「配送スタッフ38名」「製造スタッフ93名」採用し求人費が1/3になった理由とは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
給食
2018/8/20

「配送スタッフ38名」「製造スタッフ93名」採用し求人費が1/3になった理由とは?

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 森屋 俊宏

「配送スタッフ38名」「製造スタッフ93名」採用し求人費が1/3になった理由とは?

◆人不足解消!何に取り組んだのか?紀州グループ様から学ぶ採用面の取り組み

 

 

「お盆は、主婦パートが家庭のことなどもあり、現場ではシフト調整に苦労されて

いませんでしょうか?」

 

「シフト調整が難しく、穴埋めで社員・管理者がシフトに入り、社員が休みにくい

環境になっていませんでしょうか?」

 

今までと同じ求人媒体を主体とした採用活動を進めてきた給食・宅配会社は、

「人不足の状態になりがち」です。

 

なぜなら、他社や他業界も人不足になっており、求人掲載数(競合数)が以前の

1.3倍以上と更に増え、自社の求人が埋もれやすくなっているためです。

 

また、求人のポータルサイト(求人広告を掲載するサイト)/採用会社が増えています。

 

それにより、求職者の仕事を探す経路が分散しています。

 

その結果、あなたの求人媒体の広告を見る確率が以前より下がっている状況のためです。

 

そのような採用環境がスピーディーに変化する中、関西は和歌山に本社を構え、

デリバリー・給食事業を経営されている紀州グループ様は、「自社の採用サイトを

構築し、indeedなどを活用した新たな採用にチャレンジ」され、見事 50万円の

求人費をかけても応募数が0件…という状況を解決されました(今でも更に採用

活動の質を追求中です)

 

具体的には、「配送スタッフを38名」「製造スタッフを93名」正社員・主婦

パートを採用され、年間の求人広告費も前期に比べ1/3になりました。

 

一体、紀州グループ様は、人不足で頭を抱えておられる状況から、

何に取り組んだのでしょうか?

 

経営側としてどのような採用戦略・考え方にシフトされたのでしょうか?

 

この度、給食・宅配会社に必要な採用戦略・ストーリーの考え方と具体的なやり方を

紀州グループ様や様々な会社での採用事例をふまえて吸収していただける

セミナーを開催いたします。

 

4月に同様のセミナーを開催しましたが大好評につき、9月に年内最後の50名様

限定(先着順)でアンコール開催となっております。

 

 

【本気で人不足問題を解決されたい給食・宅配会社の経営者様へ】

 

 

人不足問題をクリアにしていくための有意義なお時間にしていただけると思います。

 

下記URLもしくは本コラムの最後にありますセミナーのご案内内容からお申込みくださいませ。

 

ご参加お待ちしております。(先着順になりますことご容赦くださいませ)

 

—————————————————————————-

▼セミナー情報・WEBお申込み

http://funai-jinzai.com/seminar/036520_lp/

 

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
森屋 俊宏

フードビジネス専門の「人材」×「組織づくり」のスペシャリスト。年間250日以上は全国各地のフード会社へ支援に
回っている。年商規模は、年商5,000万の会社~年商600億の上場企業までと様々な組織のステージでの経験を持つ。
全て飲食、給食、菓子、ケーターリング、食品の人材および組織面の支援と精通しており、実績豊富で安定感がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート