ツキの原理を活用した自店の強化商品選定方法 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
食品
2016/5/27
ツキの原理を活用した自店の強化商品選定方法
ツキの原理を活用した自店の強化商品選定方法

皆様こんにちは、船井総研の春日です。

いつもコラムをお読み頂き有難うございます。

 

中小食品スーパーが地域の消費者に愛される超繁盛店になるためのコツは、

自店の強化商品を正しく選定することに有ります。

 

消費者に愛される店を目指すには、接客やリピート対策ももちろん必要ですが、

まずは商品力を強化するのがセオリーです。

 

商品力を強化していくための経営のコツでもっとも有効的で効率的な手法は、

「ツキの原理」に基づく活性化手法です。

 

船井総研では、数々の成功事例を基にツキがある商品をルール化しています。

それは下記5つのポイントに該当する商品です。

 

①伸び率の高い商品

(前年比伸び率の高い商品)

②坪効率の高い商品

(自店の平均坪効率よりも高い商品)

③在庫効率の良い商品

(自店の平均在庫日数よりも短い商品)

④売上構成比の高い商品

(自店の部門別売上構成比で7~11%の商品)

⑤自身のある商品

(店長・バイヤー・スタッフが自信を持ってお奨めできるストーリのある商品)

 

そして、このツイている商品の売場面積を拡大させることで売上を拡大します。

 

「ツイている商品を強化商品として選定する。その商品の売り場面積を拡大する」

 

非常にシンプルですが、これが超繁盛店になるために欠かせない重要な取り組みです。

 

 

船井総研ではこのような成功事例を共有する勉強会を随時開催しています。

ご興味のある方は是非d-kasuga@funaisoken.co.jp(担当:カスガ)までご一報下さいませ。

担当者
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。
食品メーカーでは量販店担当の営業マンとして現場の最前線で活躍。船井総研に転職後は食に関する企業の支援に徹底的にこだわり、20社を超える支援やプロジェクトに加わり成果を上げる。宅配・ケータリング業を専門としてからも、「答えは現場にしかない」というポリシーの下、徹底的に現場レベルの具体的な提案にこだわり続ける異色のコンサルタント。自分で現場に足を運んで得た生々しい事例を基に構築した戦闘レベルの提案に、船井流のマーケティング戦略を掛け合わせたユニークな提案には定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事