客単価アップ&通販優良見込み客獲得につながる直売店ギフトコーナー | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

食品
2016/6/15
客単価アップ&通販優良見込み客獲得につながる直売店ギフトコーナー
客単価アップ&通販優良見込み客獲得につながる直売店ギフトコーナー
直売店をお持ちの食品メーカー様も多いと思います。
工場併設の4、5坪タイプから100坪以上の旗艦店型まで、周辺環境や戦略によってタイプは様々 であり、その強化・活性化のポイントも多数存在します。
今回は、どのタイプでも「客単価アップ&通販優良見込み客獲得」のために必要不可欠な機能についてお伝えします。
それは、『ギフト発送コーナー』です。
「ギフトコーナー?作ってあるけど・・・。」
「お客様に言われたらギフト対応はしているよ。」
などの疑問も浮かぶかもしれませんが、以下が徹底されているかどうかで結果も変わってきます。
①誰が見ても分かる様にコーナー化、「ギフトコーナー」と掲示されている
②客予算1,000 円のプチギフトから10,000 円の高額ギフトまで幅広く品揃えられている
③包装・のしの掛けられたモデル商品が陳列されている
④慶弔のし、メッセージカードがボード等で説明されている
⑤送料について明確に表示されている
⑥慶弔カタログやパーソナルギフトチラシなどのツールが設置されている
⑦コーナー近くに宅配便伝票を書くためのスペースが設けられている
言われたら対応するのではなく、普段から「うちではギフトをこんな風にやっています!」と発信力を 強化することにより、
「お客様が必要とする時」に、選択肢のひとつに選ばれる可能性が高くなります。

中元、歳暮以外のパーソナルギフトや歳時記需要を掴むことができ、ギフトの売上構成比が60%以上の直売店もあります。

当然、普段使いよりも客単価アップにつながります。 また、ギフト利用のお客様は、その後のDMの反応も高くなる優良な見込み客です。
必ず名簿化し、季節ごとにお声がけしましょう。

 

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。あらゆる規模の仕掛けを成功させている。自身も販売士2 級の資格を有する。「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

記事を見る
その他おすすめの記事