弁当宅配の人員構成とは? | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/4/25

弁当宅配の人員構成とは?

弁当宅配の人員構成とは?

弁当事業を立ち上げる際に良く質問されるのが、どのような人員構成で組めばよいか?というものです。

 

新規事業を立ち上げる際には、やはりわかり辛い部分がありますよね。

 

弁当事業として大きな流れとしては、
・正社員比率を高め、機械化によって生産性を高める
・徹底した仕組み化を導入し、パート/障がい者/高齢者/外国人対応する
この2つの流れが多くはなっています。

 

ただ、一般的な目安として頂きたいのは、【人時売上:4,000円】です。

 

例えば、日商12万円だった場合、シフトとしてほしい時間は、

30時間=120,000円÷4,000円

です。

 

そして弁当宅配の配送ピークタイムが11時半~12時半くらいですので、その時間までに完成させなければなりません。

 

そうなってくると、7時~11時までが製造から完成までの重要な時間です。

 

製造部分の目安でいけば、1時間に1人で1万円分の作成が1つの目安となりますので、3人体制で臨めば時間は間に合うと思います。

 
・朝一の製造での人員構成
・昼過ぎでの仕込みの人員構成
 

この2点で見ている上で、

全体:人時売上4,000円

製造:1時間あたり10,000円分の製造

 

上記を1つの指標として見て頂き、効率よく製造を進めて頂ければと思います。

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事