飲食店向け!拡大する法事マーケットを獲得せよ! | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2016/6/02

飲食店向け!拡大する法事マーケットを獲得せよ!

飲食店向け!拡大する法事マーケットを獲得せよ!

皆様こんにちは。
船井総合研究所の立川と申します。

 

和食店・ホテル経営のご相談を承るなか、
いま断トツで実行されやすいのが「法事獲得」です。

 

今回は、効率的かつ継続的に「法事」を獲得する方法をお伝えいたします。

 

・宴会場があるのに稼働率が悪い…
・平日もそうだが土日の売上が安定しない
・法事等の事前準備できる予約比率をあげたい
・人が少ない為、前もって準備ができる予約を獲得したい

 

このような課題にお悩みの経営者様も多いかと存じます。

 

拡大する法事マーケットを獲得するメリットは大きく4つあります。

 

[1] 土日の安定売上と粗利額の確保
[2] 少ない人数でも事前仕込みが可能
[3] 宴会場があれば投資がほぼない
[4] お客様との長いお付き合いができる

 

[1] 土日の安定的売上と粗利確保
パンフレットやウェブ上での“見える化”をしっかり進めることで、
特に土日のランチでは、50~60代女性向けのアピールパンフレット等から売上付加が見込める。
また、コースメニューも比較的高粗利に設定できるため、トータル粗利額アップに大きく寄与する。

 

[2] 少ない人数でも事前仕込みが可能
入ってくるのは土日であることから、平日に仕込み、土日に出す。
数が多くとも、真空調理やクックチルなどの導入により事前仕込みが可能であり、
当日は4次加工のみでのオペレーションとなる。
少ない人員でも売上最大化が可能。

 

[3] 宴会場があれば投資がほぼかからない
パンフレット作成などの費用以外では、投資がかからず売上付加が可能。
個室、椅子席などの細かいリクエストに応える必要はあるが、
既存スタッフで無理なく対応できる。

[4] お客様との長いお付き合いができる

四十九日が入れば、その後の一周忌、三回忌…と長いお付き合いができ、
次回開催前にDMを送付することで、継続的に売上付加ができる。
ここで重要なことは顧客管理。しっかりデータベース化しないと次なる売上が続かない。
顧客管理システム導入などにより、より綿密に行いたい。

 

少子高齢化社会において、爆発的な売上アップなどありません。
今後の飲食店経営において、既存業態にしっかり「法事」マーケットを付加し、
さらなる安定的な売上獲得を目指していきましょう。

担当者
チームリーダー/シニア経営コンサルタント
立川 潤治

全国中小企業における営業部長的な役割で、経営者の心の支えとして存在感を出す
和食業界を中心に飲食全般の戦略立案、組織づくり、人材育成まで幅広く
外食グループでも顧問先数はトップクラス

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事