コーヒーと和菓子の組み合わせは時代の変化の象徴 | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2016/5/23

コーヒーと和菓子の組み合わせは時代の変化の象徴

コーヒーと和菓子の組み合わせは時代の変化の象徴

3月に全国和菓子教会が味の素ゼネラルフーヅと共催して「コーヒーと和菓子の出会い」というイベントを開催しました。定員300名に対し、6,590名の申込みがあったというのだから驚きです。和菓子と言えば温かい緑茶と一緒に味わう、そんなイメージを持つ人も多いかと思います。しかし、緑茶の消費量はピーク時から25%近く減っており、逆にコーヒーの消費量はここ3年だけでも10%以上の伸びを見せています。コンビニで手軽にコーヒーを楽しめるようになり、消費者の習慣は変化しました。この変化に菓子屋は対応しなければなりません。経営にとって最も大切なことは時流に適応することなのですから。
「和菓子と言えばお茶だ!」
「何がコーヒーだ!」
「コーヒーと和菓子が合うわけない!!」
なんて言っている場合ではありません。変化をどうチャンスに変えることができるか。「コーヒーと和菓子の出会い」イベントはまさにその考えの下での挑戦であり、大変素晴らしいなと感じました。
伸びる企業の経営者とは「素直」で「勉強好き」で「プラス発想」です。変化をプラスに捉え、素直に受け入れ、学んでいきましょう。

担当者
グループマネージャー 上席コンサルタント
花岡 良輔

船井総研食品グループを統括するマネジャー。食品製造業、卸・商社・小売を「つなぐ」コンサルティングスタイルを展開すべく、2014年にそれまでバラバラに活動していた食品部門のコンサルティングメンバーを集約。船井流ヒット商品開発法を完全ルール化。数々のヒット商 品を世に送り出している。食品産業新聞社「中小食品メーカーのブランド化戦略」執筆中。著書に中小食品メーカーのブランド化戦略、船井流販促大全など

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事