「人材」の獲得競争が急激に加熱!問題解決のための2つの仕組 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
食品
2016/3/08

「人材」の獲得競争が急激に加熱!問題解決のための2つの仕組

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/人財マネジメントコンサルタント 原 康雄

「人材」の獲得競争が急激に加熱!問題解決のための2つの仕組

私たちは、飲食業界(焼肉、居酒屋、和食、ラーメン等)および食品業界(菓子、パン、スーパー、酒販店、宅配・ケータリング等)を対象に、人材開発コンサルティングを展開しています。

近年、景気の上昇に伴い、「人材」の獲得競争が急激に加熱しています。労働市場において、有効求人倍率、平均賃金ともに上昇の一途を辿る中、飲食・食品業界ではとりわけ人材難が顕著になっています。

問題を解決する2つの仕組み

これらの問題を解決するために考えられるのは、以下の2つの仕組みを作ることです。

1)人を集める仕組み
アルバイト採用、中途採用、新卒採用など、目的と採用ターゲットに応じた適切な手段選択と打ち出しが、御社ではできているでしょうか。まずは、採用プランの見直しと再構築を図ることです。最近では、パート・アルバイトの社員登用や、Indeed等の新しいWeb採用の手法により、採用情報誌を使わずに成果を上げているご支援先企業様も増えています。今後、このような「脱・媒体」の仕組み構築も視野に入れておく必要があります。

2)人が辞めずに、戦力化・定着化する仕組み
人を集める仕組みが整っても、採用された人材が短期間で離職してしまっては、本質的な解決とはいえません。人材の定着化のためには、「1.給与、ボーナス」「2.労働環境(労働時間、休日)」「3.人間関係」「4.仕事へのやりがい(成長実感、教育・研修、評価制度)」「5.未来への明るい展望(会社のビジョンと自身のキャリアプラン)」の5つの要素の見直し、再構築が必要です。

これらの採用・定着ノウハウを、全国の企業様で実践する中で、「良い人材が採用できた」「スタッフの離職率が下がった」という成功事例が、次々と輩出されています。
「人材」の獲得競争が急激に加熱!問題解決のための2つの仕組
担当者
チームリーダー/人財マネジメントコンサルタント
原 康雄

大手フランチャイズチェーン店人事部を経て、船井総合研究所入社。研修・人財育成のプロフェッショナル。主に店長研修、sv研修、スタッフ研修を得意とする。大手商業施設における食品・物販の幹部研修のリーダー講師を務めるほか、大手メーカー向けの若手スタッフ研修、事業計画策定研修など、幅広く人財育成に携わり、業績アップを実現している。また、人財採用支援や評価制度構築など、マネジメント指導において高い評価を得ている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事