クックチル徹底活用のすすめ | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
宅配
給食
食品
2018/9/21

クックチル徹底活用のすすめ

株式会社船井総合研究所 マーケティングコンサルタント 春日 大輝

クックチル徹底活用のすすめ

皆様こんにちは、船井総研の春日です。

 

9月20日に、「弁当宅配専門店」設立2年目で年商1.1億円を達成した

牛玄亭様をお迎えしたセミナーを行いました。

 

牛玄亭様は正社員たった3名様で弁当宅配専門店を回されていますが、

その秘訣は「クックチルシステム」の完全活用にあります。

 

クックチルシステムを導入されている企業は基本的に事前調理

(計画生産)であるため、労働時間がぶれません。

 

そのため、生産性UP、労働時間の均一化に劇的に役立ちます。

 

煮物(しいたけ、さといも、にんじん、こんにゃく、玉子焼きやメインの

すき焼き)は全て「真空パック」×「クックチル」で100%事前調理。

 

揚げ物も「フライヤー」×「冷凍」で100%事前調理。

 

当日はスチコンで解凍し盛り付けるだけ。

 

その分和牛を利用した焼肉やステーキ等、メイン商材は全て当日に焼き上げ、

顧客満足度を高めています。

 

暇なときに適量仕込み、当日は盛り付けるだけ。

 

それが実現できているので、労働時間が短く、人員も多く必要ありません。

 

受注生産+計画生産のためロスが少なく、利益率が高い、事前に設定した包材込み

原価率を守るオペレーションであり、注文された分を事前に仕込む計画生産。

 

「クックチルシステム」の導入で生産性UP及び省人化を目指してみては

いかがでしょうか。

 

◆春日へのお問合せ・ご相談はこちらから

http://funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-delivery-inquiry.html

 

 

担当者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。食流通の最前線で具体的ノウハウを取得した後、船井総研に転職。転職後も食に関する企業の支援にこだわり、現在は宅配・ケータリング業を専門としている。月20日以上を現場でのコンサルティングに費やし、支援先数は社内でも随一。戦闘レベルの提案から中長期的な戦略構築まで、経営者に徹底的に寄り添うコンサルティングスタイルには定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート