惣菜業の脱店舗事例 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/6/03
惣菜業の脱店舗事例
惣菜業の脱店舗事例

惣菜路面店業態を営む経営者様にとっては、非常に厳しい時代になっています。

都市部集中時代への突入、消費の多様化による心理性の高い商品への移行により、 惣菜商品の消費の中心が百貨店に移りかわる一方で、 郊外でもコンビニエンス惣菜の台頭やスーパーのデリカコーナーの充実により、 郊外型の惣菜路面店は、これまでのような総合型バイキング形式では生き残りが難しくなって きています。

今後売上が劇的に伸びる可能性もなく、 赤字を出し続けるくらいであれば、店舗を閉めてしまいたい、 という相談を受けることも増えてきました。 そこでとある支援先で進めているのが、 脱・店舗経営、宅配専門店化です。

こちらの支援先では、 高単価弁当宅配への参入2ヶ月目から、 月商 300-500 万円を付加し続けていましたが、 既存の店舗厨房では効率が悪くそれ以上伸ばせない状態でした。

したがって、
店舗の売場スペースを宅配専門の厨房に切り替え、 店舗自体をテイクアウト機能のみを残したCKのようなかたちにリニューアルしました。

デリバリー自体は成長しているマーケットですので、 店舗にも分散していたリソースを宅配に注力すれば、 比較的スムーズに売上は伸びていきます。

あとは、 年間 1,000~2,000 万円の利益を残す事業に成長させたうえで、 成熟期でも勝てる業態として小坪で属性特化したテイクアウト業態を開発し、 宅配との連動で店舗展開を図るという流れです。

展開としては様々ありますが、 まずはすでにニーズを失った総合型惣菜路面店を解体し、 新たな業態へとリモデルするためのステップを踏んでいくことをおススメします。

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事