ビジネスホテルのスケール戦略 | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2016/6/04

ビジネスホテルのスケール戦略

ビジネスホテルのスケール戦略

一部都市圏を中心に活況なビジネスホテルですが、 地方ではまだまだ温度差がある状況です。

地方のビジネスホテルが部屋数アップなどの投資をかけずに、 今後売上を伸ばしていくためのテーマがずばり“食マーケットへの進出”です。

すでにホテル内飲食をお持ちのホテル様は多いかと思いますが、 泊食分離が進むなかで、なかなか今後厨房稼働率を上げることは難しいかと思います。

そんななかで、私の支援先の多くで取り組んで頂いているのが、 “地域一番の食総合企業“を目指しましょうというテーマです。

比較的即時で業績を伸ばしやすいデリバリーへの参入を切り口に、 テイクアウト店舗の開発や、デリバリー併設型イートーイン店舗の開発など、食業種での多角化を進めていくかたちです。

その際ビジネスホテルの課題として厨房キャパシティの低さがありますが、 営業利益率で 30%前後残すことが可能なデリバリー事業で売上を作ることができれば、 厨房強化のための投資を多少かけたとしても、 本業のハードへの投資などと比較すると、早期で投資回収することができます。

本業収入の頭打ちが見えてきた今、 宿泊業の皆様も、既存のリソースを活かした事業展開を検討してみてはいかがでしょうか。

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事