経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
【残り30席】セミナー案内!!焼肉店が正社員2名の弁当宅配専門CK設立1年目で年商7625万円を達成した理由
NEW
宅配
2018/6/15
【残り30席】セミナー案内!!焼肉店が正社員2名の弁当宅配専門CK設立1年目で年商7625万円を達成した理由

本日は、
高級弁当宅配事業に参入し、セントラルキッチン設立1年目で
「 正社員2名+パート5名 」で
「 年商7625万営業利益額1905万 」
を達成し、
「 2期目の今期は売上1.1億円 」を見込む、
昨期念願の年商10億円を達成した秋田県秋田市の焼肉店運営企業、有限会社日野様の日野社長が登壇する高級弁当宅配事業業績UPセミナーのご案内です。
 
まずはこちらをご覧ください。


こちらは有限会社日野様の「高級弁当宅配事業」の過去3年の業績推移です。
 
簡単にまとめると、
➀既存焼肉店の売上不振をカバーするため法人向け高級弁当宅配事業に参入(2015年)
 
②月商200万を超えるようになりお断りが続出。弁当宅配専門セントラルキッチンの設立を決意
 
投資額約4000万(厨房機器2000万、設備投資2000万)でコンビニの跡地にセントラルキッチンを設立(2016年)
 
➃初年度の年商7625万、営業利益額1509万達成(2017年)
 
⑤2期目の今期も業績は好調。
着地は1.1億円予定、投資回収も2年半で終了見込み
パーティケータリング事業、通販事業にも参入。
 
このようなステップを歩まれています。
 
この度、この事業構築からセントラルキッチン設立まですべてを主導した有限会社日野の日野社長に実際のリアルな苦労、成功ノウハウをお話しいただきます。
 
 
( 牛玄亭の日野社長が登壇するセミナーのお申込み、詳細はこちらから⇒http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/032907_lp.html )
 
☆こんな経営者様におすすめ
・法人向け高級弁当宅配事業強化に興味がある経営者様
・高級弁当宅配専門CKの設立に興味がある経営者様
・自社サイトから弁当宅配の売上を作りたい経営者様
・店舗の端材を有効活用できるセントラルキッチンの設立に興味がある焼肉店経営者様
・慢性的な人不足で次なる打ち手に悩む外食企業経営者様
・既存のセントラルキッチンを有効活用したい外食企業経営者様
 
船井総研フードデリバリーチームが満を持して開催する「高級弁当宅配事業業績アップセミナー」。
今回は、2018年8月28日(火)大阪会場、2018年9月20日(木)東京会場の2会場で開催が決定しました。
 
各会場先着30名様となりますので、是非早めにお申し込みください!
 
 
☆セミナーでお話する内容抜粋。
 
明日からの経営判断のヒントになる!すぐに役立つ
セミナー当日に学べる具体的なポイント

①有限会社日野氏の講演内容(一部)
■なぜ高級弁当宅配事業に参入したのか?
■既存の厨房、既存の人員で弁当宅配事業に参入し、参入1年目で「法人顧客」だけで月商200万以上の売上を上げられた秘訣
■弁当宅配セントラルキッチン設立のリアルなオカネとヒトの話。苦労・裏側
■セントラルキッチンを写真で公開!オペレーションやレイアウトを社長自ら説明します
■なぜ秋田市という地方都市でも「WEB」で販路開拓ができるのか
(WEB戦略・営業・販促・システム・リピート策等)
■パーティケータリング事業参入など今後の取り組みについて
②高級弁当宅配事業について
■弁当宅配事業社の最新事例と時流
■パーティケータリング事業・パーティオードブル事業への参入
■手数料有販路売上依存から脱却!自社販路獲得の為の営業手法
■参入後即業績UP!準備期間3ヵ月の細かな施策すべて公開 ③商品戦略について
■後発参入でも選ばれるMD戦略をズバリ公開
■繁盛店は必ず押さえている持っておくべき商品の売価
④販促戦略について
■もうポータルサイトに頼らない。自社ホームページの作り方
■地方都市でもWEBで集客!WEB集客ノウハウ大公開
■都市部と地方、商圏別これだけ販促・集客法とは?
■新規参入直後に1,000万円の売上を作ったチラシを大公開
■「今」取り組まなければ手遅れになる弁当宅配事業のWEB戦略
■検索上位から競合が消える、検索エンジンを独占する方法とは
⑤顧客管理・数値管理について
■50%以上の顧客がリピートする顧客管理手法!
■利用回数別リピート率を把握してリピート率圧倒的改善
■顧客管理から製造指示書まで一括管理できるシステムの紹介
■販促検証帳票で必ず販促効果をチェック
■VIP顧客の離脱防止!RFM分析の手法
 
等々、その他にも盛りだくさんの内容になっています。
 
( お申込み、詳細はこちらから⇒http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/032907_lp.html
 
セミナー開催まで3か月。
前回セミナーでは満員御礼!是非お早めにお申し込みください!
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
正社員2名・P/A5名で年商1億の牛玄亭厨房の日野社長が登壇!
焼肉店・飲食店経営者様向け高級弁当宅配事業業績UPセミナー
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/032907_lp.html
 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
【大阪会場】2018年8月28日(火)13:00~17:00(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】2018年9月20日(木) 13:00~17:00(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
地域一番店企業が行っている名物商品開発の11のコツ
宅配
2018/5/14
地域一番店企業が行っている名物商品開発の11のコツ

こんにちは。
船井総研の春日です。
 
今回のコラムは、地域一番店企業が気を付けている「圧倒的一番商品つくる上での訴求ポイント」というテーマでお話します。
 
企業の一番商品(一番売上構成比の高い商品)はその企業の顔と言えます。
 
その中でも売上構成比が26%を超えるような圧倒的一番商品を持っている企業は、下記3点の理由で経営が安定しやすい傾向にあります
 
➀商品に常連顧客がついている

②製造効率がよい

③仕入れコストが下がる
 
このような点を踏まえ、今後成熟していく市場の中で、圧倒的な顧客基盤を持つ商品作りは急務といえます。
 
成熟市場では「一番」の企業がますます選ばれるようになり、そうでない企業は力のない順に脱落していきます。その商品のカテゴリーでまず、地域一番の座を揺るぎないものとする必要がありそうです。
 
しかし、
「わが社には明確な強みが無い」
「特徴がないから訴求ポイントがみつからない」
という悩みを持っている経営者様をよくお見掛けします。
 
それでは、「一番商品」はどのように作ればよいのでしょうか。
 
本日は地域一番企業が意図的に一番商品を作る際に気を付けている訴求ポイントを「一番商品の11の訴求ポイント」として簡単にまとめましたので参考にして頂ければと思います。
 

項目 ポイント
素材 原料だけでも食べてみたいと思わせる原料の使用 原材料としてまだ日本であまり使用されていない素材を活用 希少価値の高い素材の使用
製法 どの程度手が込んでいるかを数値的に示すことができる 従来商品を作るのに使用しない製法で商品を開発している
ネーミング 嘘偽りの無い常識を超えるタイトルを含んでいる 商品を使用するシーンを明確にしたネーミング
地域性 素材やネーミングに地域性を持たせることができている 地域でしか知られていない「地元の当たり前」を全国に展開
形状 それまでの商品イメージの常識を色や形で覆すことができているか
作り手 作り手が賞を受賞しているなど権威がある
商品価値 商品を食べることによる健康訴求ができる 募金など全く別の視点から付加価値をつけることができる
パッケージ 商品の外観を目で楽しむことができるようになっている
価格 商品の価格帯として常軌を逸脱するぐらい高い、もしくは安い
新規性 「○○発!」「日本初」「日本上陸」など、目新しさを訴求することができているか
第三者評価 すでに商品が行列のできる程並ばないと手に入らない 著名人が気に入っている 商品自体が賞を受賞

 
上記のポイントを意識しながら、商品のストーリーを作り露出UPを通して売上拡大を行っていただければと思います。

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
宅配事業を飛躍的に伸ばす経営者の考え方
宅配
2018/4/09
宅配事業を飛躍的に伸ばす経営者の考え方

こんにちは。
船井総研の春日です。
 
仕事柄、毎日様々な経営者とお話をします。
 
その中には、毎年飛躍的に業績を伸ばしている経営者もいれば、
前年並の業績をキープするのが精一杯の経営者もいれば、
業績悪化を止められない経営者もいます。
 
会社を思う気持ちの強さは同じでも、
結果は残酷なまでに2極化してしまいます。
 
どうしてこのような違いが生まれるのか。
業績を上げ続ける経営者にはどのような共通点があるのか。
 
最近共通点を見つけました。
 
結論から申し上げると、
業績を上げる経営者とそうでない経営者は「投資」に対する考え方が全く違います。
 
私はデリバリー事業のご提案をすることが多いのですが、
 
例えば、業績を飛躍的に伸ばす経営者は、
3年後の「宅配専門セントラルキッチン」の設立を参入時点から見据えていることが多いです。
資金調達の方法や候補物件の検討も3年前からアンテナを立て、
宅配事業を企業経営の根幹にしようとしています。
 
しかしそうでない経営者は、将来は現在の積み重ねであると考え、ジャンプアップする思考が停止しています。
 
そんな経営者に多く見られるのは、
 
➀社長の兼任業務が多く、いつも通常業務で忙殺されている
 
②社長が業務に忙殺されているので戦略的な投資など重要な意思決定が遅い。
 
③投資と消費をはき違え、節約することが経営管理だと思い込んでしまう。
 
➃経費節約に目が行き、現状維持で精いっぱいになる。
 
⑤現状維持から何とか脱却するため、目先の延長上であれもこれも手を出してさらに苦しむ。
 
⑤業績が伸び悩んでいるのは社員の意識改革が必要だと考え、
仕組みづくりや人財育成にはまる
 
⑥部下にその意図が伝わらず、どの業務に集中してよいかもわからず、業務量だけが増え、離職が増える
 
⑦残った社員の食い扶持確保のためにも、収益性の低い事業はやめられない。
 
⑧常に少ない経営資源が分散され、低収益性が固定化される
 
⑨経営環境が悪化するとまたたくまに窮地にさらされる
 
という負のスパイラルです。
 
企業を5年後、10年後にどうしたいのか。
そのためには、どの時点でどんな投資をしなければならないのか。
そのためにはどれだけのキャッシュが必要なのか。
資金調達はどうするのか。
今の仕事の中で本当に10年後も続けていたい仕事は何なのか。
 
現状の積み重ねではなく、
近未来のジャンプアップを見据えた逆算の発想で、
やめることを決め、意思決定をするための時間を確保することが重要なのかもしれません。
 

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
高級弁当宅配専門店で営業利益率15%以上達成している企業の経費構造とは?
宅配
2018/3/14
高級弁当宅配専門店で営業利益率15%以上達成している企業の経費構造とは?

こんにちは。
船井総研の春日です。
 
飲食店様や惣菜店様、ベーカリー様のデリバリー事業構築のご支援をしています。
 
近年、店舗にデリバリー事業を「 付加 」するのではなく、
「 宅配専門店 」としてテイクアウト機能付きセントラルキッチンを設立される企業様が多くなってきました。
 
このような業態の中でも全国各地で成功事例が続出しているのが、
 
飲食店の「 高級弁当宅配専門店舗 」の開発です。
 
飲食店様が既存店舗で弁当宅配事業を行っている中で、
需要に対して人員や設備が限界を迎え、
本格的にセントラルキッチンを設立して事業化をするといった流れです。
 
このような企業様の中で、営業利益率「15%」以上を達成する企業さまは、
経費構造が非常に似通ってきます。
 
具体的には、
 
売上 100%
 
食材費 30%
包材費 8%
人件費 25%
家賃 5%
物流費 2.5%
水光熱費 2.5%
その他 10%
 
営業利益率 17%
 
多少差はあれど、
しっかりと利益を出す構造になっている企業様はこのような形になっている企業が多いです。
 
売上を上げることも必要ですが、
しっかりと経費構造を儲かる形に仕組み化することも必要です。
 
利益が出しづらくなっている企業様は、
上記基準値と比べて改善が必要な項目の改善アクションプランを立て、
 
月別で管理をしてPDCAを回していくことで高収益企業へと近づくことができます。
 
是非一度お試しください。

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝