スマホサイトの注文率を高める ポイントとは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/8/22

スマホサイトの注文率を高める ポイントとは?

株式会社船井総合研究所  岩松 将史

スマホサイトの注文率を高める ポイントとは?

皆様こんにちは。船井総研の岩松です。

 

今回は「スマホサイトの注文率を高めるポイントとは?」

というテーマについてお伝えいたします。

 

HP経由の売上を要素分解すると、

 

HP経由の売上=①セッション数×②注文率×③注文単価

 

という形で表すことができますが、このなかでも特に、②注文率については

自社サイトの内容や導線設計次第で数値の高低が決まってきます。

 

そこで、フードデリバリー事業を運営しているご支援先企業様・非ご支援先

企業様のスマホサイトを計100サイト以上見渡していくなかで

見えてきた、注文率の高いスマホサイトの特徴について、

大きく4つの観点からご紹介させていただきます。

 

 

①注文導線(電話・注文への誘導)

 

(1)ファーストビュー

(=ユーザーがHPに最初に訪れた際に目にする部分)に

「電話番号」「受付時間」「配送時間」が記載されている

⇒トップページに流入後、すぐに注文してもらえるようにする。

 

(2)電話バナーが掲載されている

⇒HP閲覧中に、いつでも注文を受けることができる。

 

(3)「商品一覧」「用途で選ぶ」「価格で選ぶ」等、

より多くの商品誘導の切り口を作っている

⇒各商品ページへ流入させる機会が増える。

 

 

②ユーザビリティ(使い勝手の良さ)

 

(1)バナー1つあたりのクリックできる範囲が大きい(広い)。

⇒次のページへスムーズに移行できる。

 

(2)バナーとバナーの間にスペースを作っている

⇒ミスタッチを防ぐことができる。

 

(3)「詳しくはこちら」というフレーズ

⇒次ページへの誘導を促す。クリックできるかどうかの判断がしやすい。

 

 

③コンテンツ

 

(1)商品ランキングを表示している

⇒商品選択に迷っているユーザーを誘導する効果がある。

 

(2)各商品ページの下部におすすめ商品が表示されている

⇒サイト内の回遊率を高めることで、ユーザーと商品との接触機会を

増やすことができる。

 

(3)スマホサイト内にSNSのボックスが設置されている

⇒自社の商品・サービスの認知度を高めることができる。

 

 

④レイアウト

 

(1)タイトルに「業態名」「エリア名」の表記がある

⇒「どこで」「何屋」を展開しているのか?がわかる。

 

 

(2)スライドがファーストビューの範囲内に掲載されている

⇒トップページへ流入後、すぐに商品ページへ誘導させる可能性を高める。

 

(3)特集バナーが掲載されている

⇒用途を明確に打ち出すことで、関心度の高いユーザーを誘導することができる。

 

 

文章だけではわかりづらい点もあるかもしれませんが、皆様の会社でも是非上記の

内容を参考にしながらスマホサイトの改善に取り組んでみてください。

 

◆岩松へのお問合せ・ご相談はこちらから

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-delivery-inquiry.html

 

担当者
岩松 将史

福岡県出身。
大学卒業後、株式会社船井総合研究所へ入社。
入社後は整骨院業界でのコンサルティングを経験後、主に飲食店・
仕出し店・ホテル・旅館などの中食事業参入支援および活性化支援に携わる。
現在は宅配・ケータリング業を専門としたコンサルティングに従事。

記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート