爆発的認知度アップ!工場祭・蔵祭り | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2016/5/31

爆発的認知度アップ!工場祭・蔵祭り

爆発的認知度アップ!工場祭・蔵祭り

工場や蔵、事務所の傍らにある直売店の売上・集客数を増やしたいとお考えの食品メーカー様は少なくないと思います。売上・集客数が増えない根本的な問題としては「地元のお客様に知られていない」ことが挙げられます。

 

工場直売店や蔵の地元認知度を爆発的に上げるには「工場祭・蔵祭り」がオススメです。

 

工場祭・蔵祭りとは、工場や蔵の敷地内に地元のお客様を招き、「商品体験」「確からしさ」「ふれあい」を提供するイベントです。単なるセールや直売会ではありません。

規模などにもよりますが、おおよそ1回の工場祭・蔵祭りで1,000~10,000人を集めることができます。

 

「そんなに集められるわけがない!」

 

実施したことのない企業様からはよく投げかけられる言葉ですが、いくつかのポイントをおさえれば必ず目標の人数は集められます。初めての企業様は2日で1,000人を目標に始められるとよいでしょう。

 

興味を持ちながらも「狭いから」「人がいないから」「知られていないから」を理由になかなか実行に移せない企業様、お気持ちは分かりますが、できる範囲で進めればよいのです。まずは開催日を決定し、社内外に告知してしまいましょう!

 

気になるのは「何をするのか」と「どうやって集めるのか」の2つだと思います。

 

「何をするのか」

まずは以下を基本として徹底し、慣れてきましたら独自の企画を追加してみましょう。

①商品体験・・・工場・蔵見学、製造体験など

②お客様参加型企画・・・商品の詰め放題、つかみ取りなど

③限定商品・・・当日だけの特別製造商品、お得なセットなど

④飲食・・・試飲・試食やお昼になる軽食など

⑤お子様向け企画・・・ファミリーを集荷します。風船プレゼント、お菓子すくいなど

この考えで企画を揃えると、「商品販売ばかりで楽しくない」「お客様への無料企画ばかりで売上にならない」といったアンバランス現象を回避することができます。

 

「どうやって集めるのか」

こちらも以下を徹底すれば、ハズすことはまずありません。

  • 1~2ヶ月前からの事前配布チラシ、店内外告知ポスター、WEB、FBでの情報発信

②2週間前のハガキDM、プレスリリース

③前日の新聞折込チラシ

もちろん、地元タウン誌への掲載やCM、車内広告など、地域によっては有効な手法は他にもありますが、①~③は基本中の基本です。漏れがないようにしましょう。

 

「昔やったことがあるけど200、300人だった。1,000人なんて来るわけない」

 

中途半端に経験があると、基本をおろそかにしていることに気づかず、踏み出せない食品メーカー様も実は多かったりします。過去の失敗体験が怖い気持ちも分かりますが、ぜひ上記に基づいて再チャレンジしてみてください。

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。
あらゆる規模の仕掛けを成功させている。
自身も販売士2 級の資格を有する。
 
「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事