安定的に成長を続けている食品メーカーに習う事業展開! | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

食品
2016/3/08
安定的に成長を続けている食品メーカーに習う事業展開!
安定的に成長を続けている食品メーカーに習う事業展開!

景気の波に加えて、
◎人口の減少(売場や接客強化などでカバーできる範疇を超越)
◎ライフスタイルの変化
◎商品ライフサイクルの短期化
など、食品メーカーを取り巻く環境は厳しいものになっています。

そのような中、安定的に成長を続けている食品メーカーの多くは主に、
◎主導権を握った企業経営
◎脱“安売り” 高生産性の実現
◎大商圏ビジネス
◎「引力」を持つ直売店作り
◎「コト消費」対応
を意識した事業展開を行っています。

これらを実現するのがズバリ「直販事業」です。
我々、メーカー直売ユニットでは、全国の様々な食品メーカー向けのコンサルティングを行っておりますが、「食品メーカーの直販比率アップ」に関するご依頼を数多くいた
だきます。卸を主体とした食品メーカーの場合は、「直販比率30%」が目標数値となります。30%の達成により営業利益の増加、資金繰りの改善、消費者への認知度アップなど、安定的な経営に直結する成果を得ることができます。

直販比率アップのためのポイント

「マーケットの付加」と「成長市場参入」です。各食品の年間消費量が減少している今日では、いち単品のみでの成長は困難です。
発展・関連商品や新業態など、新たなマーケットの付加が必要不可欠となります。その上で、観光市場や通販市場などの成長している市場へ参入することで企業の成長スピードも加速します。

1.新業態付加観光マーケット攻略ソリューション
2.メディア展開型通販ソリューション
3.オウンドメディア活用集客ソリューション

メーカー直売ユニットでは、この3つのソリューションを中心に、永続的、発展的な経営のお手伝いをさせていただきます。
安定的に成長を続けている食品メーカーに習う事業展開!
担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。あらゆる規模の仕掛けを成功させている。自身も販売士2 級の資格を有する。「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

記事を見る
その他おすすめの記事