弁当宅配のフェイスブック活用法とは? | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/4/18

弁当宅配のフェイスブック活用法とは?

弁当宅配のフェイスブック活用法とは?

弁当宅配と、SNSの相性はどうなのでしょうか?

 

外食だと、火や煙の演出などがあり、シズル感は出しやすいと言えます。

 

しかし、弁当宅配やケータリングの場合はこのシズル感は出しづらい為、一見すると中々成果は上げづらそうに感じます。その為、あまり活用している会社さんは少ないと言えます。

 

ただ、実際に活用してみるところ、費用対効果良く売上・利益に繋がっています。

 

ポイントは、FBページの徹底活用ではなく、FB広告の方です。

 

大きなメリットとして挙げるならば、

  • 顧客層を細かくセグメントできる
  • 過去注文があった顧客にのみ広告を出せる

この2点です。

 

特に実施して良かったのが②での切り口です。

  • にてセグメントしたとしても、どうしても不特定多数の人に見られます。となると、GWやお盆、年末年始の費用対効果は良いのですが、通年ベースで見ると合わない月が出てきてしまいます。

しかし、②のパターンであればあくまでも既存顧客へのアプローチになりますので、費用対効果良く集客が可能になります。

 

FB広告→自社ホームページ→入電

 

この流れは、まだまだ競合も少なく予算も少なく済みますので、是非実践して頂ければと思います。

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事