「介護」は「手段」。本質は「チルド付加による展開性」 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2016/6/10
「介護」は「手段」。本質は「チルド付加による展開性」
「介護」は「手段」。本質は「チルド付加による展開性」

先日の私もコラムでは「今伸びている、高齢者をターゲットとした給食市場=介護施設の給 食マーケット」の可能性と事例について、お伝えさせていただきました。「シニア」「介護」こういったキーワードは、感度の良い給食業経営者様であれば、一度は耳に したことがあるでしょうし、検討、もしくは実践されているかと思います。私たちからも、かなり発信してきているのもあるかもしれませんが。笑

 

ただ、ここでもう一つ重要なお伝えしたいことは 「介護のマーケットを狙う」というのはあくまで「手段の一つ」であって、本質的な「価値」と「狙 い」は何か?それは「チルドの製造技術を持つこと」だということです。

 

介護施設は、今後も伸びていく有力な市場。 しかしそれだけではなく、チルドの商品を持つことで様々な今後の展開性が見えてきます。

 

例えば、インバウンド特需による成長著しい「ホテル」の朝食や、ビュッフェのマーケット。 ホテルの食事ニーズは「チルド」にあり、具体的には 100 室あたりで月間 80 万円程度の安定 的な売上が見込めます。 特に東京、名古屋、大阪を始めとした観光立地はこれが強くハマりますが、マーケットは非常 に大きいです。

 

また「オフィスおかん」等に代表される「置き型惣菜デリバリー」。まだ市場としては導入期~成 長期にさしかかるぐらいなので、ご存知でない方もいるかもしれませんが、「24 時間いつでもつ かえる“ぷち社食”」というコンセプトで、都心部で拡大されてきています。

 

正直、文字数の関係でこのコラムでは細かくはお伝えできませんが まずはマクロに、「鳥の目」で、この市場性と展望を掴んでおいていただけたらと思います。

 

★ゲスト講師講演アリ!最新セミナー情報★

『介護施設給食 ヶ月で 3000 万円獲得!劇的業績アップ事例公開セミナー』

<大阪会場>月 日(木)@船井総研 淀屋橋オフィス

<東京会場>月 13 日(月)@船井総研 丸の内オフィス

(内容・お申し込みに関するお問い合わせ)

TEL0362122223(吉澤、勝間)

Mailtyoshizawa@funaisoken.co.jp

担当者
経営コンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数千万円規模の
業績アップに貢献。
特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業
スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

記事を見る
その他おすすめの記事