【連載コラム①】大衆ホルモン酒場業態繁盛のコツ | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2018/8/03

【連載コラム①】大衆ホルモン酒場業態繁盛のコツ

株式会社船井総合研究所  西野 立寛

【連載コラム①】大衆ホルモン酒場業態繁盛のコツ

ここ数年で全国に大衆ホルモン酒場業態は増えておりますが、

今回より複数回(本コラム)に渡り、その繁盛のコツについてお伝えさせていただきます。

 

昨年度から今年度にかけて日本全国の大衆ホルモン酒場を数多く視察し、分析を行ってきました。

その中で繁盛店に共通する3つの要素を簡単にご紹介致します。

 

①商品構成

商品アイテム数の構成比は、牛ホルモン:牛正肉=7:3です。

主力商品は、牛ホルモンでありながら、集客商品は牛の正肉(国産牛使用)です。

また高粗利商品として、刺身系(生もの)商品を品揃えするところが多い。

(※保健所認可の範囲内で低温調理などひと手間加えた提供を試みている店も増加)

 

②価格政策

グランドメニューは全品999円以下であり、1000円オーバーの高単価メニューを置かないのが特徴です。

「盛り合わせ」や「上モノ」などは差し込みメニューで「少し贅沢がしたい層向け」で別紙を準備することが多い。

より明朗価格で予算重視の会計金額になるような誘導が重要になります。

 

③集客

店頭をつくる上で、

「何屋か分かりやすいこと」

「価格(下限)が提示されていること」

「一般的なAランク商品の品揃えが分かること」

「商店街であれば最大照度」

「店内の様子が分かる」

など安心感の訴求が重要です。

 

 

ぜひ、大衆ホルモン酒場業態に関心のある方は、上記を参考にしていただければと思います。

 

大衆ホルモン酒場業態に関するセミナーの開催も予定しておりますので、

 

ご興味のある方はぜひ引き続き本コラムをお読みいただければと思います。

担当者
西野 立寛

学生時代にWedding業界での接客を皮切りに外食産業にのめり込む。
飲食店で働くスタッフの社会的地位向上をモットーに船井総研に入社。
 
専門分野は販売促進。
特に飲食店における総合的なWEB集客においては定評があり、即時業績UPを得意とする。
郊外ロードサイドにて売上昨年対比3ヶ月連続130%アップなど数々の事例を残している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート