菓子屋の主力商品の季節限定商品の作り方 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

製菓
2016/4/08
菓子屋の主力商品の季節限定商品の作り方
菓子屋の主力商品の季節限定商品の作り方

菓子屋にとって四季の演出は非常に重要です。季節限定商品の開発や売場の演出に日夜力を入れている菓子屋も多いでしょう。季節感の追及はお客様の顧客満足度の向上につながり、リピート促進につながりますが、アイテム数を増やしすぎたり、生産性の悪い季節商品を積極的に販売したりすることに関しては、注意も必要です。売上は上がった。でも、利益が大幅に減少した。と、いう結果に陥りかねません。

菓子屋が利益体質に変わるためには焼き菓子で売上構成比26%を目指せるような主力商品を生み出すことの重要性を言ってきました。

季節演出もできる上に、主力商品を育てることにもつながる手法として、主力商品の季節限定商品にトライしてみることをオススメします。

ただ、注意するべきこととして、

  1. 主力商品の売上構成比が10%以下の場合は決してトライしない
  2. 商品の良さ・特徴が失われるような味にしない
  3. パッケージも本商品の特徴を残したままにする
  4. 10%以上の値上げはしない
  5. 売場では本商品と共に並べる

以上5点に注意して、季節限定商品にトライしてみてください。くれぐれも包材ロスがでないように売上予測は正確に行うことをお忘れなく!

担当者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

記事を見る
その他おすすめの記事