地域ナンバーワン焼肉店のやっていること | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2016/6/02

地域ナンバーワン焼肉店のやっていること

株式会社船井総合研究所 アシスタントコンサルタント 加登 大資

地域ナンバーワン焼肉店のやっていること

みなさまこんにちは!
船井総研の加登 大資(かとうだいすけ)と申します。

 

今回は、焼肉店・飲食店経営のヒントとして、
「原価高騰」「消費税増税」「人材不足」でも売上・利益をのばし続ける
“地域ナンバーワン焼肉店のやっていること”というテーマでお話いたします。

 
 

焼肉業界のここ数年を振り返ってみると、
2014年は業界の大手チェーンの売上推移を見て分かる通り、
全体として売上を大きく伸ばした年でありました。

 

この流れは2012年12月に発足した安倍政権以降から続いていたものであります。
その後の消費税増税以降も多くの焼肉店が業績を伸ばされてきました。

 

しかしながら、牛の飼育頭数減少、円安、中国のUS・AUS産牛肉の使用量増等により、
牛肉価格は高騰の一途を辿っています。
2~3年前と比較すると、30%~50%(増税は加味せず)で高騰しており深刻な状態が続いています。

 

また、飲食店を経営されている方全てに共通する大きな課題である人材不足や、
採用広告コスト、時給アップ、労働環境改善によるP/A賃金の増加等によって
人件費がどんどん上昇し、FLコストの調整が急務となっております。
直近でも仕入先からこの夏に向けてまた値上げの通達が来た店舗様も多いのではないでしょうか。

 

「いつまでもどこまでも続く原価高騰が不安」
「人材不足による採用・定着コストの上昇への悩み」
から今後が不安になり、
明るい未来を感じることができていない焼肉企業がほとんどかと思います。

 

しかし現状に悩みながらも、しっかりと考え、
様々な対策を実行して結果を出されている焼肉店もございます。

 

その焼肉店経営者様が共通して行われていることが以下の3つの経営戦略です。

 

【成長を続ける焼肉店の3つの経営戦略】
[1] 原価高騰、消費増税対策の「客単価アップ、原価率ダウン」
[2] 同エリアで出店可能!!焼肉店だから可能な高収益業態開発
[3] 社員、スタッフが働きたくなる環境づくりへの投資

 

今回のコラムでは、
[1] 原価高騰、消費増税対策の「客単価アップ、原価率ダウン」
のポイントをお話しいたします。

 

◆客単価アップ、原価率ダウンの為の仕掛けとは?

 

まず、値上げをしても売上アップできる成功のポイントが大きく5つあります。

 

成功ポイント1『値上げしても良い「商品」と「客層」を定める!』
成功ポイント2『値上げできる商品の選定と新商品の投入!』
成功ポイント3『高い理由が分かるこだわり訴求型メニューブック』
成功ポイント4『“影響原価率”の見える化による原価率削減』
成功ポイント5『低価格商品・カテゴリーのつくり方』と出数アップ』

 

これらの成功ポイントに沿っていけば基本的には客単価アップ、
原価率ダウンは決して難しいことではありません。

 

特に成功ポイント4『“影響原価率”の見える化による原価率削減』は要注目です。
単品原価率や理論原価率を算出されていない場合は、
早急に出されることをお勧めしております。

 

なによりも利益改善の近道になるのが原価管理の徹底です。
これが出来ていないと、他の取り組みをしたとしても
原価ダウンの効果は大きく得られません。

 

原価は大きく“理論原価”と“実際原価”に分かれます。
“理論原価”とはその名の通り、「机上で計算した理論上の原価」です。
“実際原価”とは「仕入金額、棚卸高を顧慮した実際の原価」となります。
これら2つの原価の差がロスとなります。

 

メニューリニューアル等の戦略を実行する際には、
まず単品毎の「理論原価」を算出した上で出数予測(売上構成比予測)を行い、
全体の原価率をシミュレーションする事が大切です。
またメニューリニューアル後には実際の出数を当てはめた上で、
全体の原価率はもちろんの事、カテゴリー別の原価率などを全て「見える化」した上で、
継続的に問題点を改善していく事が大切です。

 

この際に重要な視点となるのが「影響原価率」という考えです。

 

影響原価率=単品原価率×売上構成比

 

例えば単品原価率が100%の商品であっても、
1個も売れていなければ全体に及ぼす原価率=影響原価率は0%となります。
つまり、効果的な原価率コントロールを行う為には、
「影響原価率」の高い商品を重点的に管理していく事が重要 になるのです。

 

以上のように利益改善はそう難しくありませんので、
是非取り組んでいただきたいと思います。

関連レポート(ダウンロード資料)

無料レポート 「肉バル」への業態リニューアルで 売上1.8倍を達成!成功事例レポート
[PDF 17ページ]

「肉バル」への業態リニューアルで 売上1.8倍を達成!成功事例レポート

「強みを明確にしたいが打ち手が見えない....」当時そんな状況だったカフェ&ダイニング業態から思い切って「肉バル業態」にリニューアル!
4店舗新規出店に至った成功事例を"詳しく"ご紹介!

目次

成功事例レポート
苦戦していた居酒屋業態が「肉バル」への業態リニューアルで売上1.8倍を達成!その後2年で4店舗の出店に成功した方法
なぜ今「肉バル」の出店、業態リニューアルが好調なのか?
  • 「肉バル」が増える理由とは!
  • 「肉バル」の魅力とは!
  • そもそも「肉バル」とは?
  • 肉バルのメニューは?
  • 収支と出店エリア
  • 未経験でも簡単にできる!
  • 肉バル初参入の事例多数!
  • 肉バルセミナーでお伝えする内容(このセミナーは終了いたしました)

担当者
アシスタントコンサルタント
加登 大資

入社以来、様々な飲食店の既存店活性化プロジェクト支援に従事。現場に足を運ぶことにこだわりを持ち、100 店舗以上の事例を見たことによる完全な事例主義を実践している。肉業態、特に焼肉店ならではの販売促進による即時業績UPを得意とし、クライアントから高い評価を受けている。最近では、牛肉業態の「焼肉店」「肉バル」の業態開発 をはじめとし、豚肉業態であるとんかつ店・しゃぶしゃぶ店のクライアン トも多く持ち、その業績アップに取り組んでいる。原価高騰に悩む肉業界で、商品構成や売価設定など細かいところまで入り込み、客数を減らすことなく、客単価を上げ利益改善、業績アップにつなげる手法には定評がある。日常づかいからハレの日使いまで幅広くしてもらえ、お客様に喜んでもらえる「肉業態」を作り上げることを目標に日々活動している。

記事を見る
その他おすすめの記事