給食市場データ2018 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/8/08

給食市場データ2018

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / シニア経営コンサルタント 野間 元太

給食市場データ2018

今回は先日発表された矢野経済研究所の「2018年度給食市場の展望と戦略」のデータを出展元に、今後のトレンドについてのポイントの一部を抜粋して共有いたします。
①2018年の給食市場は4.72兆円。2022年には、5兆円へ。
・事業所分野が回復:前年比102.3%の1兆3600億円へ。
⇒景気回復、非正規労働者の拡大、国内工場の海外移転鎮静化、社員への福利厚生強化が主要因
 
②弁当給食市場6,120億円。在宅配食サービスが市場拡大をけん引。
・事業所弁当給食は4,835億円。今後も年率1~2%微減が続く
・在宅配食サービスは1,575億円。前年比125%と弁当給食市場の成長をけん引。
 
③病院給食市場1兆1,693億円。前年比99.3%。
・患者給食9,260億円。前年比99.3%。
・職員給食2,433億円。前年比99.3%。
⇒病院数、病床数減少。外部委託率増加。
 
④高齢者施設給食市場9,704億円。前年比103.5%。
・入所者給食8,509億円。前年比103.5%。
・職員給食1,109億円。前年比103.5%。
⇒施設数増加。外部委託率増加。2022年に1.1兆円市場までの成長予測。
 
事業戦略を描くには、今後の市場動向を抑えていくことも重要ですし、自社の強み・自社の力量をそこに加味することも大変重要です。
 
皆様の戦略構築の素材にしていただければ幸いです。

担当者
チームリーダー / シニア経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート