原価率と食材ロス | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/6/29

原価率と食材ロス

株式会社船井総合研究所  宮崎 亜沙美

原価率と食材ロス

みなさん、こんにちは。
シニアフードチームの宮崎です。
 
「原価」の考え方、ということで
本日はお弁当の商品力を上げるための原価の
考え方についてお伝え致します。
 
設定原価を設け、その基準通りに商品を作って
お届けできた!と思っている方は
お客様の元へ、その掛けたと思っている原価が
全て届いていますか?
 
要するに
仕込みすぎのロス
作りすぎのロス
廃棄のロス
売れ残りのロス など…
 
上記の食材の無駄は起きていませんか?
 
食材原価はただかければいいものではありません。
 
勿論、かかる経費は食材原価だけではありませんので、
人件費、販管費など合理化する必要があります。
 
合理化した上で食材原価の比率を上げるという
考え方は必要です。
 
ただ、
 
伸びている企業は原価をかけているとはいえ、
他社と比べて5%も10%も上げている、
というわけではございません。
 
 
業績を伸ばしている会社程、
原価とロス管理が徹底されていますし、
逆にいうとそのブラックボックスを
解明できていない会社が
利益体質を作ることは非常に難しいです。
 
改めて自社の原価管理の見直し、そして
食材ロスの管理を見直してみては
いかがでしょうか?

担当者
宮崎 亜沙美

大学卒業後、船井総合研究所へ新卒で入社。入社後は給食業における工場生産性向上のための現場調査や、社員食堂事業活性化へ向けた協業体制の構築等、徹底した現場主義をモットーに多くの実績をあげている。また、シニア向けフードビジネスにおける個人宅向け配食の販売促進では、女性ならではの視点を取り入れたチラシづくりや、WEBを連動させたマーケティングに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート