値データを加味して作った商品の訴求ポイントを、開発メンバーから販促を実施するメンバーに伝えることで、商品の訴求ポイントや、対象顧客などが明確になり、適切な販促の実施に繋がります。
 
多くの企業様では、製販相互の情報交換は少なく、お互いの活動には、あまり触れないことが多く見られます。
しかし、相互の関係強化によって、製販どちらも精度があがることによってまた、1つ事業がブレイクスルーしていくのではないでしょうか。

執筆者
林田大碁
今だから考える仕出し事業の残存者メリット
宅配
2018/7/09
今だから考える仕出し事業の残存者メリット

皆様こんにちは。
船井総研中食コンサルタント林田です。
 
今回は、仕出し事業における残存者メリットのお話を。
 
どの業界でも、人手不足・採用難・高生産性が注目される昨今ですが、これは仕出し業界においても同じです。その潮流が影響し、仕出し事業を営まれる企業様が徐々に撤退しているのが回収容器(2WAY、5,000円以上などの高単価)の商品カテゴリーです。主に法事・慶事ごとに使用される商品です。
 
お付き合い企業様の多くも、生産性や高収益を目指して、使い捨て容器(1WAY、3,000円~4,000円の低中単価)への切り替え、もしくはそれら商品をメインとした品揃えをしています。
 
一方で、法事ごとを中心に回収容器への需要は一定数存在します。
多くの企業様が使い捨て容器に切り替える一方で、需要が存在する為、回収容器需要は残存者(未だにその商品を持っている企業様)へ徐々に集中していきます。
 
回収容器のデメリットは、
・配膳、回収の手間
・労働時間、人手が必要
・自社での洗浄や管理が必要
・利益率の低さ
などが挙げられますが、一方でメリットは
・今後需要が集中する
・利益額の大きい(率が低くても単価が高いため)
が挙げられます。
 
上記のようなメリット・デメリットのみで商品追加・撤退の判断を下すのは危険ですが、今の潮流ではなくとも、自社持っている商品が強みになりうることも考えたいものです。
 
また、あるお付き合い先の企業様では、この回収容器(高単価商品)需要への対応として、
使い捨て容器ではあるものの、回収容器風の高単価商品を作り、一定金額以上もしくは配送料支払いで、回収・配膳対応をする商品を作るといったハイブリット的な対応をしている企業様もあります。
 
今の潮流に対応する事も非常に大事ですが、
一方で自社の強みとなりうる商品や、競合・他社状況など
常に環境・状況を見て、考えた戦略を検討して頂きたいところです。

執筆者
林田大碁