業績アップに向けて欠かせない「採用力・定着力」の6つのポイント | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

人材
外食
2018/9/27

業績アップに向けて欠かせない「採用力・定着力」の6つのポイント

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 森屋 俊宏

業績アップに向けて欠かせない「採用力・定着力」の6つのポイント

昨今の人材不足は飲食業界全体の経営課題です。

人不足で売上のチャンスロスやQSC品質低下、社員の疲労感が増えすぎている飲食店が全国的に激増しています。

一方で、人材不足の課題をクリアし、業績を伸ばすべき時に伸ばせている飲食店もあります。

 

一体、何が違うのでしょうか?

 

1つ目は【正社員とパートアルバイトの採用と定着】です。

「採用力と定着力の違い」がQSCの品質や業績に大きな差が出ています。

繁盛業態や集客力の高い商品メニューがあっても、運営体制が整ってなければ

お客様に良さが伝わらないのは言うまでもありません。

では飲食店において「採用力と定着力」を高めるためには何がポイントになるのでしょうか?

 

■採用力について

① 採用の優先度を組織全体であげ、経営資源の配分ができている。

② ターゲティングの明確化とターゲット層からみた強みづくりを行っている。

③ 求人媒体主体の採用活動ではなく、自社で採用媒体を持ち、ダイレクトリクルーティング

を効果的に行っている。

 

■定着力について

① 仕事や成長による「楽しさ」を体感しやすいように環境整備できている。

② 今後の「人生設計」が描けるようにしている。

③ 「週休2日」「残業時間の短縮化」などの取組みがなされている。

 

上記ポイントをおさえることができている飲食店は「採用・定着」が上手くいっています。

関西で大阪王将・ミスタードーナツ・鶴橋風月・太陽のトマト麺など飲食店FCを多店舗経営されている立花エンターテインメント・ワン様では、採用難の状況を脱し、毎月50件以上の応募を創出することに成功されました。また、求人広告費が前期より3分の1削減することにも成功しました。

 

 

今回、立花エンターテインメント・ワンの大垣専務をゲスト講師としてお招きし

採用定着成功事例公開セミナーを開催いたします。

 

年末・年始の繁忙期、来年以降の皆様の飲食店の成長に向けて、

採用成功事例をしっかり吸収する機会にしていただければと思います。

↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓

http://funai-jinzai.com/seminar/036509_lp/

 

 

東京会場は終了し、大阪会場は10月1日(月)に開催されます。

ぜひ、人材不足の悩みを解決されていった立花エンターテインメント・ワン様の

成功事例をご参考にしていただければと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「飲食店フランチャイジー経営者向け採用戦略の立て方・成功ストーリー」

新しい採用力と定着力を推し進めた、

立花エンターテインメント・ワン専務取締役大垣氏が語る!

3年で3割以上増加した求人費を1年で3分の1削減した採用手法!!

↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓

http://funai-jinzai.com/seminar/036509_lp/

 

 

【大阪会場】 2018年10月1日(月) 13:00~17:00(受付12:30~)

(株)船井総合研究所 大阪本社

地下鉄 御堂筋線淀屋橋駅 10番出口より徒歩3分

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
森屋 俊宏

フードビジネス専門の「人材」×「組織づくり」のスペシャリスト。年間250日以上は全国各地のフード会社へ支援に
回っている。年商規模は、年商5,000万の会社~年商600億の上場企業までと様々な組織のステージでの経験を持つ。
全て飲食、給食、菓子、ケーターリング、食品の人材および組織面の支援と精通しており、実績豊富で安定感がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート